ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の喜多方は晴れ時々曇の一日・・・!
今日の最高気温31.3℃、最低気温15.8℃、まだまだ残暑が厳しい感じがしますよね・・・。
お陰様で入院中の女房は、本日退院しました。過労による自律神経の乱れから『目眩』がひどくなったように感じました。
先ずは一安心ですが、無理は絶対禁物です・・・!

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
東京電力福島第一原発事故からの復興に必要な本県の経費は除染費用を除いて約2兆円に上る見通しであることが分かりました。7日までに県が試算したものです。県が最も多く掛かると見込んだのは「産業再生」の分野で1兆5780億円。県は復興基金の造成を視野に入れ、国との調整を進める方針です。

 県土の放射線量を下げ、県外に避難した県民も古里に戻る環境にする「帰る」、県民の命や健康を守る態勢を整える「守る」、雇用を確保し、産業を振興させることで県民が安心して生活できる「生きる」の3つのテーマに分けて試算されました。県が年内に策定する復興計画により、さらに経費は増える可能性があります。
「帰る」は県土の除染をはじめ、大気や水、土壌浄化の研究などの事業。除染費用はどの範囲まで除染が必要か不透明なため経費規模は算出できないのが実情です。研究費などで約809億円を想定しています。

「守る」の主な事業は放射線治療の拠点となる放射線医学・最先端診断治療センターの設置、県民の健康増進を目的とした県民健康管理調査で、費用として約1260億円を算出しています。
 最大の経費が掛かると見込んだ「産業再生」は「生きる」の分野に盛り込んでいます。このうち産業再生に1兆5780億円を投じ、再生可能エネルギー研究や関連企業の誘致などに充てたい考えです。県は復興基金を造成する方向で国に交付金の交付を求める方針です。

〔今日の写真は「アサガオpart14」です。〕
アサガオpart14
※暑い屋根の上で、本当に頑張って咲いてくれていますよね・・・!

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。