ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の喜多方は朝から雨の一日・・・!
今日の最高気温18.9℃、最低気温14.3℃、いよいよでしょうか寒くなるのは・・・。
今日は久し振りに徒歩で通勤しました、以前痛めた左膝の痛みも全く感じることなく、気持ち良く歩くことができました。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
日本は海洋国と言われています・・・。ですが、歴史的に見ればポルトガル人やスペイン人、あるいはイギリス人のように世界各地へ航海に出掛けることはほとんどありませんでした・・・。
江戸時代にとられた鎖国政策も背景になっていると云われていますが、だから日本で「海」といった場合は、海洋そのものを指すものではなく、海岸、または沿岸を意味することが多いとなっています・・・。

 そんな日本も長い海岸線を持っています。海を通じて南方や大陸からさまざまなものを受け入れてきましたが、種子島に伝わった鉄砲の例のように漂流・漂着した人々も数多く、受け身という意味での「海洋国」だったと聞こえてきます・・・。
その沿岸にある東京電力福島第1原発事故で放射性物質を含む汚染水が大量に流出しましたが、実際は「4月1日から」とする東電発表より早い段階から漏れていて、流出量も推計で東電発表の3倍以上となることが研究機関の調査で分かりました・・・。

 高濃度の放射性セシウム137などは海流の渦の影響で外洋にも運ばれたとみられています・・・。汚染は魚や海藻類だけではありません。海底の土壌からも高い数値の放射性物質が検出されています。漁を自粛したままの関係者にとってもつらい日々が続きます・・・!

今や日本は「漁業大国」です、そのうえに、海外からも水産物を大量に輸入し、消費を続けています。海の汚染に対する責任は重くのしかかります・・・。

〔今日の写真は「アサガオpart27」です。〕
アサガオpart27
※いよいよアサガオの花も貴重になってきましたよ、気温が低いせいか花は長持ちするようです・・・。
スポンサーサイト

今日の喜多方は晴れの一日・・・!
今日の最高気温25.2℃、最低気温6.9℃、日中は珍しく“夏日”を記録しましたが朝の冷えこみは大変ですね・・・。
私は朝の4時台には起床していますので、気温が徐々に下がってくるのが分かります。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
招き猫の記念日がきょうらしいのです。「くる(9)ふ(2)く(9)」で「来る福、招き猫の日」となります。一口に招き猫といっても、さまざまな形のものがあります。右前脚を挙げているのは金運を、左前脚は人を招き入れる、との意味が込められているとか云います・・・。金も人も、と両前脚を挙げた欲張りなネコも「いる」らしいのです・・・。

 地震に津波、原発事故、さらには豪雨や台風と、これでもかこれでもかと「」ばかりが続く本県・・・。次は何か、との心配が先に立ってしまうような状況ですが、そろそろ「吉」や「福」がやってきてもいい頃合いではないでしょうか・・・?

 大それた贅沢を求めるつもりは元々ありませんが、前脚をちょこんと挙げたネコに協力してもらって、本県を「3.11」以前の状態に戻したいと願うのは、私だけではない筈です・・・。

〔今日の写真は「ミズヒキ」です。〕
ミズヒキ
※タデ科ミズヒキ属の植物で、上から見ると赤,下から見ると白というわけです。4弁の花が咲きます。
しかし,全体的には目立ちにくい花ですよね・・・。

今日の喜多方は晴れの一日・・・!
今日の最高気温24.1℃、最低気温6.9℃、朝はかなり寒かったですよ・・・、それでも日中はポカポカの秋日和となりました・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
かすかす、がちがち、がりがり、くちゃくちゃ、ぐにゃぐにゃ・・・。これらの言葉は私達が物を食べたときの歯ごたえを表しています。
あっさり、こってり、まったり、くにゃくにゃ、とろとろ・・・。こちらは舌ざわりを表現したものです。食べ物のおいしい、まずいは、味によるほかにも口当たりやのどごしといった感覚も大きく影響しています。
わが国のうるち米は粘りがあり、もち米にはもちもちした弾性が加わります。穀類に粘りや弾性を求めるのはヒマラヤから中国南部を経て日本に至る地域に共通の好みで人々が長い年月をかけて作り上げてきたと云えます。

水と緑に恵まれた豊かな自然環境が本県の誇りです。このなかで人々は互いに知恵を出し合い、工夫をしながらおいしいコメ作りを進めてきました。
丹精込めたコメが今年も収穫の時期を迎えているのに農家の苦悩は一段と深いのです・・・。

東京電力福島第1原発事故による放射性物質の影響はコメにも及び、予備調査で一部の地域からは国の暫定基準値と同じ放射性セシウムが検出されました。
 問題がないとされたコメについても風評被害の懸念が高まります。コメの消費量は減ったとはいえ、今も全国のほとんどの家庭では夕食に米飯を食べており、依然として主食であることに間違いありません・・・、私たちの食文化の根本を揺るがしかねない原発事故の罪深さを思います・・・!

〔今日の写真は「アサガオpart26」です。〕
アサガオpart26
※段々と花の数が少なくなってきています・・・。

今日の喜多方は朝の霞がありましたが、その後“快晴”・・・!
今日の最高気温24.5℃、最低気温9.7℃、そう今朝の自転車通勤は寒かったのですが、日中は逆に暑くなりましたよ・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
お陰様で、今日は“喜多方地震”を体感しませんでしたが、もしも昨日のような大きな揺れがあったとするなら、“地震恐怖症”に陥ってしまいます・・・。
女房は忘れかけていた毎朝の地震チェックを始めるようになりました、テレビのデータ放送で・・・。

 ちょっと神経質な二人です、東日本大震災以降、心底から笑うこと何て無くなってしまったような気がします・・・。

〔今日の写真は「カラスアゲハ」です。〕
カラスアゲハ
※クロアゲハの一種ですよね、女房の力作です・・・。

今日の喜多方はドンヨリとした曇りの一日・・・!
今日の最高気温19.8℃、最低気温10.4℃、yahooの天気予報では晴れだったのでどうも裏切られたような気がします・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
ところで、今日は例の「喜多方地震」の連発、日中にもあったのですが17:20頃には北緯37.7度、東経139.9度のいわゆる北塩原村を震源地とした地震で、震源の深さ10km、地震の規模はマグニチュード4.1と発表されています。北塩原村が震度4で、喜多方は震度3でしたがちょっと嫌な縦揺れが長く続きましたよ・・・!

 少しずつ治まってきていたはずの喜多方地震ですが、いやー本当に怖かったです・・・。
たまたま私が自転車で帰宅して、自転車から降りて立てようとした矢先ですの出来事です・・・、地鳴りとか電柱の揺れとかを本当に身近に感じましたよ・・・!

〔今日の写真は「今日の夕暮れ」です。〕
今日の夕暮れ
※大きな揺れの後に部屋に戻って撮影しました、鳥達が羽ばたくような姿が右側鉄塔付近に映っていますよね・・・。
撮影時間は17:44と記録されています・・・。

今日の喜多方はもちろん秋晴れの“快晴”・・・!
今日の最高気温24.1℃、最低気温7.8℃、今朝は本当に寒かったですよ・・・。
朝の4:00台に目覚めてしまう習慣はここに来てブレーキです、とても寒い環境の中で今朝も起きてしまいました・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
昨日そして今日の天候は、本当の意味で“秋晴れ”です・・・。
そうなんです、昨日と今日にわたって2日間で我が家の“芝刈り”が完了しました・・・。
決してそんなに土地が広いわけではありません、真夏の疲れが出ている女房がメーンで芝を刈ります・・・。
ご免なさい私の役割は、竹箒で刈った芝草を集めて可燃ゴミの袋に詰める単純な作業です・・・。

 本当に気持ちの良い空に感謝です・・・!
そして予定した作業がこの2日間にわたって出来たことに感謝です・・・。

〔今日の写真は「アサガオpart25」です。〕
アサガオpart25
※空の碧とアサガオの碧、区別がつかない感じです・・・。

今日の喜多方は秋晴れの本当の意味で“快晴”・・・!
今日の最高気温22.1℃、最低気温9.9℃、いよいよ最低気温が一桁台に突入してしまいましたね・・・。
うーん、本当に天高く“馬も牛”も肥ゆる筈の季節(秋)なのですが、震災以降のストレスでそのような気持になれないのが本音です・・・!

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
東日本大震災以降、旅行者の落ち込みが深刻な東北地方の観光振興に向けて、国土交通省は23日、東北全体を博覧会場に見立てた「東北観光博」(仮称)を2012年度に開催する方針を固めました。必要経費を12年度予算の概算要求に盛り込みます・・・。
国や自治体、民間企業が連携してさまざまな取り組みを展開し、東北への集客を促すとともに、復興が進んでいる東北の姿をアピールするため海外も含めて統一的な情報発信を図る内容になっています・・・。
 
東北各県は、震災の直接的被害だけでなく、東京電力福島第1原発事故の影響で、同原発周辺以外でも修学旅行のキャンセルが相次ぐなど“風評被害”が広範囲に及んでおり、ホテルや旅館、飲食店などが大きな打撃を受けているのが現実です・・・。

 このほか概算要求には、災害が発生した場合、日本に滞在中の外国人旅行者へ情報提供を円滑にするなど、安心して旅行できる環境整備に向けた調査費を計上、激減している外国人客数の回復を目指し、国際会議の誘致を狙った海外プロモーションの経費も要求する予定です・・・。

〔今日の写真は「秋桜」です。〕
秋桜
※本当に久し振りに、ご近所のコスモスを撮影してみました・・・。

今日の喜多方は曇りの一日・・・!
今日の最高気温21.0℃、最低気温11.0℃、いやー本当に寒くなってしまいましたよ・・・。
風邪などひかないように体調管理には気をつけないといけませんね・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
一目会いたい、という思いが読む人の胸に迫ってくるのは野口英世の母シカが米国に滞在する息子に宛てた手紙です。
「おまイの。しせ(出世)には。みなたまけ(驚き)ました。
わたくしもよろこんでをりまする。~(中略)~ドカ(どうか)はやくきてくだされ。
いつくるトおせて(教えて)くたされ・・・」

手紙ではないが東京電力から福島第1原発事故の損害賠償請求の手続きのために送られた関係書類はどうでしょうか。被害者は分量の多さと手続きの難解さに戸惑い、悩みます・・・。
高齢者が自分で記入するにも大きな負担となります、同封された解説書は約160ページにも及ぶと云います・・・。
文字が細かく、難解な専門用語も交じっているといいます。着の身着のままで避難を続ける被害者たちの間から憤りの声が上がっているのは当然です・・・。

 短くても思いを伝える工夫もできるはず。文章がたどたどしくても真心がこもっていれば相手に届くこともあります。相手の身になって一字一字を選ぶ、それが血の通った仕事というものではないでしょうか・・・!

〔今日の写真は「ムラサキシキブ」です。〕 
ムラサキシキブ
ムラサキシキブ(紫式部)はクマツヅラ科カリカルパ属の低木で日本や台湾、中国に分布する落葉性の低木です。
秋に付く光沢のある紫色の実を平安時代の女流作家、紫式部に見立てたものです。

今日の喜多方は雨の一日・・・。
今日の最高気温22.1℃、最低気温14.7℃、台風15号の被害はこの喜多方にはありませんでしたが、今日の日中は結構強い雨が降りましたよ・・・。
そうです、この台風で被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
愛知県日進市で行われた花火大会で川俣町で製造された花火の打ち上げが中止されたことを受け、花火を製造した菅野煙火店は21日、町災害対策本部に花火の放射線量測定を依頼、検出された線量は火薬が本来持つ自然界にもともと存在する量とほぼ変わらない数値だったことが分かりました・・・。

 町災害対策本部によるとサーべイメーターを使用してベータ線を測定。検出されたのは、もみ殻に火薬を付けた「割り子」部分からは1.2Bq/c㎡、火薬の層でつくられる「星」の部分からは1.4Bq/c㎡で、火薬が本来発する量とほぼ変わらない微量と云うことでした・・・。

本当に煙火店さんがここまでやる気持、福島県人には十分に伝わってきますよね・・・!!

〔今日の写真は「アサガオpart24」です。〕
アサガオpart24
台風一過の今朝、何とか無事で沢山の花を咲かせてくれましたよ・・・。
こんなふうに飽きもしないで、アサガオの花一筋に撮っている私って変ですかね・・・?

今日の喜多方は雨の一日・・・。
今日の最高気温20.1℃、最低気温15.5℃、今日も肌寒い一日となりました・・・。
台風15号は首都圏を直撃、最大級の警戒を気象庁は呼びかけています、どうか皆さんくれぐれも台風の進路にご注意ください・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
愛知県日進市の花火大会で放射性物質の拡散を心配する市民の苦情を受け、実行委員会が川俣町で製造された花火の打ち上げを中止した問題で、同町は20日、実行委に抗議する旨の古川道郎町長名の要請書を郵送しました。

 同日、古川町長から連絡を受けた日進市の萩野幸三市長は、花火を製造した菅野煙火店と町に直接謝罪に訪れるとともに、適切な対応を進めていく考えを示し陳謝したといいます。
 川俣町には同日までに、町内外から「日進市の対応に憤りを感じる、悲しい」などという電話や電子メールが数十件寄せられました。また、愛知県民らからは「愛知県民みんなが同じ考えではない。代わって謝罪したい」というメールも届いていると云うことです。

同じ日本人ではないですか、どうか被災した人々の心を逆なでするようなことは絶対にしないでください・・・。

〔今日の写真は「アサガオpart23」です。〕
アサガオpart23
嵐の前の静けさといったところでしょうか、明日にはどうなっていることやら心配です・・・。

今日の喜多方は雨の一日・・・。
今日の最高気温17.5℃、最低気温14.8℃、今日は本当に寒い一日となりました・・・。
これだけ気温が低くなりますと、もう半袖では過ごせません・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
愛知県日進市で18日夜行われた花火大会で、放射性物質の拡散を心配する市民から苦情を受けた実行委員会が、川俣町で製造された花火の打ち上げを中止していたことが19日、分かりました。製造した煙火店社長は「本当に悔しい」と話しているほか、本県の被災者らの間に憤りや落胆の声が広がっています。

 打ち上げの中止を知った県内の被災者からは落胆や憤りの声が聞こえてきています。川俣町の仮設住宅に避難する同町山木屋地区の菅野吉次さん(60)は「花火で放射能が飛散すると思われるなんて、本当にがっかり。本当に悲しい」とため息をつきました。
会津若松市に避難する大熊町の木幡ますみさん(56)は「放射線量を調べて使ってほしいけど、(現地の人の)気持ちを考えるとしょうがない」と諦め顔でした・・・。

 聞いた話では震災以前に作られていた花火だということです、福岡県に次いで本当に“不愉快”な話です・・・!

〔今日の写真は「秋色シュウカイドウ」です。〕
秋色シュウカイドウ
※この花は本当に可憐な花ですよ・・・。

今日の喜多方は雨の一日・・・。
今日の最高気温25.2℃、最低気温18.9℃、昨日と比べれば8℃も最高気温が下がってしまいました、半ズボンから途中で長いジーンズに履き替えました。
明日も気温が低くなるようです、体調管理には十分注意しないといけませんね・・・!

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
アルコール依存症の患者と医師の会話のジョーク。医師「たくさん飲むんでしょうね」。患者「そうでもないんです。手が震えて、ほとんどこぼしてしまいますから」笑ってはいられません。アルコール依存症は怖い病です。ひどい時には幻覚も見るようになり、結果、人に危害を加えることも出て来ます。転落など過誤死にもつながりますが、その死因に「アルコール」の文字は一切出てきません。だから、依存症は軽く思われがちなのです。

 日本ほど酒に寛容な国はないともいわれています。トラブルが起きても「酒の席だから」で済ませてしまいます。酒は肝臓で分解されますが、健診で黄色信号が出ても”勲章”と笑って看過する人もいるようです。

 仮設住宅などで暮らす避難住民の中には「最近酒の量が増えた」と漏らす人も少なくないと聞いています。震災と原発事故で住まいと職を奪われ、慣れない土地でストレスがたまるのでしょうが、酒量の増加は心配です・・・。「飲まないとやってられない」と、こぼす人も多いでしょう。それでも飲み過ぎは禁物です・・・。
酒は飲んでも、のまれるな」。上手に酒と向き合い、健康を維持することが、古里に帰る大切な第一歩になるはずです。

かくいう私はニコチンを断ち切りましたが、最近酒量が増えてきています、他人事のように思えません・・・。

〔今日の写真は「アサガオpart22」です。〕
アサガオpart22
※今日は全体像を撮影してみました、まだまだ沢山の花が咲きますよ・・・。

今日の喜多方は曇りの一日・・・!
今日の最高気温33.8℃、最低気温20.9℃、連続10日間の真夏日となった喜多方ですが、今日の暑さは半端ではありませんでしたよ・・・。
真夏の日差しよりも身体に突き刺さるような感じがしました・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
県は17日、2011(平成23)年産一般米の放射性物質検査の本調査で、会津坂下、矢祭、喜多方、西会津、会津美里5市町の45点から放射性セシウムが検出されなかったと発表しました。会津坂下、矢祭は全ての調査地点でセシウムが検出されず、県は両町のコメの出荷を可能と判断しました。会津坂下町産米は20日、県内JAのトップを切って初検査が行われます。県が一般米の出荷を可能と判断したのは初めてのことです。

 出荷は、市町村に設定した旧市町村ごとの調査地点全てで、セシウムが食品衛生法の暫定基準値(1kg当たり500Bq)を下回った場合に可能となります。会津坂下は7地域17点、矢祭は3地域6点のコメを本調査し、出荷を判断しました。会津坂下はひとめぼれ、酒米の花吹雪、夢の香、五百万石の4銘柄、矢祭がコシヒカリ、ひとめぼれ、黄金もちの3銘柄が出荷できるようになりました。

うーん、この後も順調に出荷出来ると良いですよね・・・。

〔今日の写真は「アサガオpart21」です。〕
アサガオpart21
※2階ベランダ手摺の隙間から撮影してみました、地面までの高低差が分かるでしょうか・・・?

今日の喜多方は曇り後雨の一日・・・!
今日の最高気温31.1℃、最低気温21.0℃、今日はとても蒸し暑かったですよね・・・。
私のアレルギー性鼻炎も“究極”に達しました、鼻を水道水で洗って消毒もしましたが、なかなか効果は現れず・・・!

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
県は16日、コシヒカリなど主力品種の一般米の放射性物質検査(本調査)結果を初めて公表しました。喜多方市産米の4点から放射性セシウムは検出されませんでした。
この4点は、12~14日に収穫されたひとめぼれ(旧岩月村1点)と、ヒメノモチ(旧岩月村1点、旧熊倉村2点)。15日に郡山市の県農業総合センターに持ち込まれ、分析していました。
 一般米は、各市町村で出荷予定のコメの全ての結果が出そろってから、出荷の可否を判断します。同市は48点の検査結果が残っており、これを待つことになります。
セシウムが国の暫定基準値(1kg当たり500Bq)を上回った場合、市町村単位で出荷が制限されます。

 一般米の検査は、収穫前の玄米を調べる予備調査と、収穫に合わせて玄米の放射性物質をチェックする本調査の2回行われます。本調査の実施は10月上旬までの予定です。
昨日も書いたとは思いますが、我が福島県そしてとりわけ会津は米どころです、本当に2回の検査を無事にクリアーして欲しいと思っています・・・!

〔今日の写真は「今朝の朝焼け9/17」です。〕
今朝の朝焼け9/17
※久し振りに景色を撮影したものです、今朝の5:17に撮影しました・・・!

今日の喜多方は曇りの一日・・・!
今日の最高気温32.9℃、最低気温18.8℃、いやー今日も暑かったですよ・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
県は15日、収穫が始まった一般米の放射性物質調査の本調査を開始しました。10月上旬までに本調査を終えるとのことです。
初日は、喜多方市で収穫されたひとめぼれとヒメノモチの2品種4検体が郡山市の県農業総合センターに持ち込まれ、ゲルマニウム半導体検出器で分析を行いました。結果は16日公表する予定です。

 調査の結果、放射性セシウムが国の暫定基準値(1kg当たり500Bq)を上回った場合、旧市町村単位で出荷を制限することになります。
一般米の検査は、収穫前の玄米を調べる予備調査と本調査の二段構えになります。9月上旬から行っている予備調査では、ほとんどが不検出となっています。

何と云っても福島県は良質な米どころです、どうか放射性物質が検出されないことを心から願っています・・・!

〔今日の写真は「アサガオpart20」です。〕
アサガオpart20
※どうですかこれだけ纏まって咲いてくれると、とても嬉しくなりますよ・・・!

今日の喜多方は曇りの一日・・・!
今日の最高気温33.5℃、最低気温20.4℃、今日も真夏日の気温更新です、本当に暑い喜多方です・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
農地から放射性物質を取り除く農林水産省の除染技術の実証試験で、表土を剥ぎ取ることで農地の放射性セシウム濃度が4分の1以下になることが分かりました。
14日、同省が試験結果を発表しました。土1kg当たり5,000Bq以上の農地8,300haについて、国が主体となって除染に取り組みます。二次補正の予備費を充当し、低濃度の一部農地で除染を行う予定です。本格実施に向け、必要経費を三次補正予算案に盛り込む方針です。

 表土の剥ぎ取りは75~97%の放射性物質の濃度減少が確認できました。最も効果があったのは芝・牧草ごと土を剥ぎ取る方法で、放射性物質セシウムの濃度が作業前の3%まで減りました。
同省は濃度ごとの効果的な手法もまとめました。濃度5,000Bq以下の農地では、農地を30cm以上深く耕し、放射性物質に汚染された表土を埋め込む「反転耕」を勧めています。残土が出ない利点があるといわれています。5,000~10,000Bqの地域では剥ぎ取り、反転耕の他、水田では土と水をかき混ぜた後、泥水を吸い上げる手法を提案しました。10,000~25,000Bqは剥ぎ取りが必要で、25,000Bqを超える地域では、固化剤を使った上で5cm以上の剥ぎ取りが適当としました。
 
農水省は年内にも県内のさらに広い農地を使って実証実験を始め、農地の面積ごとの作業上の課題などを検証します。年明けにも、水稲の作付けが制限される1kg当たり5,000Bq以上の農地で除染作業に着手します。今後、避難区域解除などを考慮し、実施地域について県や市町村と協議します。県やJAに除染技術のマニュアルを伝え、5,000Bq未満の農地の除染も進めます。

 ただ、県の濃度5,000Bq以上の全農地の表土を剥ぎ取ると、約300万tになり、東京ドーム2~3杯分に達する計算。同省はコンクリート製容器で土を覆うことによる一時保管を推奨していますが、場所の確保など残土の処理が課題になってきます。

 また、同省はヒマワリなど植物によるセシウムの吸収は効果が小さく、「普及の段階ではない」と結論付けました。

〔今日の写真は「アサガオpart19」です。〕
アサガオpart19
※しっとりとした良い色を醸し出してくれていますよね・・・。
アサガオは日没後10時間程度の時間をおいて、咲くのだそうです・・・、今朝のラジォで知りました。

今日の喜多方は曇りの一日・・・!
今日の最高気温32.8℃、最低気温19.9℃、連日の真夏日を憂い、それでも急に涼しくなってしまうのも悲しいよね、複雑な気持ちです・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
野田佳彦首相は13日、衆院本会議で就任後初めての所信表明演説を行いました。
「東日本大震災の復旧・復興と原発事故の収束」「日本経済の立て直し」の2つを政権の最優先課題に挙げ、「この歴史的な国難に立ち向かう」決意を表明しました。
原発事故の収束に関しては「国家の挑戦」と位置付け、本県の復興では「福島の再生なくして、日本の信頼回復はない」と再度言明し、被災者への賠償や仮払いなどの早急な取り組みを約束しました。

「福島に生まれて、福島で育って、福島で働く。福島で結婚し、福島で子どもを産んで・・・中略・・・福島で最期を過ごす。それが私の夢なのです」という本県高校生の創作劇のせりふも紹介しました。8日に野田首相が来県した際、佐藤雄平知事から手渡された全国高校総合文化祭のDVDを見て、引用したという、県民感情にも配慮しながら懇切丁寧に訴えた、と云えましょう。

 それでも、どこか心に響かない、何となくすっきりしない・・・、そんな消化不良の感覚が残ったような気がします。
大震災の復興や社会保障の財源確保では、現代の世代で負担する姿勢を明確にしましたが、具体論に欠けました。日本再生の道筋も見えません。放射性物質の除染についても「国の責任で取り組む」としながらも、より詳細なプランは出て来ません。「言うは易[やす]く行うは難し」では困ります。

〔今日の写真は「アサガオpart18」です。〕
アサガオpart18
※毎日アサガオの写真で恐縮です・・・。
いよいよ2階の手摺までアサガオに占領されてしまいました、実に逞しい生命力を感じます・・・!

今日の喜多方は曇りの一日・・・!
今日の最高気温32.2℃、最低気温20.1℃、今日も真夏日の暑い喜多方です・・・。
私のアレルギー性鼻炎、昨日から水道水で鼻を洗いながら鼻炎薬を使用したら、今日の午後まで何とか持ってくれました・・・。
私は泳げない人間ですから、鼻を水で洗うなんてことを考えたことはありませんでした、昨日の夕方の行動は良かったように思っています・・・!

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
相馬市の相馬原釜漁港から水揚げの活気が消えて半年が経ちます。地元の相馬双葉漁協は、8月中に予定していた刺し網の試験操業と今月解禁の底引き網の出漁を見送りました。

大津波直前、多くの漁師が沖合に船を避難させました。港は復旧が順調に進み、ヒラメやスズキが旬を迎えています。これからズワイガニ漁など書き入れ時となりますが、「捕っても売れない」と諦めムードが漂っています。原発事故による放射性物質が検出された魚介類は約85種に及んでいます。

 いわき市の小名浜漁港には8月下旬、震災後初めてカツオが水揚げされました。宮城県の900km沖が漁場で、放射性物質は検出されませんでした。
漁師の「復興への第一歩に」との願いは届かず、東京・築地市場の取引価格は例年の3分の1程度に落ち込んでしまいました。魚は水揚げ場所を産地とします。「福島産」への消費者の不安を取り除くのはいばらの道です。
 
県内漁協と県は近く、測定器を各市場に配備します。大半の魚種は安全基準を満たしています。手間は掛かるが、きめ細かな検査で、風評被害を少しずつ取り除いていくしかありません。近海で捕れる魚が安全と分かれば漁再開にもつながるはずです。漁業者の頑張る姿は港町復興の道しるべとなります。

〔今日の写真は「アサガオpart17」です。〕
アサガオpart17
※どこまでも伸びるアサガオです。暑い屋根の上で元気に咲いてくれています。

今日の喜多方は晴れ時々曇りの一日・・・!!
今日の最高気温32.8℃、最低気温20.1℃、今日も真夏日の暑い喜多方です・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
突然ですが私の持病の“アレルギー性鼻炎”が最高潮に達してしまいました・・・。職場でティッシュペーパーのBox1箱を使ってしまいました・・・。
目も何かが突き刺さるような感じです、そう原因は分からないのですがアレルゲンに反応してしまったようです・・・。
一説にはイネ花粉ではと云ってくれる人もいましたが、もうイネが花粉を出す時期ではありませんし、稲刈り等が始まってもいません・・・。

 さて私を苦しめているのは何なのだろう、こんな状況で1日仕事をしてくるのは本当に大変です・・・。

〔今日の写真は「アサガオpart16」です。〕
アサガオpart16
※本当にアサガオって強い花ですよね、台風にも負けず元気に頑張って咲いてくれています。
2階の手摺越しに撮影しました。

今日の喜多方は晴れの一日・・・!
今日の最高気温31.8℃、最低気温19.9℃、今日も暑かったですよ、それでも風がありましたから何とか救われました・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
鉢呂吉雄経産相が10日、辞任しました。「放射能をうつす」という軽率な発言が理由だったと云われています。
福岡市で予定された本県食品の販売所は、批判の電話やメールが集中して開設が見送られてしまいました。この2つの出来事には放射線への“無理解”が共通しています。
 反対の理由は感情的に見えます。「食品を持ち込むトラックが放射能をまき散らす」、「危ない物を売るな」。復興資材を運ぶ車両はすでに各地を走っています。
商品は震災前の収穫物で作った加工品。念入りに検査し、安全を確認した品だけを並べます・・・。いくら丁寧に説明しても、苦情を述べる人の不安を抑え切れなかったと聞いています・・・。
 
 本県の土壌や食べ物は安全か・・・?!!国民の切実な問いに、政府も専門家も明確な答えを出せないでいます。自分や家族の健康を守ろうと考え、行動するのは当たり前です。ただ、不確かな情報に飛びつき、異なる意見に耳を傾けないままでは独善に陥ってしまいます。冷静な判断は望めないでしょう、「寛容さ」が求められているのに・・・。
 福岡市の市民団体は別の出店場所を探し、実現を目指すといいます。被災地に支援の手を差し伸べてくれる国民は大勢います。
善意に感謝し、自信を持って福島県民として生きていく、そのことこそ「明日へ」踏み出す力となるのではないでしょうか・・・!

 東日本大震災から6ヶ月の今日、あらためて今回の大臣の軽率な発言を、そして福島県に対して残っている“風評被害”の根強さを、考えるとき憤りの涙を禁じ得ないのは、私だけでしょうか・・・!

〔今日の写真は「ハナトラノオ」です。〕
ハナトラノオ
※ハナトラノオ(花虎の尾)は北米東部原産の宿根草、シソ科の植物です。
別名はカクトラノオ(角虎の尾)とも云います・・・。

今日の喜多方は曇りの一日・・・!
今日の最高気温32.0℃、最低気温18.5℃、さすがに今日の暑さには参りました。
女房と二人で家の中を片付けたり、外のアサガオの手入れをしたら大汗を掻いてしまいました・・・。病み上がりの女房には無理をされたら困ります・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
原発事故の周辺自治体を視察した鉢呂吉雄経済産業相が「人っ子一人いない、まさに“死の街”…」と感想を語ったといいます・・・。政府の判断で原発周辺20キロ圏内は原則立ち入り禁止の「警戒区域」に指定されています。違反すれば10万円以下の罰金、または拘留という罰則があります。人っ子一人いなくて当たり前ではないですか・・・!
予習が足りなかったのかどうか、避難住民の気持ちを逆なでする「死の街」という表現もさることながら、素人同然の感想には落胆しました・・・!

〔今日の写真は「アサガオpart15」です。〕
アサガオpart15
※アサガオの蔓も2階の手摺に届いたものですから、写真右上の雨樋までビニール紐を伸ばしました。
ここでgoalとしましょうか、それにしても凄い生命力です・・・!

今日の喜多方は晴れ時々曇の一日・・・!
今日の最高気温31.3℃、最低気温15.8℃、まだまだ残暑が厳しい感じがしますよね・・・。
お陰様で入院中の女房は、本日退院しました。過労による自律神経の乱れから『目眩』がひどくなったように感じました。
先ずは一安心ですが、無理は絶対禁物です・・・!

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
東京電力福島第一原発事故からの復興に必要な本県の経費は除染費用を除いて約2兆円に上る見通しであることが分かりました。7日までに県が試算したものです。県が最も多く掛かると見込んだのは「産業再生」の分野で1兆5780億円。県は復興基金の造成を視野に入れ、国との調整を進める方針です。

 県土の放射線量を下げ、県外に避難した県民も古里に戻る環境にする「帰る」、県民の命や健康を守る態勢を整える「守る」、雇用を確保し、産業を振興させることで県民が安心して生活できる「生きる」の3つのテーマに分けて試算されました。県が年内に策定する復興計画により、さらに経費は増える可能性があります。
「帰る」は県土の除染をはじめ、大気や水、土壌浄化の研究などの事業。除染費用はどの範囲まで除染が必要か不透明なため経費規模は算出できないのが実情です。研究費などで約809億円を想定しています。

「守る」の主な事業は放射線治療の拠点となる放射線医学・最先端診断治療センターの設置、県民の健康増進を目的とした県民健康管理調査で、費用として約1260億円を算出しています。
 最大の経費が掛かると見込んだ「産業再生」は「生きる」の分野に盛り込んでいます。このうち産業再生に1兆5780億円を投じ、再生可能エネルギー研究や関連企業の誘致などに充てたい考えです。県は復興基金を造成する方向で国に交付金の交付を求める方針です。

〔今日の写真は「アサガオpart14」です。〕
アサガオpart14
※暑い屋根の上で、本当に頑張って咲いてくれていますよね・・・!

今日の喜多方は快晴の一日・・・!
今日の最高気温27.8℃、最低気温12.5℃、朝晩の冷え込みがかなり感じられるようになりましたね・・・。
昨日は女房が突然体調を崩して入院することになったので、急遽blogをお休みしました・・・!
女房の入院の準備、そして父のショートステイの準備等々で天手古舞いでした・・・!

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
ひと仕事を終えた職人さんか、漁師さんか、ねじり鉢巻きで気持ちよさそうに一服している。写真に添えて、〈今
日も元気だ たばこがうまい〉。専売公社のポスターを覚えています。
 日本実業出版社編・刊『秀作ネーミング事典』によれば1957年(昭和32年)に登場した広告文となっています。「世の中は澄むと濁るで大違い」と云いますが、半世紀が過ぎたいまでは濁点を一つ取って、〈今日も元気だ たばこ買うまい〉のご時世です。
小宮山洋子厚生労働相がたばこ増税を唱えました。現在の1箱(20本入り)約400円を700円ほどにしてはどうか、と云っています。
愛煙家を擁護しにくい時代であるし、たばこが健康に害をなすのはその通りとしても、やみくもに値上げすればいい、というものでもなさそうに思われます。
あなたの月収で毎日、700円のたばこが買えるかしら? お気の毒ね。でも、買えるだけの収入のないことが結局は、あなたにとって幸せなのよ・・・と、小宮山さんが言ったわけではありませんが、そう聞こえた人もいた筈です。
いささか“短兵急”な印象が残ります。たばこも、大臣発言も、残り香の良いほうがありがたいと思うのは私だけでしょうか・・・?
 かくいう私は、舘ひろしさんの『健康保険でたばこを止めました』のくちです、もう間もなく1年と1ヶ月になりますよ、月日が経つのは早いものですよね・・・。

〔今日の写真は「頑張れ太陽光発電・・・!」です。〕
頑張れ太陽光発電・・・!
※久し振りのモニター撮影となりましたね・・・。

今日の喜多方は雨時々曇りの一日・・・!
今日の最高気温27.8℃、最低気温20.4℃、今日はちょっと蒸れましたよね・・・!

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
台風12号が再び、会津の人々を不安にしました。南会津町で倒木が県道を塞ぎ、床上や床下浸水の被害が出ました。会津若松市では突風で民家の屋根が吹き飛ばされました。奥会津を襲った豪雨災害からまだ1ヶ月余りです。傷痕が癒えないうちに、また天災が悪夢のように降り掛かかりました・・・。

400年前の慶長16(1611)年夏、会津地方をマグニチュード7規模の大地震が襲いました。死者は約3700人、倒壊家屋約2万戸を数えたと云います・・・。
鶴ヶ城の天守閣も傾きました。会津盆地の出口付近は崩落した土砂で阿賀川がせき止められ、幻の湖「山崎湖」ができました。面積は10平方キロ超に及び、集落20数カ所が水没したと云われています。

 水抜き工事は難航を極めました。湖が消えるまで半世紀を要したと記録にあります。先人は幾度も困難を乗り越えてきました。天災には負けない、浜通りの人たちも闘っています。

行政の復旧工事も急がれます、再び美しい故郷を取り戻すまで・・・!

〔今日の写真は「アサガオpart13」です。〕
アサガオpart13
※台風12号に耐えてきた、我が家の南側のアサガオです・・・。
強い風によって葉っぱが痛んでしまいました、摩擦熱で黒ずんでしまった葉っぱは昨日綺麗に剪定しましたよ・・・!
今日はこんなに沢山の花が、縦一列に並びましたよ・・・!

今日の喜多方は曇りの一日・・・!
今日の最高気温29.7℃、最低気温25.3℃、日中吹く風はフェーン現象のような暑さ、いま入ってきている風はエアコンが効いたような涼しさです・・・。
我が喜多方は強風が吹き荒れた程度で、雨はほとんどありませんでした・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
ところで今回の台風12号により亡くなった方は19人、行方不明の方は51人と聞きました・・・。
和歌山県を始めとして豪雨被害が甚大であることを、今日一日のテレビの画面を通して知りました・・・。
大雨により川が氾濫する様は、7月30日の「新潟・福島豪雨」で72時間雨量が700mmに達した只見町の災害を大きく超えるような被害です・・・。
間違っていたらご免なさいね、奈良県上北山村だったでしょうか年間降雨量2700mmの2/3にあたる1800mmが3日間に降った雨量だと聞きました・・・!

 目を覆うような記録的な大惨事です、台風の被害により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます・・・。

〔今日の写真は「台風12号の朝焼け・・・!」です。〕
台風12号の朝焼け・・・!
※この写真は今朝の5:05に撮影したものです、雲の流れが南から北に流れていくのが分かれば良いのですが・・・!

今日の喜多方は曇りの一日・・・!
今日の最高気温31.2℃、最低気温25.5℃、台風12号の影響で“熱帯夜”となった喜多方です、もちろん日中は“真夏日”となりました・・・。
僅かな雨は降りましたが、ほとんどは強い風とフェーン現象による気温の上昇となりました・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
台風12号はゆっくりと北上して岡山県に再上陸したと、ちょっと前のラジオのニュースで聞きました・・・。
どうか災いが少なく治まるよう・・・、心からお祈り申し上げます・・・。

 今年は“東日本大震災”を始めとしたいわゆる、「国難」と云う言葉を良く耳にします・・・!
テレビを見ていても“記録的な大雨”と云う言葉がそのまま聞こえてきます、本当に怖い言葉です・・・。

地震そして大雨に関しても、簡単に過去の記録を塗り替えてしまった日本です・・・。
どうか岡山県の皆さん、この時期を無事に乗り越えられることを心からお祈り申し上げます・・・!

〔今日の写真は「アサガオ危うし・・・!」です。〕
アサガオ危うし・・・!
※これは我が家の南側に作ったアサガオ棚です、今日の強風でかなり崩れましたよ・・・。
この写真は何日か前に撮影したもので恐縮ですが、そう台風で痛んだ写真なんて可哀想で、アップできません・・・!

今日の喜多方は雨のち曇りの一日・・・!
今日の最高気温30.4℃、最低気温22.6℃、台風12号の影響でしょうか強い雨になったり風が強かったり、フェーン現象が起きたりと、ころころ変わる天候でした・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
つい最近疲れ気味であることを書いたと思いますが、今日の私は年休を取って会社をお休みしました・・・。
3ヶ月に1回の定期通院を終えた後は、女房と一緒に“蔵の湯”に出掛けてきました・・・。
そうなんです、今日は親父のディサービスの日ですから、こんなことが出来るのです・・・。

ゆったりと温泉に浸かって日頃の身体の疲れを取りました、本当に私達に出来るささやかな幸せのひとときでした・・・。
その後は喜多方ラーメンの昼食を摂りましたよ・・・!

〔今日の写真は「台風なんかに負けるな・・・!」です。〕
台風なんかに負けるな・・・!
※本当に屋根の上まで伸びたアサガオの蔓の絡まる力です、もう間もなく2階のベランダの手摺に届きます。
台風の影響がなければ良いのですが・・・!

今日の喜多方は曇り時々雨の一日となりました・・・!
今日の最高気温28.3℃、最低気温21.6℃、台風12号の影響もあってかほとんど雨の一日となりましたよ・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
県の7月1日現在の住民基本台帳に基づく推計人口は199万7400人で、昭和53年6月以来、33年ぶりに200万人を割りました。県が31日発表しました。県統計調査課は、東京電力福島第一原発事故に伴う放射性物質の影響を懸念し県民の県外避難が依然、続いていることが大きな要因と分析しています。
男女別内訳は男97万120人、女102万7280人。総数は東日本大震災と原発事故が発生する前の3月1日時点と比べると、2万7001人減少しました。過去最多だった平成10年1月の213万8454人からは14万1054人減っています。

 推計人口は昨年10月1日の国勢調査の確定値を基準に、市町村に届け出があった住民票などから集計しています。このため、住民票を移さずに県外に避難した県民も含まれており実際に県内に居住している数は推計人口を下回る可能性があります。
県災害対策本部の調べでは、8月11日時点の県外避難者は5万1576人となっています。

〔今日の写真は「アサガオpart12」です。〕
アサガオpart12
※今年も本当に良く咲いてくれています、暑いときには朝昼晩の3回水を遣りましたよ・・・。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2011 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。