ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の喜多方は曇りの一日・・・!
今日の最高気温29.4℃、最低気温23.5℃、今日は本当に涼しい一日となりました・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
肉牛に与えていた『稲わら』から放射性セシウムが検出されている問題で、国は原発事故のあとに屋外に置かれていた餌を与えないよう通知しましたが、肉牛を出荷していた福島県内の農家のほとんどがこの通知を「知らなかった」と話しています。福島県は周知が徹底されなかった経緯を調べることにしています。

この問題で福島県が肉牛などを飼育している県内の511戸の農家を対象に立ち入り調査を行った結果、25戸が放射性セシウムを含んだ『稲わら』を牛に与えていて、このうち14戸が牛を出荷したことが分かっています。原発事故のあとの今年3月19日、農林水産省は屋外に置かれていた餌を与えないよう通知を出しましたが、牛を出荷した14戸のうち12戸はこの通知を「知らなかった」と話しているということです。福島県は通知があった3日後の3月22日に農協のほか、肉牛農家などが所属する合わせて5つの畜産関係の団体に通知文をファックスし、各農家に伝えるよう要請したとしています。
一方、県から連絡を受けた団体の1つは、「一軒一軒の農家にファックスすることにしていたが、地震直後で忙しく確認する余裕はなかった」と話しています。また別の団体は「通知には『乾牧草』を与えてはいけないと書かれていたが、『稲わら』とは明記されていなかった『稲わら』は大丈夫だと思った農家もあるのではないか」と話しています。福島県は連絡をした団体から聞き取るなどして周知が徹底されなかった経緯を調べることにしています。

 消費者に安全な牛肉を提供し、安心して食べてもらえるよう最大限努力することは産地側の責務ですが、今回の問題は、国策として推進してきた原子力発電所の事故に伴う「災害」であり、かつ、広域的な対策が不可欠な問題であることから、この対策に万全を期すことは、国の責務であると考えます。

〔今日の写真は「ネジ花」です。〕
ネジ花
※昨年より少し増えてきているような気がします・・・。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。