ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の喜多方は曇り時々雨の一日・・・!
今日の最高気温18.0℃、最低気温11.1℃、昨日までと比べればこんな気温でも暖かいと感じるから不思議です・・・。
僅かな時間、日が差すことがあったのが救われます。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
喜多方市と会津若松市を結ぶ121号国道“会津縦貫北道路”のうち、喜多方市の関柴町と塩川インターチェンジ(IC)間4.7kmが11月6日に開通します。これにより、全長13.1kmのうち喜多方側の7.9km区間が通行可能になります。もちろん通行は無料です、降雪期前の開通は地域に明るさをともし、住民生活の利便性向上に役立つと期待されています・・・。

 今後、平成27年度に予定される会津縦貫北道路全線開通に向けた工事進展と、会津若松市と南会津地域を結ぶ会津縦貫南道路の整備促進を目指し、地域を挙げて国、県への働き掛けを強めたいところです。
会津縦貫北道路と会津縦貫南道路は会津地方を縦に貫く地域型高規格道路で、総称は会津縦貫道と云われています。時速60km以上で走行できます。現在の高速道路網を日本地図に重ねると、会津を通って東北地方と関東圏をつなぐ区域がぽっかりと空いています。会津縦貫道はこの空白部分をなくし、地域間の交流を促進する役割を担うことになるのでしょうか・・・。

 地域高規格道路は本来は県が整備するが、北道路は国土の高速交通網全体を見据えた政策的な必要性と技術的理由などから、国直轄権限代行事業として9年度から工事が進められています。
今回の新たな区間の開通効果は、喜多方市街と会津若松市街間の所要時間短縮だけにとどまりません。会津若松市河東町に25年2月に開所予定の“会津医療センター”への、喜多方側からの通院と患者搬送がスムーズになると見込まれています。昨年秋に全線開通した121号国道「大峠道路」との相乗効果を生かせば、山形県米沢市と会津との交流がより活発化するはずです・・・。

〔今日の写真は「安達太良山の紅葉」です。〕
安達太良山の紅葉
※私がこの山の写真を撮影するのは初めてだと思います・・・。標高1,710m、高村光太郎の「智恵子抄」で有名な山ですよね・・・。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。