ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の喜多方は曇りの一日・・・!
今日の最高気温2.0℃、最低気温-6.7℃、日中僅かですが日の差すことがありましたので、昨日太陽光パネルに積もった雪は、全て滑り落ちました・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
家庭の薬箱の中に体温計は欠かせません。流行中のインフルエンザのように、感染症が悪化すると高熱が出ます。体温計が40度前後を示せば体に“赤ランプ”がついた状態です。

 体温計の歩みをたどると、約400年前に長い管による体温計の原型が現れました。19世紀後半にドイツで水銀式が考案され世界の主流になりました。ところが第1次世界大戦でドイツが敗れ、輸入に支障が出て国産品開発の契機になったと、云われています。人体ばかりか熱を生じる物体は温度の適切な管理が欠かせません。原子炉も例に漏れないが、福島第1原発2号機で今月中旬、圧力容器底部に設置された温度計の一つが異常な高温を示しました。東電は高熱多湿で断線状態になり故障したとみていますが、短期間で新たな温度計を設置するのは困難だということです。

 ほかの温度計も厳しい環境にあるはずです・・・。原子炉の異常は県民の不安感を高めるだけに、“悲鳴”を的確に把握する態勢づくりは急務です・・・!

〔今日の写真は「雪が似合う蔵」です。〕
雪が似合う蔵
※2011年2月27日に撮影した、小田付通りの小原酒造の蔵です。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。