ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の最低気温は氷点下2℃前後で、本当に暖かい一日でした。
でもこのように書くと、皆さん会津は晴れなのかと思われるでしょうが、雨が一日中降っていました・・・!
寒に入って九日目の雨のことを『寒九の雨』とは申しますが、大寒も間もなく終わるこの時期には、本来は『しっかり雪』が降り続くときなのです。

blogを書いているこの時間帯、外を眺めると細かい霙〔みぞれ〕のような雪が降っています。
うーん、今シーズンの冬は前倒しに降った12月の大雪が全てを物語っているような感じがします。

毎日々雪との闘いの1月は、私に腰痛を残したまま今日で終わりです・・・!
〔今日の写真は「大仏山と梅ノ木」です。〕

大仏山と梅ノ木

※梅ノ木畑の赤い色が、何故か春を感じさせました・・・。
スポンサーサイト

今日は暖かい一日でした。
一日中雨が降っていましたが、最高気温は6℃位まで上がったような感じがします。

大寒も間もなく終わりに近づきましたが、本来の会津というか今までの冬ですと、これから大雪が降る時期なのですが・・・。

うーん、今年はというか今シーズンの冬は12月の大雪がすべてというような感じがします。

雨は雪を融かしてくれます・・・。スコップで突く音もなく本当にしずかに・・!

今日は素晴らしい晴天、この云い回しは今シーズンの冬としては初めて書く言葉かもしれませんね・・・。

辺りの雪も一目で見て分かるようにメッキリ少なくなりました・・・!
今日の晴天を逃す手はありません、雄国山麓・飯豊連峰の息吹〔力強さ〕を身体いっぱいに感じて撮影してきました。周囲の田んぼの畦畔ではところどころ雪が融けて地面が顔を出しているところもありました。

昨日軒先の氷塊を綺麗に落としてもらったせいか、何故か心が晴々しています・・・。
本日のサイトの『EOS Kiss Digital』のコーナーへ『飯豊連峰パノラマ編』をアップしました。
是非ご覧くださいね・・・!

〔今日の写真は「大塩川の白鷺」です。〕
大塩川の白鷺



今朝は大寒のこの時期としては、そんなには寒くはありませんでした・・・。
雪もこのところ小康状態で、そんなに積りません。
かねてから私も女房も毎日夜も眠れない程に悩んでいたことがありました・・・。
それは雪国特有の軒先の氷でした。長い間に雪が融けて氷りになったものが、もう厚さ30cmを超えるようになっていました。
万が一、二階の屋根から落下することがあれば一階の下屋に当って道路へ飛び出す危険性が大でした・・・!
もしもそのようなことがあれば、通行人や自動車に当ったら大変なことになります。
気温が徐々にではありますが、以前のような氷点下18℃を記録したような寒さではありません。

今日は私ども夫婦のそんな悩みを解決すべく、雪下ろしのプロに依頼しました。
彼は女房の幼いころからの同級生、屋根葺きを職業とする方です・・・。

作業を女房と二人で見守る中、大よそ40分位の内に見事に軒先の氷を二階の屋根から切り離して、誰も居ない地面へ下ろしてくれました。
下屋の屋根にかすることも無く・・・!
うーん、正に神技と云うしかありません・・・。

これで私も女房も一安心、本当に彼に感謝です。
午前中いっぱいで地面に落下した大きな氷の塊を片付けました。

午後には今シーズンの雪片付けの疲れを癒すために、女房と一緒に熱塩加納町の『夢の森』温泉へ出掛けてきました。
温泉大好きの女房は大喜び、私は30分位でお風呂を出ましたが彼女は1時間20分程度温泉に浸かっていたようです・・・。
石鹸がカタカタ鳴るほど外〔温泉施設内〕で待っていました。
これでは正に『神田川』の世界ですよね・・・!
こんなことを書いても今の若い人には理解できないでしょうね・・・。当時流行った歌謡曲なんですが・・・?!!

〔今日の写真は「雄国山麓恋人坂」です。〕
雄国山麓恋人坂



今日は一日中曇り、そんなに寒くは感じませんでした・・・。
きょうは最近新聞のチラシやコンビニの店頭で頻繁に見かけるPRを書きたいと思います。

2月3日(金)は節分ですね。
丸かぶり寿司』という言葉をよく目にします・・・。

 今年の恵方は南南東です。
節分の夜に、その年の恵方を向いて太い巻寿司を無言で食べきると、その年一年良いことがあると言われています。

恵方(えほう)とは、その年の歳徳神(その年の福徳をつかさどる神)がいる方角とのことで、巻寿司を使うのは、「福を巻き込む」という意味が込められて、包丁を入れないのは「縁を切らない」ということなのだそうです。

ただこの風習はもともと会津には存在しませんね・・・。
元祖は関西の商魂なのかなぁ・・・、と私なりに感じています・・・!

〔今日の写真は「桧原湖の樹氷」です。〕
桧原湖の樹氷



今日は最高気温1℃、最低気温氷点下4℃、このくらいの温度になりますと朝、水道の水で顔を洗っても冷たくは感じないから不思議です。

 でも日中は冬型の気圧配置が厳しくて、雪が断続的に降り続け吹雪の状態になりました。うーん、春はまだまだ遠い話ですね・・・。

例年の冬ですとこれからが大雪となる時期ですが、今シーズンは前倒しの大雪、今は降ることは降っていますが大したことはありません。
もちろん油断は禁物ですね。一晩経ったら大雪というのもあり得る話ですからね・・・!
ただお断りしておきますが、私がblogに書いているのは喜多方市内のお話で、奥会津の金山町方面は自衛隊の出動を要請して除雪作業が始まっています。本当に大変なことです・・・!

〔今日の写真は「凍りついた桧原湖と裏磐梯」です。〕
凍りついた桧原湖と裏磐梯



今日は最高気温1℃、最低氷点下4℃でした。
そんなに寒いと感じる気温ではありません。

実は昨日のblogに書きませんでしたが、夕方『抜歯』しました。
一週間前に硬い餅コロ〔鏡餅をオカキ風に油で揚げたもの〕を食べて、左上の奥歯を折ってしまいました。
長年効き歯として使っていた大事な歯でした・・・。
歯科医にレントゲンを撮ってもらいましたが、根っこから折れて再生不可能とのこと、うーん抜歯には一寸躊躇いましたが、その場で決断して抜歯することに決めました。

麻酔の注射を打ってから行いました、もちろん抜歯が痛いと感じたわけではありませんが、中々折れた歯の根っこが抜けなくて・・・顔が、いや頭蓋骨までが揺らぐ様で・・・ちょっと怖かったです。

その後一晩は痛みがありましたが、幸い今朝は殆ど痛くはありませんでした。
でも昨日のことを思い出すと、背筋がゾクゾクしますね・・・!

一ヵ月後には新しい歯を入れる治療が始まります。

〔今日の写真は「裏磐梯毘沙門沼の冬景色」です。〕
裏磐梯『毘沙門沼の冬景色』



昨日は寒い筈でした、最高気温が氷点下4℃ということでした。
車のボンネットに付着した雪もエンジンが暖まっていても氷ったままでした・・・。
今日は昨日からみれば暖かく感じられます。うーん確かに最高気温が0℃となれば違いますね。
人間の寒さに対する感覚も寒さに順応次第では「最高気温が0℃」でも暖かく感じるから不思議です。

一昨日から吹雪いた雪も今日は治まりましたが、道路の状態は圧雪で凸凹状態です。
スピードは控えめにですね・・・。
〔今日の写真は「桧原湖のワカサギ釣りのテント」です。〕
桧原湖のワカサギ釣りのテント



今日は朝から猛吹雪・・・!
昨晩から降った雪の量は10cm程度でしたが、冷たい風が吹き荒れて朝の通勤途上では直ぐ前を走っている車が見えなくなるくらいの地吹雪となりました。
今日は信号機が赤になって止まってからは、私の車が先導車となってしまいました。
一寸先が真っ白で視界ゼロ、でも車を停車させると背後から追突される危険性があるため恐る恐るではありましたが、車を徐行しながら前に進ませました。
うーん今朝のような経験は一冬に数回あるかどうか位の出来事です。

無事に会社へ到着した途端に疲れがドット出てしまいました、トホホ・・・(^o^;)! 
雪道の運転特に地吹雪の時は先頭に立ってはいけません、これは『雪国の鉄則』です。
路肩に止めてでも先を譲った方が賢明なのですが、今朝のような場合は路肩も見えないありさま、逆に止まることが許されない状況でした・・・。

〔今日の写真は「大寒のナンテン」です。〕
大寒のナンテン



今日のお天気は午前中は晴れ、午後からは雪になるとのことでした・・・。
暫くぶりに『飯豊連峰』を撮影に、雄国山麓恋人坂を登ってきました。
ここのところ思うような写真が撮れてない状況であることは前に書きました・・・。

我を忘れてシャッターを押し続けました。
最近は自分が美しいと感じた風景をまるごと『パノラマ』で残せたらいいなぁ・・・と、普段から思っていました。

Canon EOS Kiss Digital にしてからは、パノラマ写真は簡単に作れます。
数枚の写真を『合成』して一枚の写真に仕上がります。
焦点距離が同じであれば簡単にパノラマ合成写真が出来上がります。
今日は飯豊連峰を中心とした喜多方市内を『飯豊の郷』と題して、前述のコーナーへアップしました。
是非ご覧くださいね・・・!
繋ぎ目なんか分かりません、もちろん切り張りなんか必要ありません。

三脚を使用しないで気軽に撮影できて、パノラマ写真ができるから不思議です。

天気予報通りに、夕方からは細かい雪が降り続いています・・・!
明日は大雪になるのでしょうか、心配です・・・?

〔今日の写真は「寒梅の香り爽やかに」です。〕
『寒梅』の香り爽やかに

※我が家の鉢植えの梅がようやく咲き始めました。女房が手厚く面倒を見てくれたお陰です。


今日は大寒二日目、午前中の会津は晴天でした。
昨晩東京に住んでいる娘から、定例の『お米送ってコール』の電話がありました。
話を聞くと、ホウレン草等の野菜も大雪の影響で高騰しているとのことでした。

早速午前中に会津若松市の郊外にある野菜市場〔正確には安売り店〕へ買入に出掛けて来ました。
葉物のホウレン草・キャベツそして大根等が98円で小売されていました。
もちろん100円を超えるものも当然ありますが、私達夫婦も実に安いと普段から思っているお店です。沢山の野菜を購入しました。

帰宅途中で磐梯山がクッキリとその雄姿を現していましたので、女房と二人で場所を選びながら、アングルを変えて写真撮影を行いました。つかの間の二人の時間です。 

東京では何年振りかで雪が8cm程度積ったとのニュースを聞きました・・・。
うーん皮肉なものですね、雪国の会津は晴れ、東京・静岡方面が雪というのは・・・!

折りしも『大学入試センター試験』が行われている日です。
受験生の皆さん、受験だけは無事に済まされることを、心から願う次第です・・・。
今日のサイトのトップ頁に『大寒の磐梯山』をアップしました。
今回の写真は、女房がズームを利かせて撮影したものです。久し振りの力作ですね・・・。

〔今日の写真は「磐梯山を撮影している私」です。〕
磐梯山を撮影している私

※女房に撮影されていることは、全く知りませんでした・・・。


ここのところの喜多方は気温は氷点下8℃前後ですが、あの大雪以来は殆ど降雪量がありません。
今日から暦の上では『大寒』ですが、喜多方観測史上初の氷点下18℃を経験した私どもとしては、寒さにはそれほど驚かなくなりましたから、人間の身体って不思議ですよね・・・!

もちろん私の姿はウオーム・ビズ、暖かめの下着そしてセーター、極めつけはマフラーを首に巻いて仕事をしています。
寒さ対策はバッチリですが、ただ12月22日に降り続いた大雪の現象がまた起きるようであれば大変なことになってしまいます。

今度の週末には『大学入試センター試験』が行われると聞いています。
お天気が荒れないように心から祈る次第です。
また受験生の皆さん、風邪などひかないように健康管理にはくれぐれも注意してくださいね・・・!

もちろん私は偉そうなことは云えないですね、現在風邪ひき進行中ですから・・・。
〔今日の写真は「長床の冬景色」です。〕
長床の冬景色



ここのところblogを休みがちになってきています。
大きな理由は写真撮影が思うように出来ないために、日々のblogにアップする写真が殆どないことが一番の大きな理由です。

異常なまでの豪雪との日々の闘い、そしてシャッターを押せるチャンスは平日の私の勤務日に当たり、逆に云えば休日になると天気が崩れてカメラを持つことが出来ないということになってしまいます・・・。

そこにきて体調を崩し気味だったのですが、昨日はとうとう風邪を拗らして会社をお休みしました。
インフルエンザの検査結果は陰性で一安心はしたものの、身体は怠いまま今日は仕事をしてきました・・・。

うーん、何かもどかしさを感じますが、ここは一番、焦ってはいけないと思います。
焦らず、じっくりと構えるしかありませんね・・・!
今日のblogのアクセス〔検索語句〕で一番多かったのは『冬景色のパノラマ』でした。
早速昨日撮影したものをパノラマにしてみました・・・。

〔今日の写真は「雄国山麓冬景色のパノラマ」です。〕
雄国山麓冬景色のパノラマ



週末には大荒れの雨模様でしたが、今日は晴れでした・・・。
正確には午前中は霧が掛かって霞んでいましたが、午後からはスッキリ視界が広がりました。
今日は何事もなく穏やかな一日でした。
こんな平穏な日が一日でもあれば、心から救われると思います。

最近は私のblogからいろいろな言葉というか、出来事の検索があります。
今日は大したことも書かなくて、いや書くことかがない一日でした・・・!
また興味深いことを思いついたら、書きますね・・・。



昨夜は遅くまで強い雨が降っていましたが、今朝は曇り・・・。
今まで積っていた屋根の雪も雨に融かされ随分と減ったような感じがします。
日中も暖かい気温となりましたので屋根の雪が落下する音があちらこちらで聞こえました。
私の家のご近所では2階からの雪が落下して軽自動車の屋根を凹ますアクシデントがありました。幸いにも中には誰も乗っていませんでしたので、車だけの破損で済んだようです・・・。
これからは狭い道を通るときは頭上にも要注意ですね・・・!

さて話題を変えますが、本日12:12に私のサイトは200,000人目のアクセスを達成いたしました。私がサイトを立ち上げたのは2002年6月1日からですが、2004年4月2日に100,000人達成して以来の出来事となります。

私がここまでサイトを継続できたのは、皆様のご支援があってのことと考えています。
これからも旬の会津を私なりのアレンジでお伝えしたいと思っています。
今後も変わらぬご愛顧の程よろしくお願いいたします。
〔今日の写真は「寒さなんか吹飛ばせ」です。〕
寒さなんか吹飛ばせ・・・会津坂下町スポーツ少年団の子供達です。



今朝から雨模様・・・。
連日の寒波から開放されたかと思うほどの暖かさ・・・。
今日の雨は『寒九の雨』とでもいうのでしょうか、寒の入りから9日目に降る雨のことを云うとすれば、正に今日は14日です。
実は今日は会津坂下町の奇祭大俵引きが行われます。今年一年の五穀豊穣そして商売繁盛を願う祭は坂下初市として400年の伝統を誇ると云われています。
毎年見たいと思っていたのですがなかなか実現できないで今日に至りました。

午後2時から行われるのですが、その前にスポーツ少年団東西対抗俵引き(小学生の東西対抗小俵引き)が行われました。
雨足が強くなって来る中、小さな子供達が一生懸命俵を引きました。
丁度私が撮影している側が西組となり、勝ち名乗りを上げました・・・。
二十一世紀を担う裸の子供達よ、元気よく頑張ってくれました。

本番は午後2時からの開始の予定ですが雨足は段々強くなるばかり、私と女房は撮影を諦めて帰路につきました。

〔今日の写真は「奇祭坂下俵引き子供達の部~西組の勝利」です。〕
『奇祭坂下俵引き子供達の部』~勝利に喜ぶ西組の子供達




.... 続きを読む

異常なまでに気温が下がっています・・・。
喜多方はここのところ降雪は10cm程度ですが、最低気温は県内一との報道がありました。
昨日の最低気温は氷点下18.1℃を記録した模様です。
道理で寒い訳ですね、私は職場でもいまマフラーを首に巻いています。
今シーズンのような寒さが厳しい冬は過去に記憶がありません。
積雪はここのところ大したことはありませんが、それでも私の庭では目測で1.2mを軽く超えている感じです・・・。

今世の中は『ウォームビズ』と云われています。会社の暖房も19℃程度に抑えられています。とても仕事が出来る気温ではありません。
下着を軽くて暖かいものに交換するなど、いろいろと私なりに工夫はしていますよ・・・。

どうして喜多方がマイナス気温で最高を記録するのか、私には分かりません・・・?
〔今日の写真は「凍りついた庭のナンテン」です。〕
凍りついた庭のナンテン



雪深い奥会津の山々に囲まれた福島県金山町。人口3000人の町は会津伝統野菜「アザキ大根」の特産化を進める。特有の辛みでソバとの相性は絶妙。県内外のソバ屋から注文が入るなど、人気上昇中だ。
 葉の部分は普通の大根と変わりないが、根は20cmほどで細く、硬くて水分が少ない。ひげ根がたくさん生え、薬用ニンジンのようにも見える。面白いのは名前の由来。葉は普通のダイコンだが、辛くて食べられない。人を「あざむく」ダイコンだからとの説が有力だ。
もともとは会津地方の山中に自生していたもの。江戸時代には飢饉の時に食べたという文献もあるが、辛みが強過ぎ、地元ではほとんど食べることはなかった。
1993年、町が「金山町にしかないものを特産品に」と注目。おろしソバの薬味として食べることを考案した。商標登録を取り、町内の農家と栽培法を研究、今では80?で約3?を生産する。7月~8月に種をまき、10月から雪が積もるまでに収穫する。
また栽培している農家では「自生していたものなので作るのは簡単だが、形をそろえるのが難しい」と語っている。大きく育て過ぎると辛みや風味が損なわれるからだ。
町の物産館でおろしソバとして食べられるほか、地元のホテルや市場へも出荷。噂を聞き付け、県内外からのソバ屋からも注文が入る。強烈だが後に残らないスッキリした辛みに、やみつきになる人も多いという。〔H18.1.3日本農業新聞参照
※過去のblogで私が書いた誤りは『アサギ』でした。本日訂正いたします。正確には『アザキ』です。
〔今日の写真は「アザキ大根の花」です。〕
アザキ大根の花・・・金山町にて撮影



この三連休も今日で終わり・・・。
天候が荒れ模様で、カメラを構えるチャンスがなくてとても残念でした。
一昨日の最低気温は正確には氷点下13.9℃だったと新聞で知って、改めて驚きました。

氷塊落としの疲れも今日がピークのようで、両腕・両太腿そして背中の筋肉痛が・・・今なお残っています。
写真撮影が出来ない空しさは云いようがありません。
元日に撮影した飯豊連峰を中心とした4枚の写真を合成してパノラマ写真を作成してみました・・・。

Canon EOS Kiss Digitalでは焦点距離を同じくすれば、手軽に写真を合成してパノラマ写真ができてしまうのは・・・驚きです。

会津飯豊の冬景色』と題して本日のサイトのトップ頁にアップしましたので、是非ご覧くださいね・・・!

今朝の冷え込みはこの冬一番でしたね・・・!
我が家のボイラーのお湯が出なくなりました。
早速設備会社の方に見てもらったところ、どうも凍結してしまったようです・・・!
今までボイラーの凍結は全くなかったことなのですが、流石に今朝の寒さは半端でなかったようです。

お湯を沸かして何度かバルブの周辺に掛けて、ようやく凍結も解除されました。
設備会社の方、寒いところ本当にご苦労様でした・・・。
使用上のミスもなくまた保温工事の不手際もなく、結局は予測できない気温の低下〔実際には、氷点下10℃以上に気温が下がったようです。〕が原因ということでした・・・。

予測できない『イレギュラーバウンド』にどう対応したらよいのか、今シーズンの冬には課題が隠されているような気がします。異常なまでの豪雪そして気温の低下・・・!

今日は我が家の二階東側の氷塊〔厚さ30cm程度〕をスコップで突いて落としました。
ただスコップで突いてもビクともしませんので、いろいろと工夫してみました。
①鋸で氷を切る作戦
②登山用ピッケルで氷を突き刺す作戦
③ドライヤーで氷を融かす作戦

この中で効果があったのは③のドライヤーを長めの竿に固定して、氷を温めたところを先の尖った剣スコップで何度も突いて叩き落す作戦でした・・・。
何でこんなにしてまで氷を落とすのかって・・・、それは氷塊が下屋の屋根に落下してバウンドして道路に飛出し、歩行者や車両に当ったらそれこそ大変なことになるからです。

前述の『イレギュラーバウンド』に柔軟に対応するひとつの方策かな・・・?

それにしても、私の両腕はいま最高に痺れています・・・!
〔今日の写真は「大きく育った我が家の氷柱」です。〕
大きく育った・・・我が家の氷柱



毎日豪雪のニュース等、話題は雪のことばかり・・・。
今晩から新たな寒気団が入ってくるとの天気予報に、思わず溜息が出てきます。

1月4日(水)に行った自宅の屋根の雪下ろし作業の後遺症は、今なお肩や腕の怠さとなって残っています・・・!
今朝はいつもの時間に起きることが出来ずに朝寝坊をしてしまいました。でも会社へは平常の時間で到着しましたので一安心しました。
しかし寒いですね、今朝私が会社へ出掛けるときの気温は氷点下8.5℃でした・・・。

明日からの三連休はまた雪との闘いになるのかなぁ・・・?
晴れの日が一日でもあれば写真撮影も出来るし、身体をリフレッシュすることが可能だと思うのですが、果たして老いた身体にを打つように白魔が襲いかかってくるのでしょうか・・・?!!

ホームページの更新もままならない状況で困っています・・・

〔今日の写真は「雄国山の冬景色」です。〕
雄国山の冬景色



今日は仕事始め・・・。
15cm程度の降雪がりましたので、昨年と変わらない時間〔6:45〕には家を出発しました。
予想通りに路面は圧雪凍結状態でした。ところどころはタイヤの輪道のまま凍っている箇所がありました。除雪のブルトーザーも出てはいるのですが、間に合わない状況でした・・・。
うーん、1月の4日でこんな状況です、この先どうなるのでしょうか・・・?

幸いにも私は会社へは始業時間よりも40分程度早く到着しました。

午後には私の女房から携帯に電話がありました。
「今晩また大雪になりそうだから、なんとか軒先の雪を下ろして欲しい。会社を早退してくれない・・・?」
確かにこの正月休みに気になっていた二階の東側の軒先の雪は、電線や電話線等に間もなくもたれてくる感じで、もちろん地面からポールに立ててあるテレビのアンテナにも雪が覆いかぶさっていましたから、危険な状態でした・・・。
午後からは休暇を取って、早速自宅に戻りました。
吹雪の関係というか風の巻き込む現象なのでしょうか、東側の軒先が危険です。
どのお宅を見ても雪が電線等に巻きついている感じで、この後大雪になれば必ずや大変なことになりそうでした・・・。

私は本来は高所恐怖症で高いところは苦手ではありますが、どう云う訳か雪が沢山積っているとそんなに恐怖感を感じなくて、スーと二階の屋根まで登ることが出来ました。
ただ注意しなければならないのは、雪をある程度残して除雪することです。
軒先を下ろすのには長いアルミのヘラを使って下ろし、先端まで近づかないこと、これが大事です。
綺麗に雪を下ろしてしまっては、トタン屋根を歩くのにゴム長靴は逆に滑り易くなってしまうからです。
幸い何事もなく東側の軒先の雪を下ろすことが出来ました。
しかし後から考えると我が家の屋根は地面から推定7~8m程度ありますから、うーん怖かったですね・・・!

※話は雪とは全く変わりますが、皆さん『里美八犬伝』をご覧になりましたか・・・?
番組の冒頭から流れてきたあの滝こそ、私が夏8月に撮影した『達沢不動滝』です。
9月の始め頃にロケがあったのではと、会社の人から聞きました。
それにしてもあの滝を見たときには、直ぐに思い出しました。身体が身震いしましたね・・・?
紅葉の時期にも行って来ましたが、迫力は夏場の方がよかったですね。
私のサイトの『心の趣くままに・・・』、『EOS Kiss Digital』のコーナーに写真が掲載してあります。

〔今日の写真は「達沢不動滝・晩秋の巻」です。〕
達沢不動滝・晩秋の巻



今朝起きてみたら・・・幸いなことに、雪は積っていませんでした・・・。
今日は親戚の年始のご挨拶のために熱塩加納村へ出掛けてきましたが、積雪は喜多方よりも50cm程度多いように感じました。

喜多方を含めて会津北部とは云いますが、まもなく1月4日付けで喜多方市となる村ですね・・・。
皆さんご存知ですか、あの『ひめさゆり』の里で有名な村ですよ・・・。

その他には、塩川町〔花菖蒲〕・山都町〔福寿草〕・高郷村〔ボートレース場〕の2町2村が喜多方市と合併して、新生の喜多方市が誕生します・・・!

これからは、私のサイトも全てまるごと喜多方市となりますね・・・!

お正月休みも明日までです。
今日は家の軒先の大きな氷の塊をスコップで砕きました。
明日は雪が降らないといいのになぁ・・・。

〔今日の写真は「里見八犬伝の冒頭に現れた達沢不動滝」です。〕
里見八犬伝の冒頭に現れた達沢不動滝

※今晩9:00からの番組を見ていて本当にビックリしましたよ・・・!

年を改め、2006年は戌年です。
新年明けまして、おめでとうございます。

大晦日の除夜の鐘が聞こえてくる頃に家を出発して元旦の初詣に行って来ました。
豪雪の影響もあって人出は例年よりも少なめでした・・・。
私の家では北宮諏方神社と出雲神社の二つの社を参拝するのがここ数年続けております。

もともとは喜多方の小荒井地区に住んでいたものですから、そのときは諏方神社を参拝していたのですが、平成14年に小田付地区に新居を構えてからは両方の氏神様をお参りするようになりました。

余談が長くなりましたが、喜多方の発展は小田付郷から始まったとされています。
江戸時代の面影を今なお残している小田付の蔵の町並み、皆さんは私のサイトの蔵の町並み散策等でご覧になったかとは思います。

しかし初詣に歩いていたときの身体の冷え込みは近年にないほど、寒かったですね。
今年の冬〔正しく云うなら今シーズンの冬〕は、異常な大雪と寒さが特徴ですね・・・。

せめて正月休みの三が日だけは、雪片付けをお休みしたいと思っているのですが・・・?

〔今日の写真は「元旦の雄国山麓」です。〕
元旦の雄国山麓




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。