ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の喜多方は久し振りの快晴の一日・・・!
今日の最高気温25.9℃、最低気温8.9℃、朝に聞こえてくるカッコーの鳴き声はとても清々しいものですよね・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
 地域には、先人の足跡が有形、無形の文化財となって伝わっています。中でも、価値が非常に高い財産は国の重要無形民俗文化財に指定されて、保護、継承されてきました。千年以上の伝統を誇る相馬野馬追もその一つです。昨年は大震災の影響で規模を縮小して開催されましたが、今夏は南相馬市原町区の雲雀ケ原祭場地で呼び物の神旗争奪戦などが行われる予定といわれています。相馬氏の始祖「平将門」が始めたという野馬追は、これまでも幾度となく開催の危機がありました。伊達藩からの脅威や飢饉(ききん)は名君賢臣による国造りで乗り切りました。1868(明治元)年は戊辰戦争で中止になりましたが、翌年に略式で実施。明治5年に廃藩後初めて開催されました。終戦の年に公園でささやかな野馬追行事を行っていたところ、米軍機の攻撃を受け逃げ回ったこともあったとか・・・。

 終戦後は進駐軍の指示で騎馬武者の帯刀が許されず、軍者は総括と名称を変えられたと云われています。津波や原発事故も開催に大きな影響を与えました。7月28日から始まる今年は、例年に近い規模に戻そうと雲雀ケ原祭場地を除染しました。北海道に避難していた馬も戻るなど関係者の努力が続いています。元禄時代に「古来まれなり」と例えられた相馬野馬追。
今年の行事は6月に確定しますが、年ごとに課題を克服して相双の夏に戦国絵巻を再現させて欲しいと願っています・・・!

〔今日の写真は「ジャーマンアイリス」です。〕
ジャーマンアイリス
※その名のとおりドイツアヤメとも云われています。
スポンサーサイト

今日の喜多方は曇りのそして夜に雨・・・!
今日の最高気温22.4℃、最低気温11.3℃、わりと気温は低めに感じられました・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
 相手は、どう思ったでしょうか。断った後で振り返ると・・・。違う言い方はできなかったのでしょうか。表情や口調に工夫が足りなかったのでは・・・。大概は、その場の雰囲気に流されて首を縦に振ります。
 19歳の男子学生が飲酒による急性アルコール中毒で24日に亡くなりました。北海道の大学運動部に所属し、学内でバーベキューをしていたそうです。先輩がついだ酒を、一年生は残せない規則があったということです。集団の中にいると、あしきルールに気付かない場合があります。まして新入生です。断れば「空気を読め」と言われかねません。結果、最悪の事態を招きました。

 経済評論家の勝間和代さんは、かつて「究極の優等生」として働いていました。素直に淡々と長時間労働をこなしました。そのうち心身に不調を覚えます。仕事を断る回数を増やしました。逆に自分を磨く時間が増えました。専門家の道が開け、独立しました。思い付きで指示を出す上司が、中にはいるかもしれません。行動に対する自分の軸を持つ大切さを説いています。
 「断る」は、時に大きな力を発揮します。一方、どこか融通の利かない響きもあります。むやみやたらに口に出せば、人との付き合いはささくれ立ってしまいます。使用上の注意は慎重さでしょうか・・・?

〔今日の写真は「ダイアンサス」です。〕
ダイアンサス
※今年も咲いてくれました、植えてから9年になりました。

今日の喜多方は曇り時々雨の一日・・・!
今日の最高気温22.9℃、最低気温11.8℃、ところによってはこの前のような大嵐になると云う予報でしたが、本当に災難を免れたような感じです・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
ダイエットに効く」と糸こんにゃくや、しらたきがブームだとか・・・。肉中心の食生活で糖尿病や肥満が社会問題化しているブラジルでのことですよ。富裕層が多い大都市のサンパウロなどで「低カロリー、痩せる」などと人気だそうです。ただ、熱しやすく冷めやすいといわれるブラジル人です。一過性のブームで終わる可能性もあるとの見方を共同通信が先月に伝えてきました。
 さて、その後の人気はいかに・・・?ともかく、糖尿病は世界で古くから知られていたました。「患者は多くないが不思議な病気。長い時間をかけて体がむしばまれ、精神までも尿に流れ出す」とは古代トルコの医師が診た症状だと云われています。日本でも「飲水病」とか「口渇病」などと呼ばれ、平安時代の実力者“藤原道長”も患ったそうですよ。道長は50代に入るとしきりに水を飲みました。視力もかなり落ちたことから、糖尿病性白内障が進んだのだろうと医療史に詳しい酒井シヅ氏が「病が語る日本史」(講談社)に書いています。生活が豊かになり国内の患者は急増しました。厚生労働省によると、今や40歳以上の男性3人に1人、女性4人に1人は患者か予備軍です。糖尿病は自覚症状はありませんが、放置すると深刻な合併症を引き起こします。
 
 早期発見、早期治療が欠かせないところです。予防も大事です、適度な運動を行い、過食を見直すことは、糖尿病だけでなく、他の生活習慣病にも当てはまる健康管理法です。
 
〔今日の写真は「クレマチスの花芽」です。〕
クレマチスの花芽
※我が家のは多分珍しい種類なのかもしれません・・・?

今日の喜多方は快晴の一日・・・!
今日の最高気温27.3℃、最低気温7.8℃、久し振りに“夏日”復活しましたね、外にいると結構暑く感じられました・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
毎日朝晩のウォーキングは欠かさず行っている私です、昨日今日と16,800歩台に突入しました。慣れてくれば1回当たりの歩数は8,500歩(約1時間10分)程度になりましたかね・・・。
私が歩いているところの田んぼはすっかり田植えが終わり、稲がしっかりと土に根付いた感じがします。

 清々しい朝の空気を十分に吸ってひたすら歩く姿は、そうだよね60歳よりは若く見えるかな、ジーンズのウェストを二穴のベルトできつく締めて歩いています。何故かって、そうなんですよ体重コントロールでウェストが細くなってジーンズが緩くなったからですよ・・・!

〔今日の写真は「“長ちゃん”カボチャの新芽」です。〕
“長ちゃん”カボチャの新芽
※とても美味しいカボチャでしたので、種を取っておいて撒きました。いよいよ畑に植える時期近しですかね・・・。

今日の喜多方は曇りの一日・・・!
今日の最高気温22.9℃、最低気温12.0℃、寒くもなく暑くもない感じの気温でしたね・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
「太陽のリングが見えなかった」と、購入した日食メガネを捨ててはいけません。21日の金環日食に続き6月6日にもう一度、太陽を見上げる機会が来ます。地球と金星、太陽が一直線上に並びます。
 次に訪れるのは105年後という「一生に一度」の現象です。郡山市のふれあい科学館は観察会をJR郡山駅前西口広場で開きます。金環日食の日は同じ会場に大勢の市民が集まりましたが、雲に阻まれて部分日食がわずかに確認できただけでした。担当者は「今度こそ晴れて」と願います。
金星は「宵の明星」「明けの明星」などと呼ばれ、昔から親しまれてきました。直径は地球とほぼ同じで、月の約4倍もあります。ただし、地球からの距離が月と比べてはるかに遠いため、月のように太陽のほとんどを覆い隠すには至りません。太陽の表面をほくろのような黒い点がゆっくりと動きます。点が小さいため、雲一つない天候が観察できる条件と云われています。
 
 普段は夜にしかお目にかかれない金星が午前7時10分に太陽と重なり始めます。6時間37分かけて横切ります。
少しずつではありますが歩みを止めずに進む姿は、どこか復興へと向かう道と重なります。金星は、月とはまた違った感動を与えてくれる筈です・・・!

〔今日の写真は「シラン」です。〕
シラン
※ちょうど良い感じの見頃です・・・。

今日の喜多方は曇りのち雨の一日・・・!
今日の最高気温20.1℃、最低気温13.3℃、気温も雨のせいで低めとなりましたね・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
今日は女房の実家の苗床に使用したビニールハウスのビニールの撤去作業をしました。田植え手伝いは実質2日間で終わりました。
 床に敷いたビニール、そしてハウスの囲いに使用したビニールを丁寧に3人掛かりで折りたたみました。きちんとたたんで袋にしまえば、来年使用するときに使い易いですよね、農業の基本はここにあるような気がしました。
もちろん兄貴の几帳面さが表れるところです、先ずは良かったね無事に今年の田植えが終わって・・・!

 今年ほど稲の種蒔き苗床設置そして田植えまで一連の作業を無事に行うことが出来て本当に良かったです、膝が悪い兄貴の少しでも手助けになれたことが・・・!

〔今日の写真は「オオアマナ(大甘菜)」です。〕
オオアマナ(大甘菜)
※ユリ科オーニソガラム属(オオアマナ属)の宿根生多年草です。

今日の喜多方は晴れ時々曇りの一日・・・!
今日の最高気温25.6℃、最低気温10.4℃、爽やかな“夏日”となりました、カラッとした気温です・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
73歳になる山梨県の渡辺玉枝さんが世界最高峰エベレスト(中国名チョモランマ、8848m)登頂に成功です。自身が持つ女性最高齢記録を10年ぶりに更新しました。冒険家の三浦雄一郎さんは2003年に当時世界最高齢の70歳で成功。2008年に75歳で2度目の登頂を果たしました。北アルプスでは高齢者らの遭難が起きているが、どんな山でも綿密な調査、体力づくりをはじめとする入念な準備を怠ってはなりません・・・。

 エベレスト登頂を終えた後の渡辺さんは、過去の登山者らが残したごみの清掃を兼ねて下山ルートをたどるととのことです。人間を受け入れてくれた“山の神々”への感謝の気持ちなのでしょうね・・・。謙虚さも忘れてはなりません。女性で世界初のエベレスト登頂者は三春町出身の田部井淳子さん。田部井さんは登頂を契機に山岳環境問題に取り組み、NPO法人「日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラスト」の代表として活動を続けています。青少年に対する環境教育にも力を入れる同法人は7月21日から3日間、被災地支援事業として高校生を富士登山に招きます。日本山岳協会と県山岳連盟などが協力し、装備も無料で貸し出すとのことです。定員40人。仲間との行動です。判断力、忍耐力に加え協調性も求められます。

 日本一の山への挑戦は自分を見つめる機会となるでしょう。得るものもきっとあるはずです、古里の明日を考えてほしいところです・・・!

〔今日の写真は「ミヤコワスレ」です。〕
ミヤコワスレ
※順徳上皇が佐渡に流されていたとき,庭に咲くこの花をみて,「今日からはこの花によって都のことを忘れることができる」と云ったのに由来するそうです・・・。

今日の喜多方は晴れ時々曇りの一日・・・!
今日の最高気温22.0℃、最低気温11.3℃、今日の気温は本当に心地良い感じに思いましたよ・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
21日は「金環日食ショー」に隠れてしまいましたが、二十四節気の一つの“小満”でした。秋まき麦などの穂が実るころと云われています。作物が順調に育つことにひと安心したことから、この名が付いたと云われています。ツバメが忙しく飛び回る時期でもあります。人とツバメとの関係は古いのです。麦畑の上を飛ぶ姿は古里の初夏を彩る風景でもあり、「高く飛べば晴れ、低いと雨」など天気を占う諺にも結び付きました・・・。麦畑は減ったがツバメも近年、全国的に減少が指摘されています。巣はカラスなど天敵を避けるため民家の軒下などに作られますが、洋風の家ではそれも難しいようです。えさとなる虫がいる水田や畑が減ったことも響いているとみられています。

 さらに懸念されるのが、東電福島第1原発事故で放出された放射性物質の影響です。旧ソ連のチェルノブイリ原発事故後に、ツバメの尾の変形や産卵数の減少も目立つようになったとの報告もあります。さらに環境省の発表では、第1原発近くのツバメの巣からは高濃度のセシウムも検出されています。そこで日本野鳥の会では、一般市民を対象としたツバメの目撃情報調査と、会員らに営巣状況や体の異常の有無を尋ねる詳細調査に乗り出しました。また山階鳥類研究所は、ツバメの巣の収集を行ったそうです。動植物の生態は環境の変化に左右されます。原発事故が拍車を掛けやしないか、とても心配なところです・・・!

〔今日の写真は「表面張力」です。〕
表面張力
※アルストロメリアの葉に朝露が・・・。 とても輝いて見えました。

今日の喜多方は晴れのち曇りそして雨の一日・・・!
今日の最高気温20.1℃、最低気温9.5℃、めまぐるしいお天気の変化のせいでしょうか気温もグンと低めになりましたよね、ちょっと風邪をひいてしまった私です。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
山菜には人の手で栽培された野菜とは異なる季節の香りや味わいがあります。ほろ苦さも自然からの贈り物です。採取するには約束事があります。まず、手当たり次第に採らないこと、そして切り取るのは自分が食べる分だけにすること。旬が過ぎたものは残しておくこと、翌年も山の恵みにあずかるためです。。互いに節度を守ることで資源としての山菜の枯渇を防いできました。
 だが、東京電力福島第1原発事故で基準値を超える放射性物質が検出され、山菜の出荷自粛を要請されている市町村も少なくありません。季節の味を求める人が途絶えた里山では旬を過ぎたワラビなどは長く伸び、大きなシダとなっていることでしょう。人々は里山に山菜だけでなく、燃料用のまきなども求めてきました。人が入ることで人間が住む地域と野生動物が生息する場所との緩衝地帯がつくられていました。

 山間地の過疎化などで環境が変わり、クマも人里近くに現れるようになったと云われています。山菜採り中にクマに襲われる被害も後を絶たないのですが入山者が減ったことでクマの行動にも拍車が掛かったのでしょうか。今年は例年より早い時期から県内各地で目撃情報が相次ぎ、件数は昨年の同時期を大幅に上回っています。動物の行動にはさまざまな要因が働いているのでしょうが、季節の贈り物を気軽に楽しむにはまず、放射性物質が消えることです。以前の古里の山に早く戻ってほしいと願っています。

〔今日の写真は「サクラソウ輝いて」です。〕
サクラソウ輝いて
※まだ立派に咲いていますね・・・。

今日の喜多方は晴れ時々曇りの一日・・・!
今日の最高気温25.8℃、最低気温11.7℃、今日も“五月晴れ”と書きたいくらいの、清々しい気温でしたよ・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
今日は「日本全国で金環日食」が観測できるとあって、我が家でも“太陽観察専用ソーラーグラス”を購入して観察しましたよ。日本では1987年の沖縄以来25年ぶりで、今回のように広範囲で見られるのは平安時代の1080年以来となり実に932年ぶりと云われていますから驚きです。ちなみに県内での観測は129年ぶりとなっています。
 我が家では当日の天候が気になっていたものですらソーラーグラスの購入は2日くらい前に行いました。ホームセンターでは既に売り切れ状態でしたので、機転を利かしてドラックストアに行ったら売っていましたよ・・・。
 今回の観測に興味を一番に示したのは女房です、何て云うんでしょうか自然現象に興味を持つことは本当に大事なことだと思っていますよ・・・。

 本日も田植え手伝いを行いましたので、実家の父ちゃんそして母ちゃんにも金環日食をグラスで見てもらいましたよ・・・。
お陰様で田植えは順調に進んで今日も5枚の田んぼの植え付けが無事に終了しました。そう私と女房は苗運びで160箱位運搬したでしょうか、指先に力が入らない状態になりましたよ・・・!

〔今日の写真は「日食が始まった・・・!!」です。〕
日食が始まった・・・!!
※金環日食をカメラでは危険で撮影できません、せめて太陽の光が落ちてきた状態を太陽光発電モニターでご覧下さい。
本日7:17撮影です。7:38に撮影したかったのですがそのときは既に田植えに出掛けたときでした。

今日の喜多方は晴れの一日・・・!
今日の最高気温27.1℃、最低気温8.6℃、本当に“五月晴れ”と書きたいくらいの、清々しい気温でした・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
そうなんです、今日から女房の実家の「田植え」手伝いです、女房と私が参加して5枚(1枚当たり3反田)の田植えが終わりました。

 農家の仕事は先ずは頭数で勝負の世界です、田植えをする人は一人ですから、いわゆる“丘周り”が大事なんですよ・・・。苗を軽トラックに40箱を積んで運んだり、ときには20kgの肥やしを田植え機械に運んだりで全身の運動になりました・・・!
いつものウォーキングを早朝の5:00頃に早めたものですから、夕方の田植えにはちょっと力尽きてしまいました・・・!

 明日もありますので、この辺で失礼します・・・!

〔今日の写真は「シンビジュームの切り花」です。〕
シンビジュームの切り花
※ようやく咲いた我が家のシンビジュームです、色んな鉢から切り取って花瓶に生けました・・・。丹誠込めた女房の努力に感謝しています・・・!

今日の喜多方は曇りのち晴れの一日・・・!
今日の最高気温22.6℃、最低気温7.7℃、久し振りの青空に清々しい感じを覚えました、これが喜多方、五月の気温ですよね・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
東日本大震災と原発事故が起きて以来、とかく心もふさぎがちになりますが、被災地に対して遠い宇宙からの応援メッセージが加わりました・・・。米の天文台チームが発見した小惑星に本県の「浜通り」と「中通り」「会津」の3地域が命名されました。背景には日本の天文学者らの依頼に米側が快く協力してくれたお陰です。「希望の星」に、一日も早い復興への願いを託したいところです・・・。
 宇宙からはもう一つの贈り物が届きます。県内で129年ぶりとなる金環日食が21日に観察できます。浜通りの大部分と中通り、会津地方の一部ですが、他の地域でも部分日食となります。目を守りながらの観察を心がけたいところです。「日蝕で陽(ひ)が全く見えなくなった」との記述が日本書紀にあります。55後に推古天皇が没しています。古代は凶事の象徴だった日食ですが、本県にとっては良いことの前兆となっています。

 皆既日食の通り道となった1887(明治20)年、明治政府の学術観測基地が置かれた白河は世界の学者からも注目されました。首都圏からの人々を輸送するため上野から黒磯までしか通じていなかった東北線を、急ぎ白河まで開通させています。果てしない広がりを持つ宇宙。そのなかで水と空気を持ち、多様な生き物がすむ地球という惑星の誕生は奇跡と云われています。宇宙に思いをはせることで奇跡の星に生まれた命の尊さもかみしめたいですよね・・・!

〔今日の写真は「カボチャの新芽」です。〕
カボチャの新芽
※この写真はこれから私達が育てるカボチャの新芽です。金山カボチャと長ちゃんカボチャの二種類の種です。
昨年女房と一緒に食べて美味しかったカボチャの種を取っておいて蒔きましたよ・・・!

今日の喜多方は雨のち曇りの一日・・・!
今日の最高気温14.8℃、最低気温12.2℃、4月上旬並の肌寒い気温となりました・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
背丈が縮んだり伸びたり、大地震に伴う地殻変動は山の高さにも影響を及ぼしています。国土地理院は震災後、避難区域を除く各地の三角点や水準点を測量し直しています。公表された結果によりますと、山頂とは必ずしも一致しないものの大滝根山(田村市・川内村)が22cm、鎌倉岳(田村市)が16cm、蓬田岳(平田村など)が12cm、安達太良山(二本松市など)が7cm沈みました。一方、博士山(柳津町など)は3cm、飯豊山(喜多方市)は11cm、帝釈山(南会津町など)は12cm、燧ケ岳(檜枝岐村)は5cm、八溝山(棚倉町など)は27センチ高くなりました。
 
 信夫山(福島市)や磐梯山(猪苗代町など)は変化がありませんでした。総じて阿武隈山地は沈降の値が大きくて、中通りから会津に移るに従って小さくなり、逆に隆起している傾向がうかがえます。地理院は「数センチの変化は測量上の誤差の範囲」ともしており「さらに長期的観測に基づく判断が必要」と云っています。
 山開きが県内各峰で続きます。20日には、安達太良山をはじめ博士山、片曽根山(田村市)で催します。低くなった山は、登りがほんの少し楽になりそうです。とはいえ、麓も同じ様に変動していれば、高低差は結局同じでしょうか・・・?

〔今日の写真は「我が家のスズラン群生」です。〕
我が家のスズラン群生
※今年は結構増えましたね、すごい生命力です。

今日の喜多方は曇り時々雨の一日・・・!
今日の最高気温21.5℃、最低気温9.8℃、気温的には清々しい感じでしたが、雷雨がこの前の嵐をちょっと思い出させる嫌な感じでした。一度ならず二度もありましたのでこの前と似ているような気がしました。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
江戸の町人は職人と商人が中心でした。このうち専門的技術によって物を製作し、収入を得る職人の仕事は100種類以上もありました。スイス人のアンベールは「江戸の職人は真の芸術家だ」と書き残しました。「自分たちはいかなる権勢にもおもねることなく、自分たちの力量で生活している」という実感があったそうです。細分化された職業が暮らしとともにありましたが、大量生産と大量消費時代の到来は作り手の姿が見えず、作り手も物の向こうに使い手が見えないという社会を招き、途絶えた職も少なくありません。

 今の日本には2万とも3万種ともされる職業がありますが、厳しい状況が続いている大学生の就職が好転の兆しを見せています。中小企業に目を向けない雇用のミスマッチが、ある程度解消したことも背景にあると云われています。一方で円高に東日本大震災が重なり、企業が新卒採用を絞り込む傾向も続いています。就職がうまくいかないことを苦にして自ら命を絶つ若者も増えていて、30歳未満の全国の自殺者は2年連続で150人を超えたということです。

 製品やサービスの提供を通じ、自分の仕事が社会に役立っているという実感が得られることは使い手や受け手の満足にもつながることです。そんな仕事に出合えるよう就活支援も充実させたいところです。

〔今日の写真は「オオデマリ」です。〕
オオデマリ
※スイカズラ科の植物です、女房の実家で撮影しました。この品種は「ジェミニ」というそうです。

今日の喜多方は曇りのち晴れの一日・・・!
今日の最高気温21.1℃、最低気温13.9℃、ちょっと遠慮がちな気温のように感じます、日本全国的には“夏日”を記録したところが多かったように聞いています・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
故事やことわざは、経験が積み重なって生まれた教訓や戒めでもありますが、特に怖いものを例えた「地震、雷、火事、おやじ」はよく知られるところです。「おやじ」については論議があるでしょうが、このところ上位三つの脅威が際立っていますよね。「地震」は昨年の「あの日」から社会そのものを揺るがし、国の行方を問い続けています。「」もかつてないような竜巻に変身して襲ってきました。そして、広島県福山市のホテル火災では紅蓮(ぐれん)の炎が人命を一瞬に奪ってしまいました。「一災起これば二災起こる」は、悪いことは重なって生じるの意味なのですが、福山市での火災の翌日、悪い連鎖は福島市飯坂町の穴原温泉にある旅館に飛び火しました。旅館は地上10階建ての大型施設。夜間に大勢の宿泊客が避難する騒ぎになりました。恐怖心が膨らんだ利用客もいることでしょう。適切な誘導のせいか、けが人がなかったことは不幸中の幸いといえますよね・・・。

 だが、旅館やホテルなど多数の人が利用する施設では本来、火災はあってはならないことです。大惨事に結び付いた例は、1994(平成6)年12月に飯坂温泉の「若喜旅館」であった火災など全国に数多いのも事実です。天変地異の予測は難しいのですが、火事は「火のないところに煙は立たない」訳ですから、防火対策の強化で予防は可能なところです。常勝横綱の連敗や、相次ぐクマの出没などの異変も気になるところです。こんな時こそ「火の用心」で備えましょうか・・・!

〔今日の写真は「新緑の只見川界隈」です。〕
新緑の只見川界隈
※もちろんこの写真は、柳津町の“斎藤清美術館”の側で撮影しました。

今日の喜多方は雨の一日・・・!
今日の最高気温17.7℃、最低気温14.2℃、昨日と比べればまた寒めになってしまいましたね・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
今日は女房と一緒にドライブ、天候は生憎でしたが親父はディサービスで出掛けた日なので“新緑の奥会津”をドライブしてきましたよ・・・。
 行く先は柳津町です、そうあの有名な「斎藤清」画伯の美術館巡りをしなが新緑の奥会津の風景をこの眼にしっかりと焼き付けることができました。

 「やないづ町立斎藤清美術館」では6月24日(日)まで斎藤清 美術館コレクション名作展を開催しています。氏の版画に込めた情熱を十分に堪能することができました。
帰りに、ミュージアムショップで額入り複製画“さつきの会津(6)”、額無しで“六月の鎌倉(1)”、“稔りの会津(11)”、“会津の冬(104)”合計4作品を購入しました。
ちなみに販売価格は額入り複製画は5,000円、複製画のみだと1枚700円(もちろん作品によっても異なります)、合計7,100円で購入することができました。

 早速家に帰って“さつきの会津(6)”をgalleryに飾りました、凄い迫力と氏の優しさが絵から伝わってきました。退職したらこのようなことをしてみたかったことも事実で、大満足です・・・!!

〔今日の写真は「新緑の福満虚空蔵尊圓蔵寺」です。〕
新緑の福満虚空蔵尊圓蔵寺
※只見川に架かっている目の覚めるような赤の瑞光寺橋、新緑とのコラボは何とも云えない感じです。雨が降っていましたので傘を差しながら、片手での撮影でした・・・。

今日の喜多方は晴れの一日・・・!
今日の最高気温25.9℃、最低気温4.3℃、今までと比べれば10℃以上の気温の上昇です、久し振りの“夏日”となった喜多方です・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
♪チャラン、チャランー。チャイムの音がテレビやラジオから突然流れます、思わず身構えました。緊急地震速報の音です・・・。5年前から採用されています。震災以降、耳にする回数が本当に増えました。
 映画「ゴジラ」の音楽を担当した故伊福部昭さんの交響曲「シンフォニア・タプカーラ」が基になっています。第三楽章冒頭の和音「ド・ミ・ソ・シ♭・レ♯」を使い、福祉工学研究者の伊福部達さんがNHKからの依頼で編曲しました。注意を喚起する、すぐに行動したくなる、既存の警報音と異なる、極度に不快でも快適でもない、多くの聴覚障害者にも聞こえることにに留意したそうです・・・。

 昭さんのおいに当たります。物心のつくころから、おじの音楽に親しんできたそうです。推進力に満ちたリズムと素朴な旋律美に富みます。しかし、「ゴジラ音楽の作曲家」としか言われないのが口惜しい、もっと良さを知ってほしい、との願いも込めたと云われています(筒井信介著「ゴジラ音楽と緊急地震速報」)・・・。
 核実験で目覚めた大怪獣は東京を破壊後、海に消えます。映画第1作は、身勝手な人間が作り出した恐怖の象徴として描かれました。凶暴な牙をむいた原発と重なります。事故の幕引きを告げるベルの音は、誰がどう鳴らすのでしょうか・・・?!!

〔今日の写真は「花のある空間・・・」です。〕
花のある空間・・・!
西洋シャクナゲを2階の吹き抜けから撮影しました。フラッシュ無しの撮影でここまで写りますから驚きです・・・!

今日の喜多方は曇りの一日・・・!
今日の最高気温16.8℃、最低気温6.1℃、今日も肌寒い喜多方です、朝晩の暖房に石油ファンヒータを使用しましたよ・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
5月の第2日曜日は「母の日」。堅いことをいうと祝日は「国民の祝日に関する法律」で定められていますが、元日で始まり天皇誕生日で終わる祝日の中に、母の日の名はありません。ただ「こどもの日」の規定に「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」と触れています。従って5月5日は母の日とも重なるのですが、慣習として現在の日になったと云われています。
 その慣習は、明治末の米国の逸話にさかのぼります。5月に母を亡くした娘が、その恩に報いようと命日に教会で白いカーネーションを配ったと云われています。母に感謝を表す行為は反響を呼び、5月の第2日曜が米国で母の日に制定されました。いつの世も、どの国でも母が子に示す愛情は深いのです。日本でも家事や育児などに奮闘し、夫を支えて家庭を守る母の姿がありました。共働きも増え、震災前は県内でパート労働者の約8割が女性で占められました。

 ところが、震災は生活や家庭を直撃。多くの尊い命が奪われ、社会を一変させました。仮設住宅などでの生活は長引き、県内外に移った家族には経済負担やストレスが重くのしかかりました。今年は、こうした困難の中でがんばるお母さんに感謝する日です。生前の母の優しさを思いカーネーションを供える家庭もあるでしょう。心を込めて語りたい言葉は「お母さん、本当にありがとう」。

〔今日の写真は「サクラソウ可憐に・・・!」です。〕
サクラソウ可憐に・・・!
※この種類のものは親戚から以前いただいたものです。昨年鉢の中で植え替えしてこのように花が咲くようになりました。

今日の喜多方は曇りの一日・・・!
今日の最高気温12.8℃、最低気温5.5℃、風が強かったぶん体感温度はかなり寒く感じられました・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
今日の午前中は女房の姉さん宅の農作業手伝いをしてきました。新緑が眩しい季節になりましたが、本日の作業は“葉たばこの苗”を畑に植え付ける作業です。一段高くなった畝(うね)は苗を植える場所が印刷されたビニールシートで覆われています。雑草が生えるのを、そして地面からの水分の蒸発を防ぐシートだと直感しました。
一人(私)が器械でシートの目印に穴を開け、もう一人(女房)がそこに苗を入れると同時に器械を土から引き抜くと苗が畑に植え付けられる仕組みです。文章で表現するのはとても難しいものですね・・・。
昨年の福島県は葉たばこの栽培を自粛した経過がありますから、今年こそと願う栽培農家の心意気を感じました。

 この要領はアスパラ苗を植え付けるのと同じということですから、お分かりになる方もいらっしゃると思います。
そうそう、農作業を終えたら私達はワラビ採りをしました。熱塩加納町ですから東京電力の福島第1原発事故からの影響は少ないからです。考えてみればこのような何気ない私達の行動にも、その心に制限が加わる放射能問題、決して許されないことですよね・・・!
先ずはアク抜きをして明朝食べる予定です・・・。

〔今日の写真は「西洋シャクナゲgallery」です。〕
「“西洋シャクナゲ”gallery」
※鶴ヶ城のお花見で、購入したものです。我が家のとっておきのgalleryに飾りました・・・。

今日の喜多方は曇り時々雨の一日・・・!
今日の最高気温13.5℃、最低気温8.4℃、田んぼに水が掛かる頃は寒いと云う言い伝えがありますが、まさに昨日今日とその言葉が当てはまるような気がします。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
寒いのですが、私のウォーキングは長袖のTシャツ1枚で歩くようにしています。以前にも書きましたっけ、胸のポケットには携帯ラジオ(イヤホン付き)たいがい聞いているのはNHK関係の番組です。ジーンズの左尻ポケットには携帯電話(しっかり歩行計測用)を入れてあります。

 そうそうつい最近朝晩の計測値が大幅にずれることがありまして安い万歩計を購入、これはジーンズのベルト前右辺りに挟みこんでおきます。これで携帯電話で計測した数値に大幅なズレがあったときは万歩計の数値を採用することにしています。たかが数値なんてどうでも良いとお思いでしょうが私のように拘る人間もいるのです。
午後のウォーキング時には疲れから脱力感を起こすことがありますので、飴玉1個をジーンズの右尻ポケットに忍ばせておきます。疲れたら途中で嘗めるようにしています。今日はその飴を持って行くのを忘れたものですから帰り道でヘトヘトになりました。素人の私なりに考えると多分、低血糖状態になったのではと考えられます。

どうしてこんなにも歩くのでしょうか、本日の「“しっかり歩行”14,893歩」でした。他に貴方はすることが無いんでしょうか“誰も、そんなこと聞いてねえよ”・・・?!!
いつの頃か書いたとは思うのですが、私の1歩は80cmに換算しています。朝晩合わせて12km程度になると思います、朝も夕方も時間的には59分で帰宅します・・・!!

〔今日の写真は「一輪のサクラソウ」です。〕
一輪のサクラソウ
※何年か前に、親戚からいただいたものです、ようやくここまで育ちました・・・。

今日の喜多方は曇りの一日・・・!
今日の最高気温14.7℃、最低気温8.5℃、昨日と比べれば10℃近くも気温が下がりました・・・。これでは私も肌寒いような感じがしました・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
鋳型に入れたような悪人は世の中にあるはずがありませんよ。平生はみんな善人なんです。少なくともみんな普通の人間なんです。夏目漱石の代表的長編小説「こヽろ」の中で「私」が「先生」にこう忠告されます。さらに「先生」は「いざというまぎわに、急に悪人に変るんだから恐ろしいのです。だから油断ができないんです」と畳み掛けます。本当は「善人」なのか、それともやはり「悪人」なのか、区別ができない場合も少なくありません・・・!

 一般に裁判とは、証拠などを通じて被告となった人が有罪かどうか、そして、有罪とされた場合はどのような刑がふさわしいのかを決めることだと思います。資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐり、政治資金規正法違反の罪に問われた民主党元代表・小沢一郎被告を無罪とした東京地裁の判決に対して、強制起訴した検察官役の指定弁護士が9日、無罪判決を不服として東京高裁に控訴しました。「こヽろ」では「私」が「先生」の忠告に対し「一体どんな場合を指すのか」と問います。それに対して「先生」は「金さ君。金を見るとどんな君子でもすぐ悪人になるのさ」と答えています。

 もちろん「先生」の言っていることがいつもだれにでも当てはまるわけではありませんが、指定弁護士の控訴で小沢氏の無罪は確定しませんでした・・・。「政治とカネ」裁判の舞台は今後、東京高裁に移ります。

〔今日の写真は「久留米ツツジ」です。〕
久留米ツツジ
※ここまで花が咲くまで何年も掛かりましたよ・・・!

今日の喜多方は曇りの一日・・・!
今日の最高気温24.2℃、最低気温9.5℃、そうちょっと動くと汗ばむような陽気でした・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
そうそう最近私がblogを休むことが多いと思いますが、そうなんです仕事していた時よりも朝晩のウォーキングの量が多くなってきたものですから疲れます、夜は早めに寝るようにしています。数値的には朝晩合わせて14,000歩台になりました。

 ハッキリ云って疲れます、先ずは心地良い疲れなんですが・・・。歩いた後は何しているの、何もしていませんよ、女房と一緒にお茶を飲んだり庭を眺めたりの“自遊人”です、これからは田植えの時期になりますよね、きっと間もなく親戚から「手伝いの電話」が掛かってくる筈です・・・!

〔今日の写真は「スズランスイセン」です。〕
スズランスイセン
※、ヒガンバナ科のスイセンでスノーフレークとも云われています。

今日の喜多方は曇りの一日・・・!
今日の最高気温22.2℃、最低気温9.2℃、少しずつ天気が崩れる雰囲気の喜多方です・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
新緑が美しい5月だと先日、書いたと思います。「さつき」にはさわやかな語感があります。一年のうちで、最も過ごしやすい時期でもあります。一方「5月の嵐」を意味する「メイストーム」という言葉もあります。5月ごろ、主に日本海から北海道近海にかけて急激に発達する低気圧のことです。時には暴風雨(雪)をもたらします。名付けたのは気象関係者と云われています・・・。
メイストームによる最悪ともいえる被害は1954(昭和29)年5月9日から10日にかけて出ています。海上の漁船を沈没させ、多くの死者と行方不明者を出す大海難事故を引き起こしました。大型連休最終日に襲ったのも激しい“嵐”でした。茨城県つくば市や栃木県真岡市などで6日、竜巻による突風が吹き荒れました。家屋の損壊が相次ぎ、1人が死亡、多くの人がけがをしました。つくば市では、東京電力福島第1原発事故で県内から避難している人たちが住んでいた住宅も被害を受けました。県内でも大気が不安定になり、強風でビニールハウスなどが壊れたり、落雷のために停電も起きました・・・。

 連休中には、北アルプスなどで吹雪によるとみられる遭難も相次ぎました。長く、厳しかった冬から初夏へと移り変わるこの時期。暖気と寒気がぶつかりあい、低気圧が発達しやすくなると云われています。さわやかな季節が持つ隠れた一面にも注意が必要です・・・!

〔今日の写真は「スズラン」です。〕
スズラン
※本日撮影したものです。毎年どんどん増えてきました・・・。

今日の喜多方は晴れのち突然の強風と雷雨(大嵐)、そしてのち曇りと目まぐるしい一日・・・!
今日の最高気温24.0℃、最低気温7.7℃、低気圧の通過によって天候の変化がこんなにも怖いものだと初めて知りました・・・。
 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
」は初め。「端午」の本来の意味は「月の最初の午(うま)の日」。中国では悪い日とされました。人形を門にかけて邪気をはらったと云われています。清少納言はこの季節をたたえ「節(せち)は五月にしく月はなし。菖蒲(しょうぶ)・蓬(よも)な(ぎ )どのかをりあひたる、いみじうをかし」と枕草子に書きました。健康を願い、菖蒲の葉を頭に巻きつけて風呂に入った幼い頃の記憶です・・・。初夏を告げる香りとともによみがえります。東北地方の山々も新緑がまぶしい季節を迎えました。芽吹きは木々の種類ごとに異なります。輝きも濃淡もまさに多様です、いつもの年と変わらない生気に満ちあふれたふるさとの山のたたずまいです・・・。
 緑豊かな森林は県民の自慢でもあります。広い県土の実に7割を占めていますが、福島第1原発事故による放射性物質の拡散で汚染されてしまった地域もあります。住民が安心して暮らすには、森林地域の除染も欠かせません。しかし、難題も立ちふさがります。山全体の除染となると膨大な量の汚染土壌が出てしまいます。それだけではありません。表土などが除去されることで、保水や水質浄化など、森林が担っている多面的機能も失われる可能性もあるのです。森や林は四季折々に豊かな表情をみせ、心を和ませてくれます。

 人間との永いつきあいが変わることのないよう新たな環境問題の解決に知恵を絞りたいところです。それはさまざまな恩恵を受けている私たちの明日のためでもあります・・・!

〔今日の写真は「西洋シャクナゲ」です。〕
西洋シャクナゲ
※このシャクナゲ、女房と一緒に出掛けた鶴ヶ城のお花見で購入したものです・・・。

今日の喜多方は雨の一日・・・!
今日の最高気温19.1℃、最低気温13.7℃、そうですねちょっと気温は低めですかね、雨の影響です。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
古代ローマと現代日本の風呂文化を結び付けた映画「テルマエ・ロマエ(THERMAE ROMAE)」が上映中です。阿部寛さん扮[ふん]するローマ人の浴場設計技師が日本の銭湯や温泉にタイムスリップします。日本独特の様式を学び、ローマの大浴場に新風を吹き込みます。
原作は累計500万部を突破した人気コメディー漫画です。主人公は時空を超えて訪れた日本で「平たい顔族」と出会います。彫りの深いローマ人は日本人の顔が平たく見えました。先月末、イタリアで開かれた欧州最大規模のアジア映画祭で上映されると、会場は爆笑の渦に包まれたといいます。原作にない本県出身のヒロインが登場します。上戸彩さんが演じています。温泉街の平たい顔族が話す会話も福島弁です。

 脚本を作る際、映画関係者が全国の温泉を訪ね歩きました。福島で泊まった温泉宿のおかみさんの話しぶりがとても愛らしかったそうです。平たい顔を代表する言葉の決め手となりました。震災は脚本や出演者にも少なからぬ影響を与えています。上戸さんは群馬県の伊香保温泉で開催された映画公開記念イベントで呼び掛けました。「映画を見て温泉に漬かりたいと思って、福島にも行かれる方が増えるといいな」。ローマと福島が温泉を通して熱く結び付きます。

〔今日の写真は「ハナミズキ」です。〕
ハナミズキ
※本日撮影したものです。

今日の喜多方は雨の一日・・・!
今日の最高気温19.5℃、最低気温15.0℃、今までと比べれは肌寒い感じがします。今日の朝と夕方のウォーキングは傘をさしながらの13,500歩となりました。たかが傘ですが1時間近くも持って歩くと結構きついものがあります。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
この時期、桜に話題が集中しがちですが、モモも長い歴史を持ち、私たちの暮らしのなかに溶け込んでいます。モモはウメと同様に中国が原産です。縄文時代に日本に渡来、弥生時代に入ると急速に栽培面積が拡大しました。各地の遺跡から発見される「植物遺体」の中ではモモの「核」が最も多いと云われています。先人たちが、まずモモに注目したのはその薬用効果でした。つぼみや花だけでなく、葉、若い枝、種子、根、さらには樹脂も薬になります。寒さにも強いため、実は穀物類が凶作になった時の食料としても重用されました。寒さで遅れていたモモの花もようやく開花しました。県北地方などの畑では摘花作業が行われています。モモもリンゴ、ナシなどとともに果物王国・福島を代表する主力品種ですが、昨年は福島第1原発事故の風評被害で栽培農家は大きな痛手を被りました。

 モモには邪悪なものを遠ざける力も備わっているとされています。中国由来の習俗ですが、この“効用”もモモを大陸から取り入れた目的の一つでもありました。鬼に打ち勝つ桃太郎の伝説もこの信仰から派生したものと云われています。
栽培農家では、安全でおいしい自慢のモモを県内外の消費者に届けようと、樹木の除染作業などにも取り組んできました。
 この努力とモモに備わる霊力で本県の風評被害を追い払ってしまいたいと願うのは私だけでしょうか・・・?

〔今日の写真は「鶴ヶ城城趾公園の桜」です。〕
鶴ヶ城城趾公園の桜
※4月27日に撮影したものです。生憎の天候でしたが“幽玄の美”を感じていただけたなら幸せです。

今日の喜多方は曇りのち雨の一日・・・!
今日の最高気温21.2℃、最低気温12.4℃、今日はさすがに夏日にはなりませんでしたね・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
古里の季節の変化の節目となるのが暦です。1日の八十八夜を迎え、農作業が本格化する時期になりました。立春から数えて88日目に当たるのがこの日です。暦に登場するようになったのは江戸時代の初めからとか。小学唱歌「茶摘」は「夏も近づく八十八夜」と歌い始めますが、ここでの夏は5日の立夏のことをいうのだそうです。満開を過ぎた桜がしきりに花びらを落とすころでもあります。風の弱い日の桜は秒速50cmから1.5mで落ちると気象エッセイストの倉嶋厚さんが「日本列島桜紀行」(山と渓谷社)に書いています。雪片と同じ落下速度だそうで、風が強いと花吹雪になります。
 福島市では、その花びらが舞う先に吾妻小富士の山肌に現れた「種まきうさぎ」がかすみます。ウサギの姿をした残雪は、田植えの準備をする目安とされてきました。田んぼでは代かきを催促するかのようにカエルが鳴きます。水田に水が張られるとカエルの恋の季節、大合唱が始まります。ただ、今年の水田は例年とかなり事情が異なります。セシウム吸収のためゼオライトなどがまかれました。カエルの鳴き声にも微妙な音のずれがあるのかもしれません。

 県内には、カエルの声が一斉にやめば間もなく地震との諺もあります。キジが騒いだり、魚が浮くことも天変地異の兆しととらえられてきました。一昨年までは、そんなことと一笑に付して済ませましたが、今はかなり敏感になってしまいます。
今朝のウォーキングで“雉のつがい”を見ましたよ、とても仲が良いと思いました・・・!

〔今日の写真は「当時の蒸気機関車と枝垂れ桜」です。〕
当時の蒸気機関車と枝垂れ桜
※これは女房の目線が捉えた写真です・・・。

今日の喜多方は晴れのち曇りの一日・・・!
今日の最高気温25.1℃、最低気温10.4℃、4日連続の“夏日”の更新ですよね・・・。
気が付けば今日から新緑の美しい5月のスタートです、大型連休とかは私のような“自遊人”には関係ありません、どうか一生懸命働いている方々に感謝しています・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
高速道路の防音壁が車体を真っ二つに引き裂きました。群馬県内を走る関越自動車道で起きた高速バスの衝突事故は多数の乗客が犠牲となる大惨事となってしまいました。高速道路で起きた単独事故による死者数としては過去最多と云われています。現場にはブレーキをかけた跡がなく、運転手は事故直後に「居眠りをしていた」と説明しています。無理な運行計画が事故を招いたとの見方が強まっています。規制緩和によって「高速ツアーバス」に参入する事業者が増えています。新幹線などよりも安い料金で乗れることで利用者の人気も高いのです。一方で、業界は激しい価格競争にさらされ、運転手の長時間勤務にもつながっている、との指摘があります。
 2005年4月には猪苗代町の磐越自動車道で高速バスが横転、乗客3人が死亡、20人が重軽傷を負っています。運転手が、小物入れの扉のふたを閉めようとして手を伸ばしたところ、運転席から上体がずり落ちてしまったことが原因でした・・・。

 公共交通機関も含め、忘れてならないことは安全重視こそ顧客への最大のサービスであることです。安全性と信頼性を高めていくことが生き残るための近道となります。京都府で集団登校中の児童が車にはねられるなど車の暴走による交通事故も全国で相次いでいます。事故検証と徹底した安全管理で再発防止につなげ、悲惨な事故の連鎖を断ち切る必要があるのではないでしょうか・・・!

〔今日の写真は「春爛漫・・・!」です。〕
春爛漫・・・!
※本日は昨日と異なり真面目な写真をアップしました・・・。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2012 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。