ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の喜多方は雨の一日・・・!
今日の最高気6.1℃、最低気温0.0℃、氷点下にならなかったのは2月24日以来のような気がします・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
戦後歌謡史の中で最初のヒット曲となったのが、敗戦の混乱を抜け出す希望にしようと口ずさまれた「リンゴの唄」でした。作詞はサトウハチロー氏、作曲は万城目正氏。映画「そよ風」の中で主演の並木路子さんが歌いました。歌は戦時中に作られたのですが、サトウ氏は「暗い時代だから、明るい歌が欲しかった」と語ったと云われています。万城目氏も明るさを強調するため、並木さんの表情や動作までを指導する熱心さだったと謂われています。彼女は戦争で両親らを亡くしましたが「つらいことはもう忘れなさいと万城目先生は気遣いも見せてくれた」と「証言の昭和史6」に書いています。

 戦後のリンゴは高根の花、数が少なく値段も高かったそうです。ラジオの公開放送でリンゴを客席に投げ入れたら取り合いになったと、やはり彼女の回顧です。日本が豊かになり果物全体においしさが求められると品種改良が進み、本県は全国で有数の果樹生産県になりました。しかし、今冬の県内の果樹は”薄着”です。“セシウム除染”のため高圧洗浄機の水を浴び古い樹皮が落とされたからです。作業員も苦労の連続で、洗浄機の水が凍結したり、しぶきで服が汚れることも・・・。

 モモやリンゴの木もじっと寒さに耐えていますが、つらい気持ちはよく分かります。どうかもう少し辛抱して、春に希望の花を見せてください・・・!

〔今日の写真は「水戸の偕楽園の梅」です。〕
水戸の偕楽園の梅
※2006年3月4日に撮影したものです。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。