ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は久し振りに晴れ・・・。
最高気温25.9℃、最低13.6℃、結構気温は上がった感じです。

午前中東の山〔雄国山方面〕を眺めては溜息を付いている私に、女房が話しかけました。
「今日は写真撮影に行かないの・・・?」
「うーん、この雲があるからね躊躇しているんだよ」
すると、「あきもと整形に行かない・・・?」
実は女房も腰を痛めてリハビリ通院中なのですが、私はここのところ
重いものを持った訳でもなくて、自然に腰痛が始まったのです。
休みの日の長時間、座ったままの姿勢でパソコンに向かい、そして写真
撮影ではもちろん立って撮影していますが、時々視線を変えるために中腰で撮影したりもしています。
二人の会話は成立、午前中は私も診察を受けることになりました。
レントゲンとMRIを使用しての撮影診断となりました。
私にとってはMRIは初めての経験ですが、磁気共鳴画像撮影装置とでも云うのでしょうか。軽いコンコンとした電子音が聞こえている間に撮影しているとのことです。
20分近い時間が掛かりましたが、診断の結果は現時点では腰椎が神経を圧迫するまでには至っていないとのこと、腰椎の骨が磨り減って不安定な状態になって、骨を支える筋力も衰えてきているとのことです。
先生の診察を終えてから、腰を暖めながら牽引する療法を行ってきました。
とても気持ちが良い感じになりました。
そんな訳で午前中は『連れ医者』で終わりました。
さて午後から何をしようか・・・?
夕方のスーパーへ行くまでの間、女房は実家へ、私は家でゴロゴロということに決めたのですが、またまた東の山を眺めれば雲は僅か、綺麗に晴れています。
女房が実家へ出掛けた直後に私は裏磐梯へ撮影に出掛けました・・・。
今回は紅葉の状況を調べたいという軽いノリで出向きました・・・。
もちろん辺りの山々は紅葉には早いのは当り前なのですが、果たして『蔦ウルシ』は・・・?
な・なんと、もうすっかり紅葉しているのではありませんか。
昨年は蔦紅葉の時期には天気が悪くて良い写真が撮れなかったことを思い出しました。
今日は西日が差して蔦ウルシの3枚葉が透けて見えるのが、とても綺麗でした・・・。
陽光のコントラストに助けられ、それなりに映る写真になったようです。
今日の結果は明日アップしたいと思います。

〔今日の写真は「秋の野草を活ける・・・ミズヒキ」です。〕
秋の野草を活ける・・・ミズヒキ編

※ミズヒキはタデ科の植物で別名ミズヒキソウ(水引草) とも云います。
原産地がインドというから驚きです。御目出度いときに使用するあれですね。
野草に目を付けて生花にする女房には、完全脱帽です・・・!
スポンサーサイト

今日も曇り、最高気温24.6℃、最低14.2℃でした・・・。
9月としては今日が最後の勤務日、忙しい一日を過ごしました。
ふと気付くと時計の針は19:30を過ぎていました・・・。
「時を忘れて仕事をする」と書くと嘘になりますが、本当に忙しい
一日でした・・・。
私の職場は歩いて5分のところですので、自転車を漕いだらあっという間に自宅へ到着です・・・。

 自宅へ戻ると女房は夕食を摂らないで待っていてくれました。
私が仕事で遅くなること事態珍しいことなんですが、女房は待っていて
くれました。そういうところは昔のまま変わらない女房です。
 
もちろん私は普段の晩酌を始めますが、言葉にこそ出しませんが感謝・感謝・感激です・・・!
女房の話を聞きながら、私の喉越しを通る『発泡酒』は実に美味い・・・。
肴は女房の実家で採れた生ナスの千切りに削り節を掛け、ミョウガを合えた単純なもの、これがまた美味い・・・!
サッパリとした食感とミョウガ特有の香りが実に良い・・・!
うーん、一日の疲れがとれるひとときですね・・・。

〔今日の写真は「ムラサキシキブ」です。〕
ムラサキシキブ



今日の天気も昨日と似ていました・・・。
朝からドンヨリとした曇空、でも日中雨は降りませんでした・・・。
今日は最高気温22.6℃、最低14.3℃、気温まで似ていますね・・・!

 最近私が嵌っているのは「ポイントメール」、「MYDの毎日クリック」、「MYDのクジ付メール」
なるもの、これらは毎日欠かさずチェックしてpointを貯めています。
貯めてどうすんのと聞かれれば、将来は何かの景品と交換できるよう、
本当に毎朝早起きしてコツコツとチェックしています。
うーん、自分でも呆れるほどの執念なんでしょうか・・・?
でもね、pointを貯める位は可愛いもんですよ、世の中の『社会悪』となることは一切していない、
普通のオジサンです。

さて週末に近付いて来ましたね、そろそろ次なる写真のテーマを考え
ましょうね・・・。
裏磐梯の『蔦紅葉』もそろそろ始まる頃かな、いや未だ早いかな・・・?!!

〔今日の写真は「クジャクソウと秋の空」です。〕
クジャクソウと秋の空

※クジャクソウは北アメリカ原産のキク科の草花といわれています。


今日は朝から雨模様・・・。
でも強い雨が降り出したのは午後3時30分過ぎだと思います。
今日の最高気温22.0℃、最低14.4℃でした・・・。
気温が示すとおりに、朝はそんなに寒くありませんでした。

うーん、今日も私のblogにすごいアクセスがありました。
もちろん、「蔵のまち・アートぶらりー」に関しての話題ですが、今日は「木船英子パステル画《英華》展」に関するアクセスが多かった模様です・・・!

もちろん、私が知らない方々ばかりですが、それだからこそ10月6日からのイベントは楽しみです。

ここまできたら、私も「アート・ぶラリー」のいくつかを取材しなければなりませんね・・・、ますます楽しくなります・・・!

〔今日の写真は「ハナミズキの紅葉」です。〕
ハナミズキの紅葉

※庭のハナミズキも日に日に、葉の色を変えていくような感じです。

今日から天気は崩れ気味・・・!
いまblogを書いているところですが、結構強い雨が降っています。
今日の最高気温22.7℃、最低10.3℃でした。

今日は何を書こうか迷っているところでした・・・。
国の内閣では組閣人事のとき、そして福島県政では汚職による乱れのとき・・・。
これでは福島県が成り立ちませんね・・・!
私は本来というか、政治的なことはblogという公共の立場を考慮して書かないようにしています。
うーん、本当に遺憾に感じます。
 
 それではホットな話題を書きますね・・・!
10月6日前後から開催される「蔵のまち・アートぶらりー」の反響は凄い感じがします。
「《永田萌の世界展》~夢がうまれるその時に~」
Labo ZENGO「窯出しをまちながら」
私のblogにアクセスあった言葉を書いてみました。
私もこの機会に素晴らしい作品を肌で感じたいと思っています。
素晴らしい作品には、偽りでは無い『真の心』が感じられますから・・・。

〔今日の写真は「キンモクセイいまが旬」です。〕
キンモクセイいまが旬

※花はもちろん綺麗ではありませんが、その高貴な香りが辺り一面に漂っています。


今日も晴れ、でも朝は寒かったですね・・・。
今日の気温は最高24.0℃、最低8.0℃となっていますから、昨日よりは暖かめだったのでしょうが、私にとっては本当に肌寒く感じた朝でした・・・!

 ところで今私が大変嬉しく感じることは、私の長年のメル友の方がblogを始められたとのこと、その方は75歳位になられた方ということは、メールのやり取りで分かっていたのですが、今回のblogでその方のお顔も拝見でき、そして日常的な出来事を綴られた文章はとても『人間味』溢れたものでした。
 うーん、私としても本当にblogが面白くなってきました。
そうそう一昨日の『同級会』で友人が私に語ってくれました。もちろんお世辞もあるとは思っていますが、「あんたの顔色、、そして眼の輝き、他の人とは違うね・・・。」、確かに私の場合は仕事は仕事としてわりきっていますから、自分の趣味の世界に没頭しているところは、全く異なる部分と感じています。

もう私達の年代になれば、同級会では職務上の地位の話に拘りがちになっています。
私としてはそんなことは全然つまらないので、極力気の合う仲間と話すことにしていました・・・。
定年で仕事を辞めれば、どんな地位の人もタダの人ではありませんか・・・?!!
もう間もなく私も55歳になる年代です、この時期にこそ「趣味を活かして郷土のために」というと、大それた発言になりますが、人のために少しでもなればそれでいいと考えています。

 一昨日の土曜日、午前中に撮影した「秋晴れの下に」は本当に私にとってはカメラマン冥利に尽きるものでした。
たまたま同じアングルを求めて遠くから来てくれた方との、カメラマンとしての談議があったからですが・・・!
そんな、ちょっとした楽しみがあるから続けられるのも事実ですよね・・・!
同じ趣味を持つ人間として成り立つ会話でしたが、ちょっと『俗世』を離れた会話ができたことは、本当に嬉しいことでした・・・!

〔今日の写真は「秋の味覚3種類」です。〕
秋の味覚3種類

※もちろんこの葡萄はご親戚から頂いたものですが、とても珍しい種類なのでご紹介します。
赤色は『甲斐路』、黒色は『ピオーネ』、そして緑色は『ピッテロビアンコ』です。
ピッテロは別名「レディ・フィンガー」と云われているそうです。
この3種類全て山梨県甲府市勝沼産です・・!




今日も素晴らしい快晴・・・!
最高気温23.1℃、最低7.6℃でした。
昨日は、私の喜多方高校時代の同級会が午後3:00からあったものですから、blogをお休みしました・・・。
ここのところ毎日書いているというか継続しているので、休みたくはなかったのですが・・・!??
 昨日の午前中に、素晴らしい飯豊連峰そしてソバの畑を撮影することができました。
飯豊山がこんなにクッキリ撮影できるのも勿論珍しいことなのですが、『恋人坂』に咲いている秋ソバの畑が、ちょうど見頃の時期でした・・・。
私が撮影に到着した頃には、既に三脚を立てたカメラマンが一人撮影していました。
年の頃は、私よりも上の方のようにお見受けしましたが、とても感じの良い人でした。
『飯豊山がこんなにクッキリ見えることは珍しいね・・・。』、撮影談義をお互い話しました。ただ今回のポイントは今が旬のソバがあり、そして黄金色の稲があり、そして山が綺麗に見えること、その方も私も暫し語らいました・・・。
彼は相当のカメラマンのように感じられました・・・。
 うーん、こんな会話こそ私にとってはとても嬉しいワンシーンなのです。
同級会には、60数名の方が集まりました。どの顔も懐かしい顔ぶれでした・・。
次の集まりは、『還暦』頃になるのでしょうか・・・?
 今日から、blogの雰囲気を変えてみました。今までのが飽きたということでは、もちろんありません。
ちょっとした不具合に気付いていたものですから、思い切って変えてみました。

〔今日の写真は「飯豊の郷実りの秋」です。〕
飯豊の郷実りの秋

※この写真も2枚の写真を合成して作ってみました。
コントラストの微妙な違いから継目が分かる写真になってしまいました。
私としてはもちろんNGなのですが、敢えてアップしました・・・。
タイトルの『飯豊の山は雄大に、黄金の原は穣々と』は、喜多方高校校歌の一節です。

今日はとても気持の良いカラッとしたお天気でした・・・。
最高気温23.9℃、最低9.9℃でした。
まさに朝の気温が一桁台になってきましたので、かなり寒くはなって来ていますね・・・!
それでも仕事にはブレザーなしで通勤できましたので、秋特有の放射冷却現象だったのでしょうか・・・?

 ここで話題を変えますが、喜多方市内若しくは郊外の老舗というか、昔の由緒ある蔵が残っているお宅の庭ではよく見かける樹木があります。
それは正に『槙の木』です。特に我が福島県が北限とされているという『高野槙〔こうやまき〕』は珍しいものです。
松の木に間違える人もありますが、よーく見ると葉の形が違います。
私は、その槙の木に興味があったものですから、4年前に自宅の庭に『高野槙』を植えました。

槙は垣根にすると防風の役目そして防火の役目があると云われています。
つまり燃え難いということでしょうか・・・!
年々40cm程度成長しています。

 そこで驚きなのは最近誕生された『悠仁親王』のお印が『高野槙』なのです・・・!
うーん、本当に素晴らしい偶然が我が家にあったんです・・・。
とてもお目出度いことですね・・・!!
これからのお健やかな親王のご成長をお祈りいたします。

〔今日の写真は「高野槙と秋の雲」です。〕
高野槙と秋の雲

※とても清々しい今朝撮影しました。
秋の雲も、お隣の醸造蔵も絵になる風景です。


今日は澄んだ秋晴れ、とても気持の良い一日でした・・・。
最高気温25.1℃、最低11.0℃でした。
さすがに、今朝は上着〔ブレザー〕を羽織って仕事へ出掛けました。
自転車通勤で受ける風も、50半ばの私には本当に肌寒く感じられるになりました・・・!
でも秋は長いのです、これから晩秋まではしばらく時間がありますよね・・・。

今日のような晴天に写真が撮れたら最高なのですが、如何せん私にも仕事があります。
もう秋ソバの時期も過ぎたでしょうから、これからは少しずつ裏磐梯の『紅葉』にテーマは移りそうですね・・・!
ますます心躍る今日この頃です・・・!!

〔今日の写真は「秋ソバの輝き」です。〕
秋ソバの輝き

※私としては、面白い撮り方をしたつもりです。
背景には日の光、そして稲穂の輝きが映っていますね・・・!

今日は午前中は曇り、午後からは晴れました・・・。
最高気温24.4℃、最低16.8℃、そんなに暑くもなく、寒くもなくと云った感じです。
気温を書いて気付きましたが、昨日よりもちょっと低めかな・・・。

 秋を色で表現するなら稲穂の黄色とか、紅葉の赤色とかありますが、ソバの花に代表されるように、『白い色』を秋と云うんだという新聞の社説がありました。

私もその言葉には同感です。本当に沢山の写真を撮りましたよ、今年の秋ソバの白い畑は・・・。
昨年までは会津若松・喜多方間を通勤していましたので、季節の移り変りに眼を向けることはなかなかできませんでしたからね・・・。
気が付いたときには花の撮影には遅かったということが度々でした・・・!

今は自宅から歩いて5分のところに会社がありますから、そういう意味では本当に恵まれていますね。季節を身体で感じることができますから・・・!

〔今日の写真は「秋の野草を生ける」です。〕
秋の野草を生ける

※女房と一緒に裏磐梯方面まで出掛けて採って来たススキをアレンジしました・・・。もちろん生けたのは女房ですよ・・・。



今日も台風の影響からか、雨こそは降りませんでしたが、暗い曇り空でした・・・!
最高気温25.4℃、最低18.1℃、そんなに寒くはありません。
最近よく気温のことをblogに書くようにしていますが、これは私の日記としての記録でもあるのです。
 そういえばあの頃の今日は何度だったのかといことが、意外にも重要なことがありますから・・・。
気温は仕事から帰ってからNHKhvのデータ放送で記録することにしています。
そういう意味では継続して続けることには意義があると思っています。
まだ始めたばかりですが・・・。

日曜日でしたか、「蔵のまち・アートぶらりー」のことを調査して書いたのは・・・。
それ以来というか、イベントに対してよりも、その中の登場人物、例えば画家だったり、工芸品的なアートそのものにアクセスが多くなりました。

 うーん、私としては本当に嬉しく感じています。
私も今回は、喜多方ならではという伝統工芸的なものを何か取材したいと考えています。
休日の日だからできたと思ってます、全24誌施設のgalleryの紹介・・・ちょっと大変でした。

〔今日の写真は「台風一過の黄昏」です。〕
台風一過の黄昏

※この写真は台風13号が過ぎ去った昨日の夕方撮影しました。
手前左側は喜多方の醸造蔵の屋根です。
何故か心落ち着くような写真になりました。


今日は台風13号の影響からか一日中強い風そしてフェーン現象・・・!
最高気温29.5℃、最低17.7℃でした。
九州地方の被害に遭われた方々、この場をお借りしてお見舞い申し上げます。

我が会津喜多方は、こんなことを書いては失礼になりますが、窓を開けては東からの強い風のみで、雨は全く降らずに一日平穏に過ごすことができました。

うーん、何とも云い難いことですが日本列島は本当に広い感じがしますね・・・!
私は金曜日からお休みしていましたので4連休、もちろん明日からは仕事です。

この休みに感じたことは、未だ喜多方では『稲刈り』が始まっていません。
もう黄金色に色付いた稲穂ではありますが、7月の長雨の影響からか刈取りは慎重にということでしょうか・・・?

もちろん私は農家の方々の仕事のことは女房から聞いて、分かったような感じになっているだけですので、全くの素人です。
でも今週末辺りからは始まるような感じですね・・・?!!

〔今日の写真は「黄金色に染まった喜多方平野」です。〕
黄金色に染まった喜多方平野

※この写真は休みに、喜多方の最頂点「雄国農園」から撮影した写真をパノラマ風に合成しました。稲刈りが行われていないことが分かると思います。
昨日は『蔵のまち・アートぶらりー』でとても長い原稿を書きました。
うーん、全部で24施設のギャラリーが喜多方ならではの個性豊かに並んでいます。
本当にいまから楽しみですね・・・!


今日はほとんど曇り雨僅か、最高気温23.5℃、最低
16.6℃でした。
秋は芸術に親しむ季節でもあります。そこで皆さんに喜多方市内を中心としたこれからのイベント情報をお伝えします。

 昔から多くの文人墨客を受け入れてきた喜多方は、芸術文化を育む懐の深さも兼ね備えていたようです。
この「蔵のまち・アートぶらりー」は、市内に点在するギャラリーやお店を巡り、バラエティ豊かな作品を楽しんでいただこうと企画するものです。
 今年で6年目を迎えます。
おだやかな美の世界をご堪能いただければ幸いです。

主催「蔵のまち・アートぶらりー」実行委員会
   0241-23-0404〔喜多方市美術館内〕
統一会期 10月6日〔金〕~10月15日〔日〕
参加施設 24施設
それでは全24施設を短いコメントでご紹介します。

【NO.1】喜多方シティエフエム「野邉学・絵画展」
10/6~10/15〔入館無料〕
不慮の事故で四肢の自由を失った作家の作品展。
詩を添えた作品など、心優しくなれる作品の数々を紹介。
【NO.2】喜多方市美術館「画業30年記念《永田萌の世界展》~夢がうまれるその時に~」
9/30~10/29〔入館有料〕
「カラーインクの魔術師」「花と妖精の画家」と呼ばれる作家の新作、代表作を紹介。
【NO.3】木之本 うらの蔵「布花とあけびづる展」
10/6~10/15〔入館無料〕
野の美、その瞬間を再現する村山輝美と、ツルを自在に織り込む星栄一のベストコラボレーション。
【NO.4】桐の博物館「木工職人・坂内一洋展」
10/6~10/15〔入館有料〕
会津桐で作られた「ハンドメード・ドミノー」、心和ませる桐のアクセサリーも展示。
【NO.5】手仕事ギャラリーマルサ漆器「うるしの用と美 展」
10/6~10/15〔入館無料〕
古代から伝承された漆工芸品。その使いやすく美しい生活を彩る器や美術工芸品を展示。
【NO.6】ぎゃらりー 山形「添田寿太郎《建築絵画展》」
10/6~10/15〔入館無料〕
天鏡閣などの文化財建築を、コンピュータ・グラフィックスで忠実に再現する建築絵画。
幻想的で魅力的な世界を紹介。
【NO.7】喜多方蔵座敷美術館「夢二の絵そして蔵座敷」
常設展〔入館有料〕
美術品と蔵座敷の妙。竹久夢二、小川芋銭、酒井三良などのほかカルポー作「母と子」を展示。
【NO.8】そばカフェ じーま「結城俊弥展」
10/1~10/31〔入館無料〕
蕎麦畑の描写を得意とする作家。その作品を見ながら味わう手打ちそば、そしてコーヒー、粋です。
【NO.9】ランブル墨のはな夢空間「庄司美代子展 遊墨の譜」
10/6~10/15〔入館無料〕
タペストリー的掛軸、衝立、屏風など、今話題の起き上がり小法師を配ったりして遊墨の世界を広げる。
【NO.10】大和川酒蔵北方風土館「木船英子パステル画《英華》展」
10/6~10/15〔入館無料〕
美しい花・はなやかな光~7年目の出会いが作品とピアノの音色で皆様の思い出のページとなりますように。
【NO.11】杜のギャラリー夢空間「漆芸と彫刻の4人展」
10/6~10/15〔入館無料〕
自然が彩る幻想的な空間で、坂内憲勝(漆芸)、渡部信子、坂内道子、齋藤紘子(彫刻)の作品を展示。
【NO.12】樂篆工房「文字と遊んだ八人展」
10/6~10/15〔入館無料〕
古代文字の新鮮さ、漢字に感じ、文字に魅了された八人衆が、思い思いの表現を楽しむ。
【NO.13】染織工房れんが「蔵と遊ぶ」
10/6~10/15〔入館無料〕
れんがギャラリーで「会津型彫りと藍染の空間」、味噌蔵ギャラリーでは「遊漆展」を開催。
【NO.14】金忠「小さな木芸展」
10/6~10/15〔入館無料〕
大正ロマンただよう洋風感覚を取り入れた館で、能面や野菜をモチーフにした木彫りを紹介。
【NO.15】お菓子の蔵 喜多方太郎庵「星陽子・水彩画展」
10/6~10/15〔入館無料〕
四季折々の花、ざくろ、会津の風景などを描いた作品。会津を代表する作家の小品を紹介。
【NO.16】会津木楽館「みちのくの天然木」
常設展〔入館無料〕
虫、鳥、蟻、ケラたちにいたずらされた木。和ませる天然木の様々な表情を紹介。
【NO.17】ギャラリー喫茶 きりん「藤井庚子・水彩画展」
10/6~10/15〔入館無料〕
目に染む木々の緑、木もれ日の中を通り抜ける風、光と影が織りなす緑の競演。
【NO.18】手作りの里 宮津「60歳からのスタート」~陶芸、手芸、織物、押花絵~
10/6~10/16〔入館無料〕
60歳からの人生は「余生」ではなく、創ることを通して「新しい自分」に出会う時間。
【NO.19】和飲蔵 旧店舗「第13回ステンドグラス展」
10/6~10/15〔入館無料〕
光を透したファンタスティックなガラスの世界。ランプ、パネルなど「蔵のまちステンドグラス工房」の作品展。
【NO.20】蕎麦屋 あらさと「荒川由子・小品展」
10/6~10/15〔入館無料〕
鮮やかな色づかいが印象的な、油絵、水彩の小品展。
【NO.21】一重陶房「器の森へ」
10/6~10/15〔入館無料〕
白磁を中心とした食器や花瓶、独自の世界を表現した狛犬なども展示。
【NO.22】ギャラリー隠れ里「佐々木あすか・日本画展」
10/6~10/15〔入館無料〕
山奥のアトリエで制作される作品は、何かを発信する。今回は軸、屏風なども展示。
【NO.23】閑月窯「手代木進《陶》・照井邦彦《漆》二人展」
10/6~10/15〔入館無料〕
(陶)日常の器、急須、食器(漆)パネル、漆器、アクセサリー、小物などを紹介。
【NO.24】Labo ZENGO「窯出しをまちながら」
10/1~10/22〔入館無料〕
10月7日オールナイトで8日まで登り窯を炊き、15日より窯出し展、14日まで同時開催「一人窯六人一作展」。

〔今日の写真は「蔵のまち・アートぶらりーPRポスター」です。〕
蔵のまち・アートぶらりーPRポスター

※全24施設のコメントを書いたサイトは当blogだけのようですね・・・。
私も喜多方のGalleryを歩いてみたいと思います。


今日は時折雨がパラつく程度の一日中曇り、最高気温21.4℃、最低12.0℃という肌寒い一日でした。

昨日は写真撮影に出掛けることができましたが、今日は外へは出ずに家の庭でアゲハ蝶と戯れていました。
正確には遊んでもらったと表現したほうが適切なのかもしれません。

たまたま私が庭に居ると4匹のアゲハ蝶が楽しそうに飛んでいました。
私もここぞとばかりズームレンズを取付けて撮影を始めました。
蝶の動きも寒くなったせいか、かなり鈍くなってきています。

うーん、一時期のというか盛りの時期の蝶ではありません。
パソコンで撮った写真を再現してみると、蝶の羽の端がボロボロになっていました。

なんかとても可愛そうな気持になりました。
これも自然の摂理なのでしょうが、何故か胸にジンとくるものがありました。
 
 アゲハ蝶は私に「こんなボロボロの姿を撮らないで」と訴えかけていたのかもしれません。

〔今日の写真は「アゲハ蝶と戯れて」です。〕
アゲハ蝶と戯れて

※この写真は今日撮影した蝶の中では一番羽が美しく整っていました。


今日は曇り時々晴れ・・・。
最高気温23.6℃、最低14.0℃、日中の気温は昨日よりは暖かめでしたが、朝の気温は低くなってきていますね・・・!

秋が徐々に深まってきていることを体感している、今日この頃です。

今日の私は『夏季休暇』で、会社の仕事はお休みしました。
8月の盆休みの残りををいま消化した形です。
正確には夏休みというよりは、秋休みと云った方が適切な感じがします。

明日から天気が崩れるということなので、午後から撮影の取材に出掛けました。
雄国山麓の『秋ソバ畑』を何枚も撮影してきました。
農家の方の話では、今年は秋ソバの花が咲く時期が平年よりも早いと語っておられました。
その分秋の訪れが早まったいうことなのでしょうか・・・?
うーん、今年は本当にソバにこだわって写真を沢山撮ったような気がします。

秋ソバの花を眺めながら、お蕎麦が頂けたらこんな贅沢はありませんよね・・・。
ソバは年に2回花を咲かせますので、この時期のは夏までに収穫した蕎麦粉ということになりますが・・・、もちろん私の勝手な空想ですよ・・・。

 雄国山の裾野に広がる白い絨毯を敷詰めたようなソバ畑、とても綺麗でした。
前回撮影したときよりも青空がありましたので、コントラストはgooでした。
本日のサイトのトップ頁にアップしましたので、是非ご覧くださいね・・・!

〔今日の写真は「秋の黄昏」です。〕
秋の黄昏

※雲の形が面白いので撮影してみました。
ただこういう雲のときは、お天気は明日以降崩れ気味になるそうです。私のような素人には明日も秋晴れ・・なんて思いますが、そうではないと友人の気象予報士に聞いたような気がします。



今日も午前中は雨・・・、でも午後からは晴れ間も・・・!
最高気温21.3℃、最低15.3℃でした。
昨日から比べれば、ほんの少し暖かく感じられました。
こう云う状態のとき、私達の年代では『儲かったね・・・。』といいます。
何故って、一日中雨の寒い天気よりは、ほんの僅かでも暖かい日差しがあれば、という気持から
自然と発する言葉なんですね・・・!

 話題を変えますが、最近は本当にblogが面白いと感じるようになりました。
もちろん私は読む側ではなくて、制作する立場なのですが・・・!
たったいま書いた言葉で検索が来たり、或いは何年も前に書いた言葉がアクセスの要因になったりするからです。

ホームページの作成よりも楽しいかもしれませんね、読む方というか、アクセスする方の反応が身近に感じられますから・・・。

思えば2003年6月15日から継続しています。もちろん以前は『絵日記風』で2年間、今は『blog調』で
1年間の継続となっています。

本来は三日坊主的性格の私ですが、blogを継続しているのにはちょっぴり訳があります。
どうしてもサイト〔2002年6月1日旗揚げ〕では補いきれない素人写真家としての私の気持を、補足したいということでしょうかね・・・?
いつまで続けられるかはもちろん疑問です。

〔今日の写真は「フォックスフェイスの花」です。〕
フォックスフェイスの花

※このblogでは何度も取り上げている写真です。
可憐な感じがしますね・・・。9月1日に撮影したものです。

今日の最高気温は18.8℃、最低15.2℃・・・。
余にもこの時期にしては寒すぎる感じです。このまま寒くなってしまうのでしょうか・・・?

今日は私のサイトのBBSに嬉しいお便りがありましたので、原文のままご紹介したいと思います。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇はじめての喜多方『まがりしっぽ』◇◇◇◇◇◇◇◇◇
こんばんは。以前からキレイな写真を拝見していました。
それで!行ってみたくなっちゃったんです。週末3連休に、喜多方・会津を
家族3人で訪れます。千葉県からです。きっと、すごく美しいところなんで
しょうねえ、楽しみです。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

どうか良い旅が出来ますよう、心から願う次第です・・・!
ちょっと気になるのはこの週末のお天気ですよね・・・。

〔今日の写真は「トラノオとアゲハ蝶」です。〕
トラノオとアゲハ蝶

※旅する蝶アサギマダラを撮影して以来、何故か蝶には縁がありますね・・・。
飛び立つ瞬間を撮影しました。もっとズームレンズを使用した方が良かったかもしれませんね・・・!


今日は朝から霧雨が降っていました・・・。
うーん、秋特有と云えばそれまでのことですが、最高気温19.6℃、最低16.1℃という、本当に寒い一日でした・・・!

寒さには弱い私ですが、今日は半袖シャツでなんとか仕事をしてきました。余にも寒暖の差が激しい今日この頃です。
体調を崩さないようにしましょう、何て書くのは、逆に云えば自分に対する戒めかもしれませんね・・・。

東京に戻ってから、孫の『駿君』も単語を大分喋るようになったとのこと、娘からの電話を聞きながら、いまblogを書いています。
爺ちゃん、婆ちゃん、略して『ジー・バー』としては嬉しい限りです。

最近世の中の話題が暗すぎますので、孫の話はホットな良い話題です。
それにしても、ちょっと今日は寒すぎますね・・・!

〔今日の写真は「瓦燈」です。〕
瓦燈

※『蔵している通りフェスティバル2006』のフィナーレを燈した灯りです。
カメラのフラッシュが弱いので真っ暗ですが、ロウソクの灯りが緑に
揺れないで写っているところは、流石に一眼レフデジカメですよね・・・!


今日は一日中雨・・・。
最高22.3℃、最低気温20.1℃となっていますから、朝の気温のまま温度上昇がほとんど少ない一日でした。
うーん本当に秋に向っているというか肌寒い感じの一日でした。

今日は『蔵している通りフェスティバル2006』を振返って、私の感想をちょっぴり書きたいと思います。
小田付郷という昔の名前そのままに、地域住民が行政の力を借りずに、町興しをするという力強さに大変感動しました。
どうかこれからも頑張って欲しいと思っています。
私も大したことは出来ませんが、blogあるいはサイトを通じて皆さんの活動をPRしたいと考えています。

昨日は会津の獅子舞を三通り紹介しましたが、今日はご当地『下柴獅子団の舞』を一枚、
そして『会津シンフォニックアンサンブルミニコンサート』の様子を一枚、ご披露します。

〔今日の写真は「下柴獅子団の幣舞を踊る雄獅子と小僧」です。〕
下柴獅子団の幣舞を踊る雄獅子と小僧

※古文書が残されているほど歴史が古く、天正二年(1574年)より代々伝えられ、『獅子舞の元祖』としてその名が知られています。

〔今日のもう一枚の写真は「会津シンフォニックミニコンサート」です。〕
会津シンフォニックミニコンサート

※若い人から年配の人まで参加しているコンサートのグループです。ぜひ応援してくださいね・・・!



]今日も暑い喜多方でした。
午前中は庭の芝刈りを女房と一緒に行いました。

ところで昨日は第3回喜多方おだづき蔵通り『蔵している通りフェスティバル2006』のために午後2時から夜8:00過ぎまで写真撮影の取材をしました。
晴天に恵まれそして人出も多くて大盛況のうちに行事は終わりました。
関係者、特に会津北方小田付郷町衆会の皆様大変ご苦労様でした・・・。

今では貴重な会津の彼岸獅子3団体が獅子舞を披露しました。
獅子舞は無病息災・商売繁盛等を願って舞われるものですが、新しい物事を創めるときの邪気を祓うことにも舞われているようです。
特に日光東照宮の地鎮祭のときに時の殿様に招かれて舞ったという、南会津町は『栗生澤三匹獅子保存会』の舞は実に見応えがありました。
喜多方の下柴獅子団だけかと思っていたのですが、こちらも県の無形文化財の指定になっているとのことでした。
今日は三つの獅子舞を写真でご披露したいと思います。

〔この写真は「喜多方下柴獅子団の庭入りの舞」
喜多方下柴獅子団の庭入りの舞
下柴の獅子舞は当サイトでは、昨年から取材を重ねています。

〔この写真は「磐梯町の赤枝彼岸獅子団による三っ笛 岡崎 角先力」
磐梯町の赤枝彼岸獅子団による三っ笛 岡崎 角先力
下柴に比べて囃し方そして獅子の動きが活発です。

〔この写真は「南会津町の栗生澤三匹獅子保存会による前庭」
南会津町の栗生澤三匹獅子保存会による前庭
うーん、伝統を感じさせる獅子舞です。
獅子頭の重さは4kgあると云われています。
本当に暑い中の獅子舞ご苦労様でした。

※獅子保存会の皆様の悩みは、若手の育成にあるとお聞きしました。
でも一生懸命獅子舞を演じてくれた皆様、本当にお疲れ様でした・・・!

昨夜も物凄い雷雨がありました。
今日は打って変わって秋らしい晴天・・・。
日中は汗ばむような暑さになりました。朝晩の涼しさというか肌寒さが何故か秋に向かっていくもの悲しさを感じさせ、そして日中は夏の名残という本当に季節の変わり目です。

明日は『蔵している通りフェスティバル2006』が通称南町界隈で開かれます。
喜多方発展の原動力は昔の呼び名で『小田付〔おたづき〕郷』から始まったと云われています。この小田付郷こそが南町界隈となる訳です。
会津の五つの彼岸獅子が揃います。
これは本当に必見の価値がありますね・・・!
明日は密着取材したいと考えています。今から心ときめきます。

〔今日の写真は「下柴の彼岸獅子保存会の皆さん」です。〕
下柴の彼岸獅子保存会の皆さん

※この写真は昨年の春の彼岸に撮影したものです。この写真こそ下柴の方々と私との出会いですね・・・。貴重な写真です。

昨日は寒い一日でした・・・。
最高気温は23.8℃、最低15.2℃とグーンと低くなりました。
今朝早くに強い雨が降ったとのことですが、もちろん私はそれには気付く筈はありません。
今日はそれでも幾分昨日よりは暖かくなった感じがします。
 原因は全く分かりませんが、私の体調不良も一向に改善されない状況です。
それでも胃の痛みは薄らいできたようです。頭痛が取れれば良いのですが、うーんまだ鈍い痛みを感じます・・・!
何とか我慢して仕事には出掛けていますが、根本的には何日間かの休養が必要なのかもしれませんね・・・。
 さて私のサイトも『秋ソバ白く輝く』と題して・・・のどかな秋空に白い絨毯を敷き詰めた喜多方市塩川町駒形地区の風景をアップしましたので是非ご覧下さいね・・・!

〔今日の写真は「メランポジュウム」です。〕
メランポジュウム

※この花の名前が分からなくて、本当に調べました。アメリカ生まれのキク科の植物で黄色い花が特徴とのことです・・・。
高温多湿な日本の風土に合っているとのことです。
写真は7月29日に撮影したものですが、もちろん今でも咲いていますね・・・!

今日の最高気温は29.3℃、最低17.2℃・・・。
気温は高めですが、カラッとした湿度が少ない一日でした・・・。

わが身只今『絶不調』の進行形、頭痛は土曜日の「滝」撮影以来治りません。
仕事には休まず行っていますが、力が入らない状態です。
好物の生キュウリ2本を夕食の晩酌のツマミにしていましたが、昨日から1本に減らしました・・・。

うーん原因は分かりませんが、力が入らない状態は続いています。
回復まではまだ時間が掛かりそうです・・・!

〔今日の写真は「秋ソバの花満開2006」です。〕
秋ソバの花満開2006

※本来はトップ頁に掲載したいところですが、明日当たりにアップしたいと考えています。

今日は30℃を超える暑い一日となりました・・・。
日中は暑い日がまだ必要なのかもしれませんね・・・!
今日から仕事のスタートですが、何故かノリが悪い・・・?
blogを書く気力もいまひとつ冴えません。
ただ、多くの人達からいろんな「検索語」でアクセスして頂いていますので、それを励みに頑張っています・・・!
最近の検索語では『旅をする蝶アサギマダラ』、『裏磐梯桧原湖のエゾミソハギ』というものでした・・・。
なんとなく自分の写真取材のテーマと皆さんの興味が合ったときは嬉しいものですね・・・。
私のサイトのトップ頁の写真もほぼ一週間で変えていますので、それらの写真とblogを合わせて御覧頂ければ、より一層楽しくなるかもしれませんね・・・!
元来『三日坊主』の私ですが・・・、サイトもblogもよく続いているから不思議です・・・?

 そういえば、小野川不動滝を撮影中に突然襲った頭痛の原因は『低周波』による現象であることをyahooの検索サイトで知りました・・・。
ハッキリ断言は出来ませんが、先ず間違いはないと考えています。

〔今日の写真は「小野川不動滝の迫力」です。〕
小野川不動滝の迫力

※女房が写した写真が、偶然にも滝の凄さを物語っていますね・・・!

今日は秋らしい晴天、カラッとしていました・・・。
周りの田んぼもすっかり黄金色に色付き、そして秋ソバの白い花が咲く季節となりました・・・。

昨日は裏磐梯最大の『小野川不動滝』へ出掛けてきました。
私も女房も初めてのところです。
急な山間の遊歩道を歩くこと約20分、そこには高さ25mという迫力ある直瀑がありました。
三脚を立てて、カメラをセットしたとき突然の頭痛、そして眼の焦点が何故か合ってくれません・・・?
同行した女房も同じ現象でした・・・?!!

急な坂道を登りそして迫力・落差十分な滝、多分私の勝手な想像ですが急激な気圧の変化が原因なのかな・・・、もの凄い飛沫で滝壺までは近付けそうで出来ませんでした。

何とか頭痛を堪えて写真は撮影しました。
紅葉の時期は本当にgooですね、再度チャレンジしたいと考えています。
昨日は疲れてblogをお休みしましたが、滝の写真を選ぶのに時間が掛かっていたことも事実です。
本日のサイトのトップ頁、そして『Gallery 四季彩 心のままに』のコーナーへ、写真をアップしましたので是非ご覧くださいね・・・!

今日は『秋ソバ』の写真を早朝に撮影しました。
うーん、とても綺麗でした。もうすっかり『』なんですね・・・!

〔今日の写真は「小野川不動滝にて」です。〕
小野川不動滝にて

※今回も女房が私の姿を、こっそり後方から撮影してくれました・・・。
滝の迫力を感じ取ってもらえば、幸いです・・・。


今日から9月のスタート、日中の最高気温もかなり低めの
24.4℃、最低16.5℃でした。
今日の私は夏季休暇、一日何をすることもなくのんびりと過ごしました。
近所を散歩して偶然見つけたイベントのポスターを撮影してきました。
うーん、これは実に素晴らしい企画ですね、今から楽しみです。
イベントの詳細を書いてみましたので、ぜひ観光の一助になれば、と願っています。

第3回喜多方おだづき蔵通り
蔵している通りフェスティバル2006
日時 9月9日〔土〕午後3時~午後9時
場所 喜多方市南町界隈〔歩行者天国〕

プレイベント全会津獅子舞フェスタ in 喜多方
蔵の町並みを背景に、会津地方の5団体による華麗な踊りが一堂に集結!
『参加予定団体』
南会津町・・・・高野三匹獅子保存会
会津若松市・・・天寧獅子保存会
会津美里町・・・西勝彼岸獅子保存会
磐梯町・・・・・赤枝彼岸獅子団
喜多方市・・・・下柴獅子団
第1部〔PM2:00~3:00〕「馬車の駅」駐車場にて
第2部〔PM3:20~4:50〕「歩行者天国実施区間」にて

当日イベント内容
◆蔵巡り見学ツアー〔13:30~14:50〕A・Bコース先着20名で打ち切り
◆通りでの太極拳披露
◆桐下駄ップ踊り
◆会津シンフォニックアンサンブルミニコンサート
◆「無限」〔サウンドチャレンジファイナリスト〕弾き語り路上ライブなど
◆常時開催・・・楽しい露天・飲食屋台・振る舞い酒〔瓦燈小径〕

〔今日の写真は「蔵している通りフェスティバル2006」です。〕
蔵している通りフェスティバル2006

※喜多方の下柴獅子団による彼岸獅子は県の重要無形文化財指定となっています。特に歴史的価値のある彼岸獅子ですよ・・・。



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。