ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の喜多方は曇り後晴れの一日・・・!
今日の最高気温2.5℃、最低気温-2.3℃、天気予報ではこんなに晴れることにはなっていませんでしたので、我が家にとっては“得した気分”です。
そうです今日の総発電量12.6kwh、売電量8.2kwhこの時期にこんな数字が得られるとは思ってもみませんでした、我が家の太陽光発電です。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
「三五(さんご)の十八(じゅうはち)」は予想や見当、見込みが外れてしまうことをたとえた表現です。3×5の答えは15で、18では勘定が合わない、ということからきています。見込み違いをすることはままあり、そのたびに赤面する思いにかられたり、反省の弁を口にするはめにもなります。周囲が笑って済ませてくれる中身であれば罪はありませんが、人の心を傷つけるようなものだと後を引きます・・・。

 原発事故に絡んで最近、国や県の見込み違いが相次ぎました。その一つは、首相による事故の収束宣言。原子炉の内部を見た者はなく汚染水の流出もある中で、この宣言を本県民が額面通りに受け取ると思っていたのか・・・?県内のコメに関する知事の安全宣言も「空手形」のようなものになってしまいました。収穫後の新米から基準を超える放射性物質を検出した水田は1カ所にとどまりませんでした。消費者はもとより生産者の心情はいかばかりか・・・?

 事故の収束宣言では原発事故担当相が説明不足だったとして後始末に回り、コメの安全宣言では知事本人が陳謝せざるを得ませんでした。波紋は県内外に広がってしまい、いずれも見込み、あるいは見当が違っていました。誰も経験したことがないだけに、いろんな局面で難しい対応が続きます。ただ、国なり県が政策という答えを示す数式は正確に計算されることが前提です。

 間違いを避けるよう、検算もしっかりしておかなければなりません・・・!

突然ですが、喜多方は雪がシンシンと降っています、日中のお天気からは全く想像がつきません、異様な明るさが大雪を感じさせます・・・!

〔今日の写真は「昨年の大雪はクリスマスイヴから・・・!」です。〕
昨年の大雪はクリスマスイヴから・・・!
※この写真は2010年12月25日、7:47に撮影した写真です・・・。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。