ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の喜多方は曇り時々雨の一日・・・!
今日の最高気温7.4℃、最低気温1.9℃、大気が不安定な一日でした・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
桜の開花を待ちわびるのは日本だけではありません。米首都ワシントンDCでは市民の期待に応えるように、ポトマック川沿いの3,700本の桜が例年より早く開花しました。満開の花びらの下で恒例の「全米桜祭り」が幕を開けました。ダレス国際空港から車でしばらく走ると首都。ホワイトハウス南側の広大な公園の一角にある池、タイダルベイスン周辺に桜並木があり、お堅い官庁街を柔らかに彩ります。

 今年は東京市(当時)が桜の苗木を贈って100周年の節目です。植樹までを駆け足でたどりますと、日本への旅で桜に魅せられたエライザ・シドモア夫人が、当時のタフト大統領のヘレン夫人に働き掛けました・・・。日本に住んだことのあるヘレン夫人も賛同、要望を受けた尾崎行雄東京市長が1912(明治45)年に寄贈しました。実は2年前に最初の苗木が贈られたものの、害虫が発生し焼却されました。このため高名な化学者だった高峰譲吉らが再び財政支援した背景があります。

 植樹はヘレン夫人らがソメイヨシノを2本植えたことで始められました。米政府は3年後、花言葉が「返礼」のハナミズキを日本側に贈りました。そして今年は初のイベントから85年。今月24日から行事が本格化し、4月27日までの期間中に川俣町山木屋地区の山木屋太鼓も演奏されます。ほかに本県の物産展も開かれます。桜が結んだ日米の絆は大震災を契機にさらに深まりました。

〔今日の写真は「福寿草」です。〕
福寿草
※2007年3月21日に撮影した写真です。



このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/03/25 11:45】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。