ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の喜多方は雪時々曇りの一日・・・!
今日の最高気温4.9℃、最低気温-2.7℃、まだまだ春が遠くに感じられましたよ・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
あの日」から1年余が過ぎました。この間をあらためて振り返ってみますと、それまでの生活に深く関わらなかったありがたくもない言葉がすっかり根を張ったことに気付きました。特に原発事故関連が圧倒的です。例えば、「セシウム」や「ヨウ素」といった放射性物質、「シーベルト」や「ベクレル」などの単位。原発は安全だったはずです、
市民はこれら専門用語を知る必要もなかったのですが、今や日常生活への“迷惑度”を測る目安として無関心ではいられない状況です・・・。被災者は事故当初の「避難所」から「仮設住宅」に移り、不自由な生活を強いられています。県外へ「自主避難」し友人と離れて学ぶ児童、生徒も後を絶たない状況です。こうしたつらさも原発事故前にはなかったことです。

 復興には「除染」が急がれますが、汚染土壌の「中間貯蔵施設」が決まらないと前には進みません。政府は「避難区域」を再編させる方針ですが、帰還まで「仮の町」構想を持つ町もあり、原発周辺自治体の悩みは尽きません・・・。「放射線被ばく」には強い関心が集まり「ホールボディーカウンター」も存在感を増しました。家庭では「線量計」が欠かせません。これらの言葉は言い尽くせないほどの怒りや不安でいっぱいです・・・!

 「原子力規制庁」は言葉だけが先行しています。今後、どの言葉が消え、新たに増えてくるのかを、「希望」が見えるまで私のblogでもしっかりと見届けたいところです・・・!

〔今日の写真は「突然の雪に」です。〕
突然の雪に
※2011年3月27日に撮影した写真ですが、今日の雰囲気にとても似ていますよね・・・!

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。