ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の喜多方は強風そして吹雪の一日・・・!
今日の最高気温5.7℃、最低気温0.6℃、ここ会津北部にも暴風雪警報が発令されました・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
4日は二十四節気の一つにあげられる「清明(せいめい)」。その名の通り、万物が清く明るく生き生きとする候とされています。花々が開く一方で風雨強しというのも清明のころとされています。気象庁などに勤めた平塚和夫氏編「日常の気象事典」によると、清明の前後1日くらいは低気圧が日本海をわたる「特異日」なのだとか・・・。特異日とは、原因ははっきりしませんが、特定の日に似たような天気になることだと云われています。県内にもある「暑さ寒さも彼岸まで」や「八十八夜の別れ霜」などのことわざも、一種の特異日を表しているのだそうです。

 必ずしもこの通りにならない日もあるといいますが、今年はまさに特異日に当たりました。3日は、日本海で急速に発達した低気圧や前線の影響で大荒れ。全国で被害が相次ぎ、被災地にも無情な「春の嵐」が吹き荒れました。東北勢が悲願の優勝を達成するかで注目された「春のセンバツ」高校野球決勝の光星学院対大阪桐蔭戦も、4日に順延。楽しみも持ち越されました。決勝の順延は26年ぶり9度目のハプニングといいます。

 低気圧が通過すると冬型の気圧配置となり、4日は県内でも気温が下がる予報です。3日は福島市内で梅の開花が観測されたが、福島地方気象台によると平年より1ヶ月近く、昨年より40日近くも遅いというとです。桜の開花も待たされそうですね。寒さが春の足音を遠ざけていることは確かです・・・!

〔今日の写真は「土筆」です。〕
土筆
※2006年4月8日に撮影したものです。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。