ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の喜多方は晴れの一日・・・!
今日の最高気温19.5℃、最低気温6.2℃、昨日と比べればとても暖かく感じられるから不思議です・・・。
夕方帰宅途中に飯豊連峰の初冠雪を見ました、道理で昨日は冷え込みましたよね、一人で納得した次第です。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
大震災と原発事故が起きて以来、私たちの暮らしは一変してしまいましたが、季節の営みは変わりません。古里を彩る自然は折々に美しさや豊かさを演出してくれています。
「世の中は春と秋とになしはてて夏と冬との無からましかば」と和泉式部は詠んだと云います。四季のなかでも春と秋が良いと言っています。確かに芽吹きの春、そして秋の紅葉も明日につなぐ命の輝きにあふれています。
 紅葉を織り成す主役となるのはさまざまな赤い色。だが、一口に赤色といっても「錦」「紅」などといった多様な言葉で形容されていいます。先人たちは身の回りにある微妙な色の違いを巧みな表現で使い分けてきました。私たちの先人が最初に使用したとみられる赤い色は天然の鉱物などから取った「丹(に)」という色です。
黄味を帯びた赤色で、縄文時代の埴輪(はにわ)などに彩色されました。

 猛暑の中では日陰を探しながら歩き、いつの間にか日差しを求めるようになったことに気付きました。昨日は吾妻連峰で平年より20日も早く初冠雪が観測されました。
秋の深まりとともに山々も季節の表情を見せることでしょう。

 赤い色には呪力が備わっていると古代の人々は感じていました。願いをかなえる力の象徴でもあったと云われています。
どうか色鮮やかな紅葉が、3月以来、私たちの暮らしを覆ってる「魔物」を追い払って欲しいと切に願っています。

〔今日の写真は「秋を生ける」です。〕
秋を生ける
※白のクジャクソウです、キク科の植物です。お友達から頂いた備前焼の花器に女房が生けました・・・。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。