ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の喜多方は吹雪の一日・・・!
今日の最高気温-0.7℃、最低気温-4.5℃、昨日から比べれば暖かいのでしょうが、そんなふうには感じられない喜多方の寒さです・・・。
ここのところ3日間連続、朝起きて除雪、そして帰宅して除雪の作業を繰り返し行っている私ですが、通勤はもちろん“徒歩”で頑張っていますよ・・・!

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
雪や寒さも適度であれば冬の彩りとなりますが、過度であれば害をもたらします。大都市を見ると早くから雪にもろかったようです。明治の東京はたびたび大雪に見舞われた、電話が不通になる影響も出ましたが、中でも鉄道馬車が大きな被害を受けたと云われています。1884(明治17)年2月初めには積雪が40センチから60センチにもなり、鉄道馬車の線路が埋まって立ち往生したとあります。乗客を降ろしても動かず、最後は馬を解くことになったが線路に放置された車両は16両に及んだとか・・・。

 1936(昭和11)年も記録に残る冬でした。東京では大雪の中で青年将校が反乱、戒厳令が敷かれました。「二・二六事件です。奥羽線の難所である板谷峠も雪に埋もれました。27日間も不通の後、2月半ばに開通しましたが、福島駅では約100両の
貨車が滞ったそうです。今冬の寒さは厳しいものがあります。東欧でも大寒波による犠牲者が相次ぐそうで、地球規模の異常なのではと云われています。

  国内でも雪の事故関係で高齢者を中心に52人が亡くなりました・・・。県内の最低気温は88年2月に北塩原村桧原で観測した氷点下21.7℃でしたが、1日に桧原で同22.9度と記録を更新しました。冬型の気圧配置は再び強まりそうです。同4度以下で水道管が凍結しやすくなります。東電福島第1原発でも配管対策は念入りにしないといけません。

〔今日の写真は「今どきの喜多方・・・!」です。〕
今どきの喜多方・・・!
※この写真は先月の29日に撮影したものです。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。