ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の喜多方は曇り時々雨の一日・・・!
今日の最高気温9.5℃、最低気温-5.2℃、日中は横風が強かったように感じました・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
”には建物の意味があり「(まなび)(や)」といえば学問を教えたり習うところです、つまり学校のことになります。ここから木造校舎が思い浮かぶのは、私達のような少し古い世代ということになるでしょうか・・・。江戸時代の学舎といえば各藩の藩校があります。全国で最大規模は水戸藩の弘道館、本県では会津藩の日新館が最も大きかったのです。庶民の子弟は寺子屋や私塾に通いました。本県の寺子屋教育は東北に先駆け開設されましたが、女児の通学数はまだ少なかったようです。近代国家を目指す明治政府は教育改革にも乗り出して「学制」を公布します。しかし、県内では校舎の新築が思うように進まず、公布3年後でも寺院を仮校舎にしていた小学校が多かったようです。民家を借りたり旧陣屋や旧庵室などを充てた地域もあったようです。楽しかったり、苦労した思い出も残る学舎を後にするのが卒業式です。

 公立小は23日に行われます。統合で最後の卒業式になる学校もありますが、今年はさらに特別です・・・。大津波や原発事故で教育環境が大きな影響を受け、他校に間借りしたり避難先で勉強を強いられるなどした小学校も少なくはないのです。それだけに、障害や困難を乗り越えて卒業式を迎えた児童や学校関係者、保護者の方々の感慨はひとしおでしょう。
 
学習の不便さはさらに続くかもしれませんが、震災の記憶を成長の糧にして本県の未来を築く原動力になってもらいたいものです。

〔今日の写真は「ヒマラヤユキノシタ」です。〕
ヒマラヤユキノシタ
※2008年3月22日に撮影した写真です。今年はまだまだ開花しません・・・!

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。