ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は日中曇り、夕方から雨になりました・・・。
今日の最高気温4.4℃、最低気温-1.9℃、毎度同じ言葉になりますが、とてもこの時期としては暖かい気温です。

 私の風邪も、今朝は喉の痛みがかなりありましたが、朝一番で葛根湯(かっこんとう)を服用して身体を温めて、それから食事を摂りました。
お陰様で今日は風邪気味のことも忘れて仕事が出来ました、本日私が仕事で歩いた数は7035歩でした。
ほんのり汗も掻き、身体が温まる程度で、そんなに疲れない感じの歩数です。

 うーん、本来なら10,000歩とも云われていますが、メタボ解消の人間には7,000歩を目安に運動するように言われているようです。
もちろん女房から聞いた話ですし、メタボの度合いにもよるのでしょうが、この話は本当です・・・!

 いよいよ明日の早朝に上京です、全ての準備も整いました。
明日は“口下手”な私が、お話しなければならない場面です。
話すことも苦手なのですが、私の一生の中では一度の経験となる訳ですから、息子のためにも会津訛りの標準語で真摯にお話するつもりです。

 明日の東京地方は風雨が強そうですね、こちらはひょっとすると大雪になるかもしれません。

〔今日の写真は「故郷の山に向かいて言うことなし」です。〕
故郷の山に向かいて言うことなし
※雄国山に向かって一直線の農道、田んぼの雪は消えて道路にだけ真直ぐに雪が残っていました。
こんな写真を撮ったときもあったんですね、もちろんblog初公開です。
2006年2月25日の撮影です。
スポンサーサイト

今日も一日晴れでした、本当に大寒なんて思えない感じの喜多方です・・・!
今日の最高気温5.4℃、最低気温-7.4℃、今日も放射冷却現象で辺りの山は霞んで見えましたよ・・・。

 今日は仕事に復帰しました、私と云えどもそうは休んでいられません・・・。
風邪の状態はもちろん横這い状態です、ただ喉が痛い程度だったのですが、夕方からまた寒気がしはじめました。
ちょっといけないので、また風薬を服用しました。
うーん、何としても土曜日には上京しなければいけません、息子の人生の大事な場面です。
親としてももちろん緊張する場面です、何はともあれ早く体調を回復せねばいけませんね・・・!

 ちょっと熱めのお風呂に入りましたので、今夜は早く寝ることにしましょうか・・・。

〔今日の写真は「雄国山と田園風景」です。〕
雄国山と田園風景
※この写真は2007年2月8日に撮影したものです。
田んぼに並べられた円柱の稲藁がまた面白く感じました。
今年は本当に暖冬です、雪の量もこんな感じかもしれません。
古い写真で恐縮ですが、blog初公開です・・・。

今日は晴れの一日・・・。
今日の最高気温6.2℃、最低気温-4.9℃、大寒のこの時期に晴れですから、吃驚しました。

 私はちょっと前からひいていた風邪を拗らせないように、今日は会社をお休みしました。
若干の喉の痛みと頭痛、そして身体がダルイ程度なので今週末の東京行きのことを考えて、大事を取って一日寝ていました。
37℃程度の熱なのでインフルエンザではなさそうです、市販薬を服用して掛かり付けの医院へは行きませんでした・・・!
この時期に医院へ行くと風邪ひきの患者さんが沢山いますからね・・・。

 母は今日の昼過ぎから点滴されるようになりました、食事が摂れないことが大きな要因だと思います。
何処も悪いところはなさそうですが、元気がないので少しでも元気の出る点滴をと、医師が女房に話したそうです。

母も入院して今日で3週間になりました、しばらくは退院の話もなさそうです。病院に置いてもらった方が正直のところ安心です。
もちろん女房は、ほとんど欠かさず昼と夕方には食事の介護をしています。

 病院へ預けっぱなしにしないところが、女房の心根の優しさだと思っています。

〔今日の写真は「ヒマラヤ雪ノ下」です。〕
ヒマラヤ雪ノ下
※雪の下(ゆきのした)科ベルゲニア属の植物で、暑さ寒さに強いが湿気を嫌うとのことです。
この辺では雪割草とも云っていましたが、正式な名前はヒマラヤ雪ノ下です。
我が家の玄関前の日当たりの良い郵便受けの下で咲き始めましたよ・・・!

今日は一日曇り、もちろん日中は陽が射すことも時折ありました。
私なんかは、大寒のこの時期にこんな暖かいなんて良いのだろうかと、思ったほどです。
今日の最高気温3.3℃、最低気温-1.1℃、確かに気温的にも暖かい一日です。
この後に雪が降ったりとは、ちょっぴり懸念しているところです。

 今日は女房が東京からの帰りの高速バスの切符の変更手続きを行いました。
お陰様で何とか日帰りすることが出来るようになりました、父は喜んでいる様子です・・・!
母の具合もあり、父の様子もあり今回の決断をしたのですが、親としては一泊してきたらと云うのが筋ではないかと私なりに感じています。
息子の嫁さんになってくれるご家族にお会いして、先ずは御挨拶、そしてこれから先のことを沢山お話ししたいと考えていたのですが、流石にそんなことまで理解が出来ていない父の様子を今日、改めて痛感した次第です・・・!

 まあ良いですよ、愚痴っても仕方ありません・・・!
私達が限られた時間で、一生懸命誠意を尽くすことしかありませんね・・・!

余りにも年老いてしまったのでしょうか私の父は83歳、昔は60歳過ぎまで好きな野球をしていたとは、よく父の口から活躍した話を聞かされた私ですが、私は57歳にして写真の趣味も儘ならず取敢えず休止せざるを得ない状況です。

逆に親父は良いよな好きなことが思う存分できて、何て考えるのは親不孝でしょうか・・・?!!
 
〔今日の写真は「雪の華part3」です。〕
雪の華part3
※我が家の花ミズキの木にも雪が積りました。超氷点下の朝に撮影しました。

今朝も冷え込みましたね、もかなり濃かったですね・・・。
電柱と電柱の間が見えないくらいの視界だったと、車通勤している仲間から聞きました。
今日の最高気温4.3℃、最低気温-7.0℃、昨日と比べれば暖かいと表現すべきなんでしょうが、昨夜降った水分の多い雪が歩道でパキンパキンに凍っていました。
徒歩で5分の距離が10分以上にも感じるほど足下がツルツルでしたよ、今朝の通勤は・・・!
転ばないように緊張して歩きますので、余計なところに力が入るのでしょうね・・・。

 ところで私の母は相変わらず食事はスプーン3杯程度の粥くらいしか食べないそうです。
水が旨いと云っては吸い飲みで、ゴクンと飲んでいるようです。

父の様子も特段変わった様子はありません、もちろん無口と云えば格好良いのですが、喋るのも面倒くさい親父です。
女房が父に午前のお茶の時間に身体の具合をストレートに聞いたそうですが、ただ何となく・・・、と云う言葉しか返ってこなかったそうです。

 夕食を終えるときに女房と相談して、今回の東京行きはもちろん決行しますが、日帰りにすることにしました。
東京を18:00頃の高速バスに乗れば、会津若松までは安心して来れますし、何とかJRの乗り継ぎも23:02の快速電車に上手く乗れる感じです。
もちろん高速バスが雪等の状況で遅れないことを想定しての話ですが・・・。

日帰りの方が私達の気持ちが落着くとの、女房の意見です。
ただ今回の東京行きは疲れることは覚悟のうえです、親としての御挨拶が出来ればそれで良いと思っています。

〔今日の写真は「雪の華part2」です。〕
雪の華part2
※この木は娑羅〔シャラ〕の木、夏ツバキとも云いますが、その枝に雪の華が咲いたようですね・・・!
背景が黒っぽい他所のお宅なので余計に我が家の木が映えますよね・・・。

今朝は本当に冷え込みましたね、朝刊を取りに郵便受けに出たときにサンダルの底がタイルに粘るような感覚がありました・・・!
今日の最高気温2.4℃、最低気温-14.2℃、確かにこの冬一番の冷え込みでした。
それでも午前中は晴れてくれましたので、洗濯物がとても良く乾いてくれました・・・!

 今日は午前中母の病院へ父を連れて女房が出掛けて来ました。もちろん僅かな時間ですが父は母に何の言葉も掛けなかったと聞いています。
夕方女房と一緒に母のところへ行って来ました。
もちろん昼食時の母の様子を女房から聞いていましたが、食がまったく進まない状況です。医師の話では何処も悪いところは無いと云うことです。
夕食もスプーン3杯程度のお粥を食べたくらいで、何も食べませんでした。ただ水が飲みたいと吸い飲みでかなり水を飲んだようです。

 ところで自宅に戻って、いつものように父と三人の夕食を摂りましたが、どうも父の元気がありません・・・。
風呂にも入らずに床に就いた父でしたが、もしかして腸閉塞とか過去の病気が始まっているのかもしれません。

 ここまで来ると私達にも如何しようもありません、明日の朝がちょっと心配です。
ただ我が家には市販のナースコールの簡易な設備がありますので、気分が悪いときにはいつでも押すようにと女房が父に話しました。

ちょっと困りましたね今週末の上京、最悪には日帰りもありで検討を始めたところです・・・!

〔今日の写真は「超氷点下の朝に」です。〕
超氷点下の朝に
※昨夜降った雪もたいしたことはありませんが、なかなか融けないで蔵の屋根に残っています。
空の青さが余計に寒さを引き立たせているような気がしました・・・。

今日は午前中は曇り、それでも陽が射すこともありましたが、午後からは雪が突然降って来ました・・・!
今日の最高気温2.1℃、最低気温-1.9℃、雪が降る気温には適していたようですが、何とか堪えてくれましたね・・・。
いまblogを書いている外では、パキン・パキンと凍った路面を音を立てながら犬を連れて散歩している人の姿が見えています。

 今日の午前中は女房の知人の旦那さんが突然亡くなったとのことで、御焼香に女房は出掛けて来ました。
午後からは二人で近くのヨークベニマルへ、女房の衣類等の買い物に付き合いました。
実は来週末に東京へ出掛けて来たいと思っています、親としての挨拶をすべき長男の嫁さんになる方のご実家へ・・・!
世間ではごくありふれたことなんでしょうが、息子が嫁さんをもらうとなれば私達両親がご挨拶するするのが筋です。

ただ我が家の現実は母が入院中、そして父も足元覚束ない状況なのでスケージュールを心配しているところですが、31日に上京して御挨拶をして、1泊して帰りたいとは思っています。

親父にはその間近くの温泉旅館にもと女房が勧めたらしいのですが、ただただ“沈黙の世界”だったと聞いています。
私が一番心配するのは母の状況、食事は殆ど摂れていない状況です、今日は私も一緒に母の様子を伺っていましたが、何とも云えない状況です。
日帰りすることも頭の中に入れてのこれからの行動です。

 私達夫婦が親の役目をするときくらい、しっかりしてくれよ・・・、せめて親父よ・・・!

〔今日の写真は「澄み切った青空の朝に」です。〕
澄み切った青空の朝に
※この写真は今朝撮影しました。雪がかなり少なくなっているのがお分かりになると思います。
もちろん女房が一生懸命、時間があればスコップで散らしてくれたお陰です。

今朝は雨、日中は曇りの一日でした・・・。
今日の最高気温6.0℃、最低気温1.2℃、何と大寒のこの時期としては、とても暖かい一日でした。
いつもは腰にホッカイロを貼って出掛ける私ですが、今日は貼ることすら忘れるくらい暖かかったですよ・・・!
 ようやく今週の大事な任務を終えた私です、間違いは許されない世界とても緊張しましたよ・・・。
眠れない晩もありましたが、仕事をしている人間にとってはごく当り前のことかもしれません。

今日は女房が一人で昼と夜に、母の食事介護に出掛けて来ました。
もちろん家族の人が行かなければ病院の看護師さんがやってくれることなのですが、そこは女房です。
自分として出来ることは“母に尽くしてあげたい”と語る女房に、私は感謝しています。
本当に心根が優しい女房ですよ・・・、もちろん彼女は口先だけではありません・・・!

考えてみれば女房と結婚して33年になっていますが、彼女の直向きさには素晴らしいものがあります。
夏場の暑い時期は草むしりが得意と云い、冬の寒い時期は雪片付けが面白いと云う、そんな彼女です・・・。
もちろん彼女には農家育ちの兄・姉がいますが、彼女は幼い頃から風呂焚き、炊事、洗濯等、家事をこなしてきている人間です。

余談が長くなりましたが、食事を終えた母の入れ歯を綺麗に洗ってあげたりもしています。

〔今日の写真は「縁起物を初市で」です。〕
縁起物を初市で
※この写真は1月17日の小田付初市で撮影したものです。
前回は起上り小法師をズームしましたが、お店の雰囲気を再度アップしました。
活気のある初市、私は好きなんです・・・!
お店の上には風車が吊るされています、金運が良くなるようにと回転の良い風車を購入するのも、これまた初市ですよね・・・。

今日は穏やかな曇りの一日、いま外では屋根に積もった雪が少しずつ融ける音が雨だれのように聞こえて来ます・・・。
今日の最高気温4.3℃、最低気温-1.2℃、大寒のこの時期としては本当に穏やかですよね・・・!

 私なりにこの冬の会津を分析してblogを書いていますが、ここまでのところ間違いなく暖冬ですね・・・!
会津の場合は何たって雪が降った量です、そして気温でしょうかね、『真冬日』と云われる日はまだ2・3日程度だと思っています。
我が家に積もった雪も日影の部分しか残っていない程度ですよ・・・!

 今日も仕事を終えて家に帰ってから母の状態を聞き、それならと女房と一緒に病院へ出掛けて来ました・・・。
昼食はほとんど食べない状態と聞きました、それでも夕食は4割程度食べてくれたように見えました。

毎日が一喜一憂している私と女房ですが、この度田村正和さんお勧めの“麦とホップ”がサッポロの抽選で当たってしまいました。
ありがたい、本当に何気なく女房がテレビのコマーシャルを見て、私がネットから申込んだものです。
昨日届きましたよ、「田村さんからお年玉」として、12缶セットです・・・!

お正月休みに何気なく応募した訳ですが、本当に申込んだことも忘れていたken爺です。

〔今日の写真は「満開の梅」です。〕
満開の梅
※我が家の玄関に飾ってあります、今日が満開と書いても良いでしょう・・・!

今日は一日曇り、全く雪の気配はありませんでした・・・。
今日の最高気温0.8℃、最低気温-8.2℃、流石に大寒二日目ですね、真冬日になるのを何とか堪えたような気温です。
今まで積もった雪も雨が降ったこともありまして、かなり少なくなって来ています・・・。

 今日は夕方仕事を終えてから母の入院先へ女房と一緒に出掛けて来ました。
うーん、母の様子は徐々に良くなる気配がありません、その逆に向かっているようにも感じられます。
それでも女房は昼食と夕食時には必ず介護に出掛けています。
母の食べる様子を見て、どうしようもないとき以外はなるべく手を出さないように手助けするのが本人のためになるようです。

今日は出されたものの半分程度の食事の量でした、意識はハッキリしているのですが力が入っていないように感じられました。

私の仕事は今日も大忙しでしたが、もう先が見えて来ました、あと二日間頑張りましょうね・・・!

〔今日の写真は「大仏山と高曽根山」です。〕
大仏山と高曽根山
※過去に同じようなアングルで夕陽を浴びているような写真をお見せしたかと思います。
この写真は1月17日に撮影したものです。

今日は一応曇り時々晴れと書けば良いのでしょうか、しかし本当に昨日は雨の後に雪が来るかと思ったのですが、堪えましたね・・・!
今日の最高気温3.8℃、最低気温-0.1℃、今日から大寒ですが、こんな気温でも暖かく感じられるから不思議です・・・。

 今日から私の仕事は忙しい、とても神経を遣う時期に入り込みました・・・。
何とかこの時期を乗り越えればと考えています、日々私なりのベストを尽くすしかないですよね・・・!
女房も今日は家事とかいろんなことで忙しくて母の昼食時の介護に行けなかったそうです。

それは十分にあり得ることで仕方ないことなのですが、夕方女房一人で出掛けたら母は、「今日は私が来ないのか・・・?」と怪訝そうに尋ねたそうです。
うーん、不思議なものですよ、私が行っても記憶に留めることが出来ない母が今日はそのように話したとのことです・・・。
究極の話ですが、母の夫である親父については、「爺ちゃんは死んじゃったから・・・。」と、淡々と語ったそうです・・・!

 そうか明日あたりは行かないとちょっとイケマセンかね、雪道往復歩いて通勤そして仕事をしていると疲れて、米研ぎや風呂掃除をしていた方が楽な時もあるんだよ、母ちゃんに言いたいくらいですが、女房が頑張っていますからそれは言えません・・・!

〔今日の写真は「雪の華」です。〕
雪の華
※本来なら超真冬日に撮影すると樹氷のような綺麗な華になるのでしょうが、この写真は雪がただ積もった状態です。

今朝はちょっと朝寝坊、気が付くと朝の6:20頃でした。
慌てて朝刊を取りに外へ出ると、何と強い雨が降っていました。雪が屋根に積もっていますので雨の音が全く聞こえませんでした・・・!
今日の最高気温4.2℃、最低気温-1.1℃、昨日から比べると暖かいことは言うまでもありません。
明日から大寒と云うこの時期に雨、雪が融けてまた凍るのでしょうか・・・?

 今週は明日から4日間気忙しい細かな仕事が待っています、blobを書いている私はちょっと緊張気味かもしれません・・・。
それでも女房の午前中の家事、昼食時の母の介護、パートの仕事、そして夕食の母の介護から比べると私は楽をしているのかもしれません。

 うーん、彼女は愚痴一つ言わず一生懸命頑張ってくれています、本当に感謝です。
今日の母は何とか食事は全部食べられたとのことです、先ずはホッとしているところです・・・!
彼女の今の楽しみは、全ての家事から解放されてお風呂に入ってゆったりして、地デジでドラマを見ることでしょうか・・・?!!
傍らでは私はblogを書いています、明日は雪になるかもしれません、外はとても冷えて来ていますよ・・・。

〔今日の写真は「とある田舎の雪景色part2」です。〕
とある田舎の雪景色part2
※この写真も17日に撮影したものです。
一般のご家庭で蔵があり、そしてドッシリとした大きな庭木の松に雪が積もっています。
このお宅、その当時は旧家だったんでしょうかね・・・、私の好きな雪景色の一つです。

今日は一日曇り、この冬一番の冷え込みとなりました。
今日の最高気温-1.3℃、最低気温-10.7℃、最低気温が二桁となれば流石に霧氷ができていましたよ・・・!快晴ならダイヤモンドダストが見れるのでしょうが、今日の曇り空では残念ながら見れません・・・。

 初市も終わってようやくお正月気分も抜ける頃ですが、我が家では母が緊急入院をしていますので正月気分も何も既に失せています。
今日も昼食時に母の様子を伺いに出掛けて来ましたが、体調の具合は芳しくありません。
母の様子を見る限りでは何処が悪いと云うのではなくて、自然と身体が老いて衰弱しているように見受けられました。
鼻には酸素のチューブ、そして腕には点滴が処置されていました。

 ベットに起き上がって食事は摂れたものの、半分程度の粥を食べたくらいです。
今日は父を誘って行きました、そうでもしないと自分から行こうとするような父ではありません。

 午後に買い物がてら女房の実家へ出掛けて来ました。
実家の父ちゃんそして母ちゃんのお話を聞いていると、何故か不安な心が治まるから不思議です。
今日の御茶請は私の好物の“ワラビの御浸し”に鰹節をふりかけたシンプルなものですが、これが実に美味かったです。

〔今日の写真は「とある田舎の雪景色」です。〕
とある田舎の雪景色
※私は何故かこの辺りの風景が好きなんですよ、蔵があったり入母屋の旧家があったり、背景に山も見えますよね・・・。
雪も適度に積もって青空が見えるこの風景が好きなんです。

今日は晴れ、昨晩から降った雪は新たに20cm程度ありました・・・。
今日の最高気温2.5℃、最低気温-4.0℃、そこそこの暖かい気温でしょうか・・・?

 朝食後の食器洗いを終えてから、雪片付けを行いました。
除雪のブルトーザが大きな雪塊を出入り口に置いて行きます。ブルトーザの前方に取付けられた雪を押すバケットから弾き出された雪が固い雪の塊となって入口を塞いでしまうのです、それをブルが通り過ぎた後に道路に出すようにして次の時に押して貰う訳です。
雪とは縁のない地方の方に分かり易く表現すると、こんな書き方になってしまいます。
入口付近の除雪を終えると、今度は屋敷内の雪をプラスチックの雪ヘラで片付けます。
かれこれ1時間30分程度雪と格闘していると、身体全体が疲れますよね・・・。
普段使っていない筋肉が作動する訳ですから、腰痛とか腕の痛みとか出て来ます。

 ところで今日17日は喜多方の『小田付〔おたづき〕地区の初市』です。
新年を迎えて縁起物の起上り小法師、風車、達磨、熊手何かが売られていました。
女房と一緒に私も出掛けて、家族の数より1個多い数の“起上り小法師”を購入しました。
解説書によれば一族繁栄、家内安全を祈り、小さな体で元気に働き、転んでも起上ることを誓ったもので、七転八起の忍耐と人生の象徴として愛されています。もちろん会津特有の民芸品となっています。

〔今日の写真は「起上り小法師」です。〕
起上り小法師
※今年は良いことがありますようにと願いを籠めて、転んでも直に起きるものを選んで購入します。
中には起きないものもありますので、お客さんが転ばして立ち上がる物を選んで購入するのが習わしです。

今日は小雪が舞い降りる一日となりました・・・。
今日の最高気温0.6℃、最低気温-6.5℃、寒い一日それでも何とか真冬日にはならなかったようですね・・・!

 今日は父の定期通院の日、足下が覚束ないことは以前から書いていますが、この時期は雪道です。
滑って転んでは大けがをしたりと考えれば、病院の玄関前まで車を持って行き、女房が父の片腕を掴んで病院の中へ連れて行くことにしました。
以前から考えていたことなので、今日は会社の仕事を一日休んで付添いました・・・。

もちろん片方の手では杖を突いていますが、それでも心許無いのです。普段から診察室の中まで付き添っている女房です。
父の診察を終えてからは車をまた病院前まで横付けにして、父を乗車させました。

何とか今日の大きなイベントを終えてから、夕方女房と一緒に今年一年の無病息災を願って“歳〔さい〕の神”を行いました。
地方によっては大きな茅とか稲藁で作ったものと一緒にお札、お守り、御神矢、しめ縄、しめ飾り、おみくじ、神棚、松飾りなどを燃やす『どんど焼き』と呼ばれる、小正月(1月15日)の火祭りの行事です。

 夕方母の病院へ出掛けて来ました、今日の母は食事は全部平らげましたが、今一つ元気が無いように感じられました。
それでも何とか話すことも出来たし、会って話しているときは“まともな”会話でした。

そうそう、昨日の女房はかなり疲れていましたよ、掌に化粧水を垂らして顔に付けないまま、炬燵で座って眠っていましたよ・・・。

〔今日の写真は「ささやかな歳の神」です。〕
ささやかな歳の神
※昔女房が子供の頃には、お餅とかスルメとか蜜柑を焼いたと聞いています。
写真の串刺しにした蜜柑は皮を炎で炙る程度ですよ・・・!

今日は断続的に吹雪の一日、本当に寒い一日でした・・・。
今日の最高気温-1.0℃、最低気温-3.4℃、この冬一番の寒さではありませんが、最高気温が真冬日は初めてでしょうか・・・!
blogを書いている外では、雪がシンシン降っています。

 今日は仕事で雪国特有の重いゴム長のスパイク付で長距離を歩いたら、ちょっと疲れちゃいました。
歩く形がロボットのような姿だったから疲れたのかもしれませんが、総歩数6951歩でした・・・。
えー、大したことはありませんが、私はなるべく大股で歩くようにしています。
もちろん普段の運動不足を補うためですよ・・・。

 さて今日の母の具合は余り芳しくない状態です、昼も夜も食事介護に行ってきた女房の話です。
ベットから起きてはいますが、半分眠ったままの食事の状態だったと聞いています。
浮き沈みの激しい母の具合です・・・!

 女房の実家の母が、私の母のお見舞いにわざわざ午後、病院へ来てくれたとのこと感謝しています。
そのとき、私の母が真顔で女房の母に「今日は全然来てくれていない・・・!」と女房のことを話したそうです。

認知症に対する知識をある程度は知っている私達ですが、女房が全然来ていないと云う言葉に実家の母ちゃんが驚いたことは確かです。
普段は軽く聞き流す私達ですが、実家の85歳の母ちゃんに私の母が話したと云います。

これでは一生懸命尽くしている女房の立場がありません・・・。
朝から昼まで父の食事やら洗濯等の世話をして、母の介護、その後パートの仕事をして、また夜に母の介護で出掛けている女房です。

実家の母ちゃんが心配して電話を寄こして分かった話です、女房もこれには参ってしまいました・・・!

“認知症”と云うと『黙々としてふむふむ』と付き合うことが大事と云われていますが、今日の女房はそんな感じてはありません。

もちろん実家の母ちゃんには、事の次第を話して了解は貰いましたが、これでは女房の立場が浮かばれません・・・。
決して手抜きをしない女房は、この話を聞いてかなり落胆の色を隠せない状況でした。

〔今日の写真は「冬の田んぼの畦道」です。〕
冬の田んぼの畦道
※雄国山麓から西に向かって急な下がり勾配の景色です。

今日の日中は冬の快晴と表現すべき素晴らしい青空でした。
今日の最高気温3.1℃、最低気温-7.7℃、雪の降る日は静かだと云いますが、今朝は正しくその言葉が当てはまりました。
今朝起きてみたらあらためて積もった雪が20cm程度ありましたので、昨日と合わせると40cm位になりましたね・・・!
今朝の道路には雪国特有の除雪車出動です・・・、ただ今日は私の出勤時間頃でしたので俄かの大雪で大忙しだったのでしょう・・・。

 私が社用で少し早めに会社へ出掛けるので、女房が一生懸命雪片付けをしてくれました。
ブルトーザが通り過ぎた後は大きな雪の塊が家の出入口を塞ぎます、それを動かすのには大変だったと聞いています。
いまblogを書いている外ではちょっと湿り気のある細雪が降っています。
日中は夕焼けまで見えたのに、いきなり雪が降るとは・・・、天気予報通りですね・・・!

 今日は女房ひとりで母の入院先へ昼と夜と2回、食事の介護に出掛けてくれました。
本当に感謝しています、彼女はその間にパートの仕事までしています。
母が救急車で入院してから今日で一週間、母の今日の具合は食事を全部完食したとのことです。
ホッとして良いのかどうか、会話がどんどん非現実的になっていることは確かです。
ちょっと内容までは書けませんが、女房も唖然としたと云っています・・・!

今日の写真は「遥かに喜多方市内雪景色」です。〕
遥かに喜多方市内雪景色

今日の喜多方は朝にはそう20cm程度の積雪、その後陽が射すこともあっても雪が降りました。
今日の最高気温1.1℃、最低気温-2.8℃、このような接近した気温のときは要注意です・・・。
夜になって雷が発生、冬の雷は大雪を齎すと云われています、外は恐ろしいほどシンシン雪が降っています・・・!

 今日は職場で雪片付けをしました、来客用の駐車場は確保しなければなりません、一汗掻いたところで私は止めました。
考えてみれば今日のような大雪のとき、女房は朝から雪片付けをして母の元へ行って昼食の介護です。
そして今日の午後からパートの仕事で今年初出勤・・・、夕食の準備をしてまた母の病院へ・・・。
夜は私が車を運転して一緒に母のところへ顔を出しました。

 母の様子は昨日と比べると、今日は何倍も元気です、そして適度に話もするし最初からペットに起きて夕飯を待っていたようです。
もちろん看護師さんが夕食が近いので母をベットから起こしてくれている訳ですよね・・・。
顔色も良いし先ずは一安心、良くなったり悪くなったりの繰返しがこれから先もあるのかもしれませんね・・・。

あっという間に一日が過ぎてしまいます、明日はどの位の雪が積もっているのでしょうか・・・?!!

〔今日の写真は「大仏山」です。〕
大仏山
※この連休11日に撮影したものです、この時までは本当に雪が少なくて暖冬を思わせる感じでした・・・。
大仏山の麓には明治時代に建てられたモダンな煉瓦蔵で有名な三津谷〔みつや〕集落があります。

今日も一日曇り時々吹雪くこともありましたが、いまは綺麗なお月さまが見えています・・・。
今日の最高気温3.9℃、最低気温-8.8℃、この冬一番の冷え込みでしたね・・・!
部屋の窓が凍って開きません・・・。この時期灯油暖房であるファンヒータを点けていますので、室内が結露してそのまま凍って窓が開かなくなるのです。除湿器を6時間程度運転させて、コップ3杯分くらいの湿気が採れました。
 今日は喜多方“小荒井の初市”でしたが、撮影する気力が起きなくてなんとなく一日を過ごしました。
昼には女房だけ母のところへ行き、夕方は二人で出掛けて来ました。
昼間は女房と的外れの会話をしながらも食事は全部食べた母ですが、夕方の様子を見るとまったく衰弱したように見えました。
夕食の時間になってもなかなか目を覚ましません、うわ言のように返事はしますが、意識が薄弱です。
何回も声を掛けてようやく会話が出来ましたが、ベットから起きようとする力は全くありません。
 仕方なく寝たままの状態で食事を与えた女房です、もちろん刻み食ではありますが喉に詰まらせないように・・・!
ゆっくり、ゆっくりスプーンと箸を使って慎重に半分程度の食事を与えました。
昨日の“多弁な母”の状態も私は珍しいと感じていましたが、今日の様子は尋常ではありません。
 女房と私の手を握る母の力はとても弱々しく感じました。

〔今日の写真は「梅の香漂い」です。〕
梅の香漂い
※9日にアップした梅の写真、納得できずに再度チャレンジしました。
朝日の射し込むときに、フラッシュ無しで撮影出来ました。

昨夜来吹き荒れた嵐は朝には治まり、雪も大して降りませんでした、ただ道路はもちろん凍結アイスバーンです・・・。
今日の最高気温2.7℃、最低気温-4.0℃、寒い一日でしたが、ときおり陽が射すこともありました。
日本全国的に超冬型の天気図でしたが、喜多方は穏やかな方だったのではと思っています。

 ここのところ洗濯物の乾きが良くないので、今日は洗濯を珍しくお休みにしました。
そのような訳で、朝の食事の後片付けを終えてからはフリーの時間です。
スポーツ大好きな女房は午後から全国都道府県女子駅伝を応援、その後私は正月休みに録画をして置いた「LIVE FREE OR DIE HARD」を観ました。アナログなマクレーン刑事が全米を襲ったサイバー・テロに一人で立ち向かう超アクション映画、久し振りにリラックス出来た一日です。
 もちろん女房は母の入院先へ昼に出掛け、夕方には私も付添いましたよ・・・。
母の様子は至って元気ですが、今日はかなりの妄想の記憶と云うか昔の話を何度もしていたようです・・・。
こんなに“多弁な母”を見たのは初めてです。

〔今日の写真は「箒で雪を掃き」です。〕
箒で雪を掃き
※吹雪いた朝でしたが雪は本当に僅かです。
女房が竹箒で雪を掃きながら、「京都の龍安寺の石庭に負けないね・・・?」と語りました。
この発想には私も吃驚・・・!
踏み石の雪が融けないうちに早く撮ってと、女房に急かされました。 

今日は冬の強い嵐が吹き荒れた一日、雪も断続的に降りましたがほんの僅かな積雪です。
今日の最高気温2.3℃、最低気温-1.4℃、最高そとて最低気温が限りなく零度に近付くと雪は降り易くなりますね・・・。
明日の朝はちょっと心配ですね、大雪にならなければと願っています・・・!

 今日はお正月の年始のご挨拶に女房の実家へ出掛けて来ました。
お正月中実家は皆が風邪でダウンしていたので、ちょっと遅めの御年始となった次第です。
二週間振りでしょうか、父ちゃんも母ちゃんもそして兄貴も変わりなく、ようやく「今年一年よろしくお願いいたします」の御挨拶が出来ました。
御茶請に“鰊の山椒漬”が出ましたが、これは絶品ですよ・・・。
醤油と味醂と酢を混ぜ合わせたところにある程度固めの干したニシンを入れて、山椒と一緒に漬けこんだものです。
 これは我が会津の郷土料理の一つかもしれませんね、寒い地域なら他にもあるかもしれませんが・・・?!!
会津では田植えの時や、お祭り料理には欠かすことのできない一品となっています。
呑平の私なら、お酒の肴に最高ですが、今日はアコール一切無し、お茶で御馳走になりました。
ちなみにスーパーで購入すると数匹のニシンが入って一パック1,000円程度しますよ・・・。

 昼近くに母の病院へ顔を出しました、もちろん鼻に酸素の管が入っています、そして点滴も続けられているようですが、至って元気にしていましたよ・・・。
女房が食事の介護をしている間、私は50分程度待っていましたが、食事も全部平らげた様子で何よりです。

 夕方の食事介護には女房一人で出掛けました。母の言葉「今にも飛んで歩けそうだ・・・!」と語ったと云います。
今まで身体がコワク〔ダルイ〕てしょうがねぇ、と云っていた母です・・・。
調子はきっと良いのでしょうが、もちろん私が昼に訪れたことは記憶に残ってはいません。

 朝だけは忙しいので病院の看護師さんにお願いしています、そうでないといくら私がサポートしても女房が参ってしまいますから・・・。

〔今日の写真は「南天」です。〕 
南天
※メギ科の常緑低木で、発音が「難を転ずる」に通ずることから縁起の良い木とされています。
我が家では玄関前に植えています。写真は赤ですが白南天もありますよ・・・!

今日は一日ドンヨリした曇り、これから雪が降ってくると云う前触れでしょうか・・・。
今日の最高気温2.8℃、最低気温-5.5℃、時折降ってくる雨でしたが、夕方からは大粒の雪となりました。
ただいまblogを書いている外では、辺り一面真白になって来ています・・・!

 私の母の容態は、点滴と酸素吸入そして24時間心電図体制ではありますが食事は出ているとのことです。
もちろん刻み食ですが、女房はお昼と夕食の食事介護をしたとのことです。
朝は洗濯物を病院から持ち帰り洗濯とか、父の食事の世話で大忙しの一日だったようです。

女房はとても怖いと私に話します、昨日のように女房が母に食事を食べさせながら容態急変、もちろん食べ物を喉に詰まらせた訳ではありませんが、救急車が到着するまでの出来事、介護最前線にいる自分としては本当に話出来ないほど辛かったと云っています。

 そのようなことがあったので母の口へは食べ物を運ぶことはせず、手が震えてこ持てない茶碗とか皿とかを持ってあげたと聞いています。

私から云わせると「それで十分だよ、とにかくあなたの身体が大事だから・・・!」

母の場合の状況、前回11月のこととあわせて考えると、老衰であることは確かです。

〔今日の写真は「梅一輪開花」です。〕
梅一輪開花
※お正月に咲かせようとした梅ですが、余りにも早く咲いたのではと寒い外へ出して置きました。
一輪の花が開花したときの梅の香り、これは実に素晴らしい匂いです。
女房はバラの甘い香りに似ていると云っています。

今朝はとても冷え込みましたね、それでも日中は晴れましたよ・・・。
今日の最高気温4.6℃、最低気温-7.1℃、この冬一番の冷え込みとなった感じがします。
自転車では耳が悴んで痛くなりますので、予め耳カバーの付いた帽子を被っての通勤です・・・。

 今日は午前中に正月休みで滞っていた仕事を綺麗に片付けました。
午後昼食を終えてから外でタバコを吸っていると女房からの携帯電話が入りました。
「婆ちゃんの容態が急変したので救急車を手配した、早く帰って来て・・・!」
母は昼食を摂っているうちに、いや正確には今日は身体がダルイと云うので女房が昼食をスプーンで少しずつ与えて、食事を済ませようとした矢先の出来事だったと聞いています。
食べたものを吐いた後に、急に意識がなくなったと云うことです。

救急車を呼ぶのにも父がトイレからなかなか戻って来ないので、母を支える形となった女房は119番の電話もなかなか掛けられなかったとのことです。

私は一旦自宅へ戻ってから、病院へ車を走らせました。
病院に到着してから、女房から事の次第を聞きました。

幸いなことに、今回も救急車の中で意識が戻って自分の名前を話すことが出来たとのことです。
医師のCT・レントゲン検査結果でも脳梗塞とか血圧の低下等、特に異常は認められないとのことでした。
ただ血液検査の途中経過では、血液中の酸素の濃度が不足しているようであるとのこと。

ただ前回ディ・サービスから救急車で運ばれたのが昨年11月21日、そのときも食事中に意識を失ったと聞いています。

うーん、取敢えずは点滴と・酸素療法になるのでしょうか、入院期間は2週間程度となりそうです。

母の状態は少しずつ衰えているように感じます、どこが悪いと云うことではなくて・・・。

これから先何が起きるか分からないのが現実、女房と私はそんなふうに感じました。

〔今日の写真は「レスキュー隊員・駿君」です。〕
レスキュー隊員・駿君
※12月31日に撮影した写真です、オレンジ色の繋ぎの防寒着がそんな風に感じさせます。
駿君が被っている帽子は私の長男の耳カバーの付いたものです。
今朝はその帽子を広げて被って自転車通勤しましたよ・・・!

今日は曇り時々晴れ、日中陽が射しこむことも度々ありましたよ・・・!
今日の最高気温5.1℃、最低気温-3.6℃、小寒の候としては予想外の暖かさです。
それでもこの時期の会津で本当に雪が降りません、関東地方の都会では空気が乾燥して火災が起きていると云うことを女房から聞きました・・・。

 名古屋では、昨日今年一番のタンポポの開花が見られたとのことですが、我が会津では昨年12月23日に女房と一緒に近くの田んぼを散歩しているときに、そうなんですオオイヌノフグリとかと一緒にタンポポを撮影していました。
本来ならまだまだ雪に覆われている筈の田んぼの畦畔なのですが、雪が当時なかったために自然界が春先の気候と間違えたのかもしれません。

 地球温暖化の影響なのかどうかは分かりませんが、県内のインフルエンザの患者数は急増しているとのことです。
七草粥こそ食べませんでしたが、正月を過ぎた7日目、仕事をするのにも体調が徐々に慣れてきた今日一日でした・・・!

〔今日の写真は「早咲きのタンポポ」です。〕
早咲きのタンポポ
※因みに私達の子供が小さかった頃には、タンポポをタンポコとか呼んでいたような気がします。
お薬のことは、オスクリと呼んでいましたね、当時がとても懐かしく思い出されます・・・!

今日も冷え込んだ一日、確かに1月5日から“小寒”と云うのは頷けます・・・。
今日の最高気温5.0℃、最低気温-4.9℃、雪も降らずに曇り時々晴れ、こんな時期にこの陽気で良いのでしょうか・・・?
今朝も霜が降りて凍ったような地面でしたが、自転車通勤できましたよ・・・!

 ようやく仕事にも身体が慣れて来ましたよ、自然と小まめに動くことが出来るようになりました。
このお正月休みに洗い物等家事手伝いをした私ですが、〔あかぎれ〕が大きく崩れて来ました・・・。
もともと私にはアレルギー性皮膚炎があります、それでもほとんど皮膚に出なくなっていた矢先のことです。
左親指の関節部分に大きなものができました、放って置いたら皮膚から血が出るようになってしまいました。

ここで女房の治療薬は『熊の膏〔あぶら〕』です。
よく火傷には馬の膏と聞いていますが、この『熊の膏』は熊が怪我をしたときに自らの膏を塗ってその傷口を癒すと云われる貴重なものです・・・。
2日前位から女房に毎日塗ってもらって、テーピングしていたら皹の傷口も本当に小さくなって来ましたよ・・・!

 めったに採れない熊の背膏をとある方から譲ってもらったとのこと、これは効きますよ・・・。
私の娘も何年か前から炊事・洗濯等により指先が酷い肌荒れを起こしていましたが、この油を塗ってから全く肌荒れを感じなくなったと、この正月に話していましたよ・・・。

 今日は母の入浴介助、女房が一緒に母と風呂に入って洗ってあげて着替えさせるまでの時間に、私は台所の食器を洗いました。左親指の関節部分をテーピングしていましたが、痛みも感じないうちに片付けは終了しました・・・。

世の中の干支には存在しない熊ですが、その生命力の強さには納得できます。

〔今日の写真は「飯豊連峰雪景色」です。〕
飯豊連峰雪景色
※3年前の2006年元旦撮影です、もちろんblogでは初公開の写真ですよ・・・。
飯豊山に絡まるような雲の形が、また面白い・・・。

今朝はとても冷え込んで寒かったですね、それでも日中は晴れてくれました・・・!
今日の最高気温4.8℃、最低気温-4.7℃、数字ではこんなですがもっと寒かったように感じます。
ただ雪が降らなかったぶん儲けたような天候です・・・。
雪国なのにこの時期、自転車で通勤できることって、とても幸せですよね・・・。

 今日は会社の『仕事始め』、平年よりも3日間長いお正月休みでしたので、身体の動きがイマイチです。
午前中はちょっとダルかったですが、午後からは徐々に身体も慣れて来ましたよ・・・。
女房の会社は今週一週間お休みです、少しでもリラックス出来たらと思うのですが、家事やら介護で精一杯の毎日になるのではと心配でした。

 それでも、昨日録画した吉永小百合さん主演の話題作『母べえ』を鑑賞したとのことです、それを聞いて私はホッとしました。たとえ僅かな時間でも日常の雑多なことを忘れてシネマの世界に没頭できるのなら、それは結構なことです・・・。

  そんな話を仕事から帰って聞いた私は、ホッとしましたよ・・・!

〔今日の写真は「孫の初めての雪片付け」です。〕
孫の初めての雪片付け
※孫はとても雪遊びが気に入ったようです、サポートする女房も一緒になって大はしゃぎでしたよ・・・。
普段は家の中での遊びが多い駿君だと聞いています、どうか冷たい雪も遊び方次第では温かくなることを学んで欲しいと、思った一コマです。

今日は曇りの一日、ときおり陽が射すこともありました・・・。
今日の最高気温4.3℃、最低気温-5.4℃、気温は低いのですが雪は降りませんでした。
お陰様で、この正月に降った雪はブルトーザによる除雪はあったものの、大したことはありませんでした。

 長いようであっという間に過ぎ去った9連休のお正月休みも今日で終わりです。
このお正月、東京の孫達夫婦が揃って帰省したのは何年振りでしょうか、ありがたいことです。
孫も喜多方の雪遊びが気に入ったようで、「また、喜多方へ行きたい」と携帯のテレビ電話で話ししていましたよ・・・!

 最近では使わない言葉になったんでしょうか、「カウチポテト」と云う言葉・・・!
ポテトチップを食べながらソファー(カウチ)で寝転がり、ときにリモコンを片手にテレビを見ているといった、状態を表現する言葉ですが、今日の女房と私はただ寝っ転がって、映画の話題作を見ましたよ・・・。
I AM LEGEND』、“地球最後の男”が人類存亡を懸けた戦いに挑むSF大作、ウィル・スミス主演です。
映画を観ているときは女房も私も、家事のことも・介護のことも忘れて映画に没頭しました。
 たまには、こんなことも良いんですよね・・・。

明日からまた仕事に励みましょうか・・・!

〔今日の写真は「雄国山麓新年の輝き」です。〕
雄国山麓新年の輝き
※本来なら新年に撮影した写真をアップするところですが撮影する機会がありませんでした。
昨年1月2日のものです。

今日は晴れ、とても暖かな一日でした・・・!
今日の最高気温4.0℃、最低気温-5.4℃、こんなに気温が低くても洗濯物の乾きは良かったですよ・・・。

 お正月も三日目となりました、東京の孫達が帰ってからの我が家はひっそりとしたお正月に戻りました。
旧年中に飾るはずの「羽子板飾り」とか、「七福神の飾り」を、女房は今日飾りました・・・。
確かに東京からの客人3人を雪国に迎えるとなれば、女房はヒータ、床に敷くカーペット、そして布団やらの世話で大忙しでした・・・!
もちろん私も手伝ってはいるのですが、そこのところは女親とは違って心配りが足りません・・・!

 今日は明るい内にお風呂に入ろうと云うことで、午後の3:00頃からお風呂を沸かして私から順番に入浴しました。
もちろん母の入浴には女房が全面介護、自ら裸になりながらも母の身体を綺麗に洗って入浴させて新しいパジャマに着替えさせてから、私にナースコールのチャイムを鳴らしました。
母の手を掴んで部屋の寝床まで連れて行ってとのコールでした。

 認知症になったとはいえ、母にしても明るい内に暖かいお風呂に入れるのはとても気分が良いものです。
父も今日は素直に入りました。
多分女房はかなり疲れたとは思いますが、そんなことを口にする彼女でないことは私が十分に知っています・・・。

お風呂好きな女房は母を入浴させてからは自分なりに楽しんで来たようですよ、そんなことが私には心の救いでした・・・!

〔今日の写真は「七福の神々」です。〕
七福の神々
※寿老人、恵比寿、福禄寿、弁財天、毘沙門天、布袋、大黒天、と七福の神々様が並んでいます。
お正月松の内に何とか飾ることが出来ました。

今日は曇り時々雪の一日・・・。
今朝方未明からの除雪ブルトーザの音で眼覚め、雪が積もったことを知りました・・・。
今日の最高気温2.3℃、最低気温-3.2℃、積もった雪はフワフワな軽い雪でした。

 今日は朝ご飯を食べてから雪片付けをしました、積雪20cm程度です。
孫達夫婦が今日は東京へ戻る日です、早めに車庫前の雪を片付けました。
20cmと云えば凄い大雪のように思われますが、何処かが違うのです。地表全体が暖かいように感じました。
孫には都会で出来ない雪遊びをしてもらうために、私の雪片付けも簡単に済ませました。

 孫の駿君は女房が押す『スノーダンプ』に乗っかって、そうソリ遊びのような感覚でとても大喜びでしたよ・・・!
アノラックにken爺こと私の襟巻をオジサン巻きにして颯爽と登場です。
孫は東京でも雪は見たことあると思いますが、雪遊びは全く経験は無い筈です・・・。
それはそれは『冬の田舎の遊び』を満喫したことは言うまでもありません。

後から聞いた話ですが、女房が風邪をひかせてはならないとの配慮から、襟巻で保温したとのことです・・・。

孫達家族は今日の午前中の電車で東京へ帰って行きました。風邪もひかずに田舎暮らしの3泊4日の旅も無事に終えたようです。
 そんな訳で、彼等が帰ってからの我が家は火の消えたような“沈黙の世界”に再び戻ってしまいました。

〔今日の写真は「孫のソリ遊び」です。〕
孫のソリ遊び
スノーダンプは雪国特有の雪片付けの道具です。
孫のお尻が濡れないように底に新聞紙を敷いてダンプを押す女房の笑顔、とても良かったと思っています。
孫の駿君も雪と戯れる良い機会でしたね、都会では出来ない遊びです、また来てね・・・!
冷たい雪も、遊び方次第ではとても暖かく感じられました。

今日は曇り時々雪の一日でした。
今日の最高気温2.3℃、最低気温-6.8℃、朝はかなり冷え込んだのですね気付きませんでした・・・!
除夜の鐘を聞いた後で、早速近くの出雲神社へ初詣へ出掛けて来ました。寝たのは午前2:00を過ぎた頃でしょうか・・・?

 皆様、新年明けましておめでとうございます。
皆さま方にとって平成21年が佳い年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。
どうか本年も当blogをご愛顧のほど重ねてよろしくお願いいたします。

 
今年は“丑年”です、会津には古くから縁起物の郷土玩具として『赤べこ』と云う張子人形があります。
独特の工夫によって頭は胴体内に差し込まれ、振り子のようになっており、愛嬌のある顔に触れると上下に左右に振り子運動を繰り返しユーモラスな動作がしばらく続くようになっています。体色の赤は魔避けの効果があると謂われています。

今から時代を遡ること1200有余年、柳津町の円蔵寺に徳一大師が虚空蔵堂を建立する際、上流の村から大量の材木が寄進されました。
しかし、水量が豊富な只見川から材木を運搬することは決して容易ではない仕事だったのです。
人々が材木を運ぶのに難儀していると、どこからか牛〔べこ〕の群れが現れ、材木の運搬を手伝ってくれたそうです。重労働で多くの牛が倒れる中で、最後まで働いたのが赤色の牛だったといわれています。

〔今日の写真は「あかべえ」です。〕
あかべえ
※ディスティネーション会津キャンペーン、あったんですまだ極上の日本が・・・、でマスコットキャラクターを務めたのが『赤べこ』をモチーフとした“あかべえ”です。
今日は洗濯物を干している間にふと思い付いて、遊び心で撮影しました。ストラップになっています。
女房と私がキャンペーン当時アンケートに参加して頂いたものですよ・・・!


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。