ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もう会津はすっかり秋・・・!
暑かった季節もあっという間に過ぎ去った感があります・・・。
朝、自転車で会社へ向うと半袖シャツでは、ちょっぴり肌寒い感じがします。
うーん、8月も今日で終わりですね。

私の体調不良は徐々に回復するという訳でもなく、倦怠感がとれないままです。
暑くて流れる汗なら良いのですが、背中全体に冷や汗のようなものを感じます。
このままではいけませんね・・・。
 今年の夏は盆休み1日の休暇しか取っていませんので、明日は夏季休暇で会社をお休みして、静養したいと考えています。

〔今日の写真は「ミニトマト」です。〕
ミニトマト

※東京の孫が好んで食べたミニトマトも、もう天井の方でしか生らなくなりました。
スポンサーサイト

ここのところ日中の気温も30℃を超えることはなく、朝晩はかなり涼しくなりました。
今頃になって暑い夏の付けが回ってきたのでしょうか、夏バテ現象が続いています。
症状としては身体全体が怠いこと、そして何故か身体に力が入らない感じです・・・。
胃の痛みも少しあるようです・・・。
このような状況ではblogを書く気力も無くなり、昨日はサボってしまいました。
 そうそう話題を変えますが、つい最近嬉しいことがありました。
外国にお住まいの方が、私のサイトを通してyahoo掲示板にお便りを下さいました・・・。
原文のまま載せてみました。
◇◇こんにちわ、宜しくです、海外からです。会津のホームページ拝見させて頂きましたが、本当に素敵なところですね。私の国にも少し似たような避暑地がありますが、規模が会津の方が凄いと思いました。有難う~~~◇◇
この方のお便りの中で興味深い言葉は“避暑地”という表現ですね、なかなか私としては使用しない言葉ですが、言い換えれば四季があるということに他ならないと思います。
まして会津の方が凄いと書いておられることに超感動しました・・・!

うーん、これを機会にこれからも会津をよろしくお願いしたいと心から願う次第です。
私も頑張って良い写真を撮り続けて、皆さんの心の癒しになれば幸いです。早く体調を回復したいと思っています・・・。

〔今日の写真は「エゾミソハギと中洲」です。〕
エゾミソハギと中洲

※エゾミソハギが咲いている背景は、桧原湖でも有名な中洲の部分です。この時期は湖面の水が極端に少なくなる時期です。
すごく身近にとらえることができました。撮影したときは何とも考えない写真が多いのですが、後から見ると結構面白い写真がありますね・・・!


今日は蒸し暑い感じがしましたが、最高29.0℃、最低気温
19.2℃でした・・・。
確かに朝晩に吹く風は、クーラーの効いたようなとても涼しいというか肌寒い感じがする風に変わってきています。
本当に秋に向っていますね・・・!

 昨日裏磐梯の『エゾミソハギ』の写真をアップしましたが、皆さんの反応は・・・?!!
そうなんです、私が色々な写真をアップしても皆さんの反応が無いところが、ちょっと寂しい感じもするし、逆に気楽に撮影することができる場合もありますよ・・・。

最近、私のblogへのアクセスは想像もつかない言葉できています。
もちろんエゾミソハギもつい最近あった『検索語』であることは、確かです・・・。

今日お届けする写真は、1,000m級の高山地帯に存在する樹木です。
そうです、あの『アサギマダラ』を撮影したときに、ついでにと云っては何なんですが、撮影した写真です。

〔今日の写真は「ダケカンバの高木」です。〕
ダケカンバの高木

※ダケカンバは白樺の仲間です・・・!

今日の最高気温は28.8℃、最低は18.3℃、気温も少しずつ秋に向っていますね・・・!
今朝は早起きして裏磐梯へ直行・・・。
そうです、『エゾミソハギ』を撮影するために早起きしました。
桧原湖畔は夏場は大勢のキャンプ客で賑わうところです。
キャンプ客以外立ち入り禁止の場所にエゾミソハギは咲いていました。

その土地の管理人さんと交渉、最近マナーが悪いカメラマンが増えている、キャンプ客がテントに居るところでいきなりフラッシュを焚いたり、騒々しい音を立てたりするので本来であれば立ち入ってもらっては困るとのお話でした。

でも辺りが明るくなってきたし迷惑を掛けなければいいよ・・・、ということで許可を頂いての撮影となりました。
 確かに管理人さんの云われるとおりである。キャンプ場は私有地であり、お客さんの居るところでマナーの悪いカメラマンとなれば最悪の話である。

ところで磐梯山は雲の流れが忙しいほどに変わり、また桧原湖畔を吹く風がエゾミソハギを揺らしました・・・!
間違いなく『高原に漂う秋の気配』を体感できる風景でした。
撮影は早朝6:15~6:51までの短時間で切り上げて、家路へと急ぎました。

本日サイトのトップ頁そして『Gallery 四季彩 心のままに』のコーナーへ写真をアップしましたので是非ご覧くださいね・・・!
昨年は8月22日に撮影していますので、花は遅れ気味なのかもしれませんね・・・?!!

〔今日の写真は「桧原湖畔のエゾミソハギ」です。〕
桧原湖畔のエゾミソハギ

※追伸
写真撮影となると早起きできていた私ですが、今日は5時過ぎになってしまいました。
うーん年齢〔とし〕を言い訳にはしたくないのですが・・・。
夕食を終えてトップ頁の写真を大きな白いキャンパス~A3ノビサイズで印刷、出来映えはgooでした。全体的なバランスが良いとは女房の弁。
本当は女房を連れて撮影に出掛けたいのですが、なかなか実現できない昨今です。

 今日も日中は暑い一日でした・・・。
でも朝晩の涼しさが今までとは全く違います。
本当に過ごし易い秋という感じです・・・!
こんな時期にはというかこんな時期こそ夏バテにはご用心・・・!

ちょっと私も疲れ気味、孫も東京へ帰ってしまって寂しい感じが
します・・・。

〔今日の写真は「トラの尾」です。〕
トラの尾



只今blogを書いている21:28、本当にエアコンの効いたような風が家に吹き込んできています・・・!
日中は31℃位まで気温が上昇している喜多方ですが、昼間の暑さを
忘れさせるような涼しさになっています・・・!

うーん、本当に秋になりましたね・・・。
裏磐梯では『エゾミソハギ』が秋の香りを漂わせていると、新聞で報道されていました。
今度の週末には撮影に出掛けたいと思っています。

〔今日の写真は「フォックスフェイス」です。〕
フォックスフェイス

※ようやく形になってきましたね、我が家の庭で育てています・・・!

今日も暑い一日でしたが、夜になるとコオロギの鳴く声が聞こえ、
そして微妙に吹く風がとても涼しく、秋を感じさせるようです・・・。

ところで東京から帰省していた孫の駿君そしてママもパパの車で
今日東京へ帰って行きました・・・。
パパにも2泊してもらいましたので、日頃の疲れを会津喜多方でほんの
少しは癒してもらえたかとは思っています。

 うーん、この8月は良い意味で本当に賑やかな一月でした・・・!
たまには家族が揃うことも本当に大切なことだと思っています。

私達夫婦が東京へ泊まり掛けで出掛けることは現実的に出来ない
状況ですから・・・!
息子も帰ってきてくれたし、本当に云うことなしですね・・・。

そう云えば、『アサギマダラ』に逢えたのも孫達のお陰ですね・・・!

〔今日の写真は「サルスベリ」です。〕
サルスベリ

※我が家の百日紅がようやく咲き始めました・・・。


今日の喜多方はまた30℃を超える暑い一日となりました。断続的に雷雨が3度程ありました。

ところで今日の夜7時30分からNHKのクローズアップ現代で
2,000㌔を旅する蝶の謎』というタイトルで〔アサギマダラの生態〕が放送されました。
2,000kmもの距離をどのようにして飛ぶのか、ときによっては海面に
浮かびそしてまた飛ぶという説、風の流れを上手く利用しているという
説、いろいろな意見が出されたようです。
とても興味深くテレビを見ました・・・!

最北端は北海道函館でも確認されているというから、本当に自然界は不思議ですね・・・。
会津の風土そして飾り気の無い自然もアサギマダラにとっては夏季期間の生息の場に適しているのかもしれませんね・・・。
なぜか嬉しい気持になりました・・・!

〔今日の写真は「アサギマダラ」です。〕
アサギマダラ



うーん、今日も暑い一日でしたが、夕方には雷雨・・・。
お湿り程度の雨でしたが、ちょっとは地面に雨水が染込んだ感じがします。

本当にここのところオーバーヒートでしたので、今日の雨は“救い”でしたね・・・。
ようやく涼しくなったような感じがします・・・。

ところで今日は駿君のパパが東京から迎えに来ました。
もちろん会津で少しのんびりして行ってくれるとのこと、何よりです。
都会で疲れた身体を会津の地で少しでも癒してもらえばと、願っています・・・!

本当に家族って良いですね、言葉では表現できません・・・。
パパに会えて駿君もニコニコ顔で大満足でーす。

〔今日の写真は「高原の夏そしてヨツバヒヨドリの群生」です。〕
高原の夏そしてヨツバヒヨドリの群生



今日は昨日よりは涼しい感じがしましたが、暑いのには変わりありません・・・!気温34.2℃でした・・・。
うーん本当に一雨欲しいところですが、雨は降ってはくれません・・・。
野菜も日照り続きで私の好物の『キュウリ』もあんまり生らなくなったとのこと、女房の実家で聞きました・・・。

孫の駿君と遊んだというか、遊んでもらったと書いたほうが適切なのかもしれません。
夕ご飯前になるまで一生懸命遊びました・・・。

ところで昨日撮影した『アサギマダラ』の写真をアングルを変えてA4そしてA3ノビサイズでプリントしました。

自分で云うのも何なのですが、今回の出来映えはgooです・・!
蝶を撮影するのに何度も女房の実家の畑で練習してきましたからね・・・!(^o^)
息を堪えて羽を広げる、或いは飛び立つ瞬間を何度も練習してきたことは事実です。

ただ『アサギマダラ』という蝶の存在は全く知りませんでした。
知ったのは昨日乗ったゴンドラの中でした、丁寧な説明パンフが置いてありましたから・・・。
本日久し振りに『Gallery 四季彩 心のままに』のコーナーへアップしましたので是非ご覧頂ければ幸いです・・・。

〔今日の写真は「駿君ゴンドラの巻」です。〕
駿君ゴンドラの巻



うーん、今日も暑い・・一日でした・・・!
喜多方は今夏最高の34.8℃を記録したようです。

実は孫の駿君を夏休みの思い出作りに何処へ連れて行こうか検討した結果、アウトドア・リゾートの体験できる、裏磐梯へ行くことにしました。
標高1,000mを越える裏磐梯の『gran deko resort』へ出掛けてきました。
ゴンドラに乗ってスキー場の頂上へ到着、下界よりも幾分涼しい感じがしました。ゴンドラの中では駿君もちょっと緊張気味でした・・・!
高原ではヨツバヒヨドリの花が最盛期、そしてその花に誘引されるかのように「アサギマダラ」というチョウが沢山飛んでいました。

もちろんチョウの名前も後から調べて分かったことですが、駿君の遠足という名目以外にも私の好奇心を駆り立てるものがありました。
頂上の高原散策を終えるとまたゴンドラに乗って下まで降りました。
磐梯山は曇ってハッキリとは見えませんでした。

ゴンドラの旅を終えるとホテルで豪華な食事そして大きなお風呂に入りました。
まだお話というか単語もたまにしか話さない駿君ですが大きなホテルの中では、思う存分遊ぶことが出来たようです・・・!
ママも女房もお風呂に入って大満足の様子でした。

◆◆それではここで旅する蝶「アサギマダラ」について調べたことを書きますね・・・。◆◆
アサギマダラはマダラチョウ科に属する可憐なチョウです。春の北上、秋の南下を繰り返す「渡り」をするチョウとして知られています。
夏には標高1,000m付近の高地帯をさまようことが最近わかってきました。グランデコで標識〔マーキング〕されたアサギマダラは奄美大島、沖縄等で再捕獲されています。ヒヨドリ花属などの花〔グランデコではヨツバヒヨドリ〕に強く誘引されます。

本日のサイトのトップ頁には私の傑作「アサギマダラ」をアップしましたのでぜひご覧くださいね・・・!

〔今日の写真は「旅する蝶アサギマダラ」です。〕
旅する蝶アサギマダラ



今日の喜多方は34.6℃、フェーン現象気味つまり熱波が押し寄せる感じでした・・・!
会社の仕事で午前と午後に自転車で出掛けましたが、突然耳鳴りそして眩暈がするような違和感、うーん熱中症一歩手前のような感じでした・・・。

もちろん会社に戻ってからは冷たい麦茶を何杯も頂きました・・・!
暑いときの行動は本当に要注意ですね・・・。

盆休みもほとんど無かった私ですが、夏バテしないように頑張っています。
食事と睡眠は十分にとっていますので大丈夫だとは思いますが、絶対に無理はできませんね・・・。

家に帰ると元気な孫の駿君が待っていました、何よりの救いなのかもしれませんね・・・!

〔今日の写真は「太鼓台競演の一コマ」です。〕
太鼓台競演の一コマ



今日は台風の影響があったのか、喜多方はフェーン現象・・・。
うーん、吹く風は超熱風・・・暑い一日でした・・・!

そうそう今日は孫の駿君を連れて、『南が丘牧場』へ遠足に出掛けてきました。
お馬さんやロバさんヤギさんがいました。
なかでもウサギさんの貸し出し30分300円は大人気でした。駿君もウサギさんには興味を示したようですがお馬さんに乗るのはとても嫌がって駄目でした・・・。

 昨年は何も分からず乗馬したようですが、今年は自我の目覚めからか嫌なものは駄目なんですよね、駿君・・・?!!
帰りには牧場特製のアイスクリームを美味しく頂きましたよ・・・。

夕方にはお盆のお帰りの日なので、女房と二人でお墓へ仏様をお送りしてきました。

〔今日の写真は「牛を見つめる駿君」です。〕
牛を見つめる駿君

※駿君は帽子をかぶるのが大嫌いだったのですが、お外に出るときは「ボウシ」をかぶることを学習したようですね・・・。


喜多方は連日猛暑・・・。
今日は夏祭りのフィナーレ『太鼓台競演』が「ふれあい通り」で開かれました。
熱く燃える喜多方の夏に相応しい、小荒井・小田付地区そして郡部の太鼓台が一堂に会しての競演は当に圧巻そのものでした。

この日〔15日〕しか見られないビックイベントです・・・!!
太鼓台は小田付蔵通りからメーンのふれあり通りへと巡行しました。
私も180枚近くの写真を撮影してきました。
できばえは別にしても、どうぞご覧くださいね・・・。

〔今日の写真は「太鼓台競演の一コマ」です。〕
太鼓台競演の一コマ

※手前が南町〔小田付〕、向えが菅原町〔小荒井〕の太鼓台です。
太鼓台競演ならではの一コマです。

今日も暑い一日、12日に盆帰省した息子も早朝2時30分頃に東京へ戻って行きいきました。往路の大渋滞を経験したため、復路は渋滞を避けたかったのでしょう・・・!
 今朝の6時に家に電話が掛かってきて、もう東京近くまで順調に走行できたとのことでした。賢明な選択だったと思います。
ところで今日から私は仕事へ出ました。会社の都合で変則盆休みとなっています・・・。
でも今日は楽しいことがありましたよ・・・?!!
なんと私の会社に孫がママ〔私の娘〕と一緒にお昼のお弁当を届けてくれました。
うーん、本当に可愛い孫ですね、お話は出来なくてもニコニコしてお弁当を私に渡してくれました。
 
 話は前後しますが東京にいる息子も何となく一廻り大きく成長したような感じがします。
一生懸命働きそして好きなバンドをやっています。
近いうちにテレビに出るとか話していました。バンド名は『FRISCO〔フリスコ〕』といいます。
もしご存じなら是非応援してやってくださいね・・・、私ども親としてはどんなCDを出しているのかも全く知りませんし、彼が多忙過ぎて話す機会がめったに無いんですよねー・・・!

〔今日の写真は「水遊びに興じる駿君」です。〕
水遊びに興じる駿君

※家庭用プールとかタライには入らず、どういう訳かホースの水シャワーがとても気に入ったようですね・・・!

今日の午前中は嵐のような雷雨、午後からは晴天・・・!
孫の駿君が来てから三日目、もうすっかり家に馴染んで家中を走り回っている。
ただ昨年と違うのは、ママ以外の人間にはダッコしようとしない点である。
自我の確立がしっかりできてきた証拠なのかもしれない。
東京では動いている自動車、特にビル建設の大型クレーン車、サイレンを鳴らして走るパトカーや救急車をが好きで、散歩コースはそれらを見ないと満足しないということである。
田舎に帰っても夕方になると自動車が見たくなってママと散歩に出掛けるが、満足しないと何度も何度も散歩を繰り返すことに・・・、これは大変なことである。

面白いのは、祭りの太鼓台には興味を全く示さず、というか大勢の子供達がいるようなところは苦手らしく一人で地面の小石を拾っては投げ、そしてまた拾うの繰り返し・・・、中途半端で止めさせると機嫌が悪い。

家に来た初日は夜の散歩でカンシャクを起こして中々家に入らず、結局は私の女房が車に乗せて喜多方市内を何周も走って寝かせた程である。

ここ2日間の様子をそのまま書いてみましたが、『』はとても可愛いですね、可愛さが我が子と違うような感じがします。
そうそう、私の息子が東京からマイカーで盆帰省しましたが、渋滞で12時間かかって無事に到着しました。
車での帰省は初めてでしたので、女房も私も心配しましたが無事で何よりでした・・・!
二人の子供達が揃ってお盆に帰省するのは、今までには無かったように思います。
そして孫がいる、賑やかなお盆を迎えることができて本当に嬉しい限りです。

〔今日の写真は「水遊びに興じる駿君」です。〕
水遊びに興じる駿君

※庭に作った即席のプールに水を入れないで、ホースで水撒きを楽しんでいる駿君、こんな遊びは都会では出来ませんね・・・!

連日の猛暑・・・、孫の駿君の迎えも無事に済みこの二日間は私も仕事をお休みしました。
それは10日~11日に掛けて『小田付地区出雲神社祭礼』があって、町内を変えて4年目の今年こそ是非お祭りに参加したかったためです。

新しい祭り浴衣と帯を新調し、南町の一員として祭りに参加できました。10日は孫の駿君の迎えで祭りには参加できませんでしたが、11日は昼の部・夜の部と2回太鼓台〔山車〕を引くことができました。

小荒井地区に住んでいたときは、もちろん山車をひいたことがありますが、私の子供達が大きくなってからは自然と祭りに参加するよりも、撮影する側に変わっていたことは確かです・・・。

でも今回は太鼓台の舵棒を握らしてもらうことが出来ました。つまり舵取りをするのです。
太鼓台は昔ながらの大八車、車輪は木製、提燈の明かりはローソクを使用しています。
うーん、昔ながらの造りが残っているから貴重です。小荒井地区の太鼓台はローソクよりも豆電球を使用している町内が多いようですね・・・!

ご町内のお付き合いも大事なことですね、祭りに参加して親睦を深めることができました・・・。

〔今日の写真は「南町の太鼓台に参加して」です。〕
南町の太鼓台に参加して

※孫の駿君も早く参加できたら良いですね・・・。来年辺りは何とかなるでしょうか、楽しみです。どこかに私が写っています、女房が撮影してくれました。

今日は台風7号の影響で朝から変なというか、フェーン現象のような天気でした・・・。
でも福島県沖を通って通過する模様で、心配は薄らぎましたね・・・。
明日の朝7時過ぎには家を出発、『東京の孫』を迎えに羽生パーキングまで東北自動車道を一気に走行することになります。
片道4時間余の旅になりますので、今日は早目に就寝したいと思います。

窓の外では祭囃子の練習の音が聞こえてきます。そうです明日から2日間は『小田付の祭礼』です。別名・・・出雲神社例大祭となっています。
お祭りの間、雨など降らしたくないですよね、だってご近所の小さな子供達が一生懸命練習しているのですから・・・!

今回は私も太鼓台運行に参加したいと考えています。孫に喜多方の祭りの楽しさというか良さを教えてあげたいからです・・・。
孫は幼い頃からリズム感が良いのです・・・。女房の米を磨ぐ音には身体全体で喜びを表していたくらいですから・・・。
さーて、老骨に鞭打って頑張りますか・・・?!!

〔今日の写真は「黄色〔?〕のハイビスカス」です。〕
黄色〔?〕のハイビスカス

※このハイビスカスは100円で女房が購入したものです。朝はオレンジ色でしたが、夕方には本来の『黄色』に変わったとのことです・・・。

今日も暑い一日、ただ台風の影響が少しずつ出ているのか、フェーン現象気味に感じました。
昨日はこの夏最高の暑さだったようですが、今日もそれに勝るとも劣らない感じでした。
 ところで東京に住んでいるを迎えに明後日、車で東北自動車道を走ってきますが台風の影響はどうなのでしょうか・・・?、ちょっと気に掛かります。
我が家は父・母・女房そして私、平均年齢66歳というまさに会話の少ない老人家族です。
幼い孫〔両親からみれば曾孫〕が来れば、両親も少なからず感化されて元気を出してくれると思います。
今日はごく当たり前のことを書いてしまいましたが、書くネタが全く頭に浮かんでこないときもあるんです・・・!
ちょっと夏バテ気味かもしれませんね・・・?!!

〔今日の写真は「朝焼けの空」です。〕
朝焼けの空

※台風の影響が出ていることが雲の様子でわかりますね・・・。

今日の喜多方は34.8℃を記録したようです・・・!
どちらかというと冷房が苦手な私でさえも、冷房が必要なくらいの暑さでした。
会社の仕事で日中出掛けてきましたが、熱中症になるくらい、暑く感じましたよ・・・。

 さて喜多方レトロ横丁も終わって、これからはお盆を迎えることになりますが、その期間にも花火大会、庄助踊りそして太鼓台競演といった喜多方の暑い夏祭りが開かれます。

〔今日の写真は「蔵のまち喜多方夏まつり」です。〕
蔵のまち喜多方夏まつり

◇◆熱く燃える喜多方の夏◆◇
8月12日〔土〕郷土芸能フェスティバル・花火大会
8月14日〔月〕子供まつり囃子・会津磐梯山庄助おどり
8月15日〔火〕太鼓台競演

今日も暑い一日でした・・・!
昭和30年代の街並みを再現した「喜多方レトロ横丁」も無事に終了しました。

今日は女房と二人で街並みを歩いて散策しました。
昔の生活用品が並んだ「生活雑貨ミュージアム」には今では懐かしい貴重な物が沢山陳列されていました。
「レトロビアホール」には、ほまれ酒造のレトロなポスターが並んでいました。
「頑固親父の遊び塾」では子供達が慣れない手付きでベーゴマを廻していました。
「乗すたるじいミニSL」では沢山の親子連れが蒸気機関車を楽しんでいました。

今回は21世紀シアターの方々も一生懸命その『大道芸』を披露してくれました。
イベントの締めくくりは『山都町一ノ木地区の盆踊り』が、約40年ぶりで披露されました。
独特の甚句や節回しが特徴とのことで、楽しいひとときを過ごす
ことができました・・・。
私も女房も昭和30年代へタイムスリップして楽しいひとときを過ごすことができました・・・。

〔今日の写真は「一ノ木地区の盆踊り」です。〕
一ノ木地区の盆踊り



日本各地で猛暑が叫ばれている今日、喜多方も『炎暑』と呼ぶのに値する一日でした・・・。
我が家の温度計は33℃まで上がりました。
もちろんこれは直射日光を避けたところで測った数字ですが、百葉箱の設置基準とは全く関係ありませんので、一応念のため書いておきます。

暑くなるのが予測できたので、早起きして女房とお墓の草むしりを行いました。
かれこれ2時間位掛かりましたが、これで気持良くお盆を迎えることができますね・・・。

さて今日は『喜多方レトロ横丁』が開催されました。好評だった昨年に続いての第二弾・・・!
私が撮影取材に出掛けたのは午後の3時頃でしたので、一番暑い時間帯だった訳ですね・・・。
Tシャツの上に日除けのジャケットを羽織って出掛けました。これは強い紫外線を避けるための女房の配慮でした・・・。
うーん、それにしても暑い中での撮影となりました。
綺麗に飾られた七夕様、昔懐かしい映画の看板、ベーゴマやペッタ〔めんこ〕の遊びコーナー、地面に落書きどうぞのコーナー、昭和30年代が甦る懐かしい商品の看板etc.・・・!
街も人も元気だった昭和30年代」へタイムスリップした感じがしました・・・!

〔今日の写真は「懐かしの蒸気機関車ミニ版」です。〕
懐かしの蒸気機関車ミニ版

※これは本物の石炭を燃やして走っていました。
機関車から出る煙の匂いは昔のままです。SLの発着駅には昔懐かしい『桐下駄の輪積み』が飾ってありました・・・。

梅雨明けと同時に暑い・暑ーい会津が戻ってきました・・・!
うーん暑い、日中は32℃を間違いなく超えましたね・・・。

私も2・3日の諏方神社祭礼の取材に夜出掛けていたものですから、流石に今日はお疲れモードでした。でも会社の仕事はきちっとしてきました。

 さて明日から2日間待ちに待った喜多方レトロ横丁が開催されます。
昨年よりも素晴らしい企画があると聞いております。
どんな仕掛けがあるかは明日のお楽しみということにしておきましょうね・・・。

ところで今日稲の作況指数が発表されましたが、県平均で『不良93』とのことです。梅雨の長雨による異常な低温と日照不足が影響しているそうです。
これから何とかもち直してくれればとは思いますが、なぜか気に掛かります。

〔今日の写真は「銀座の恋の物語」です。〕
銀座の恋の物語

※レトロな映画というか銀幕の懐かしいスターの看板です。


昨日は朝晩肌寒い感じがありましたが、今日は梅雨明けを思わせるような暑い一日・・・。
いや本当に梅雨明け宣言がありました。

いよいよ喜多方本来の暑い夏到来と書きましょうかね・・・!
今日から喜多方は北宮諏方神社の例大祭、つまり『小荒井』地区の夏祭りです。
今日が宵祭り、明日が本祭りです。
市内随所を昔ながらの数寄屋造りの山車が練り歩きます。
山車を盛り上げるのは独特の音色の横笛、そして鐘、太鼓や拍子木の音色が組み合わさった伝統ある喜多方の祭囃子であることは間違いありません。
そこにもうひとつyosakoiの新しいリズムが加わって、囃子方も山車の引き手も一体となって盛り上がります。
そうそう、小田付蔵通りにも喜多方レトロ横丁の幟がたって、雰囲気を盛り上げていますよ・・・!
うーん、祭りとレトロとはとっても良い感じですよね・・・!!
今日のサイトのトップ頁に祭りの様子をアップしました。是非ご覧くださいね・・・!
〔今日の写真は「レトロな行燈広告」です。〕
レトロな行燈広告

※レトロ横丁の会場となる市内のふれあい通りには昔懐かしいレトロなコマーシャル入りの行燈がかなりの数設置されています。
一個一個見ていると結構楽しいですよ・・・!
本日の祭りの山車待ちの合間に撮影しました。



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。