ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は黄砂がかった晴れの一日・・・!
今日の最高気温23.3℃、最低気温7.0℃、昨日よりも3℃も高くなれば春と云うよりも初夏のような感じもします。
この暖かさで喜多方の桜も一気に開花しましたよ、ところによっては満開になったところもありました。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
「人間は植物に向こうてオジギをせねばならぬ立場にある」。“植物の父”と云われた世界的な植物学者牧野富太郎氏の言葉です。植物は食物ともなり、私たちの命をつなぎます。「植物と人生とはじつに離すことのできぬ密接な関係に置かれてある」。だから「植物を尊崇し、感謝の真心を捧(ささ)ぐべきである」というのです。彼は幼いころから植物に親しみ、独力で植物学を学んびました。全国を歩き、四十数万点に及ぶ標本を採取し発見した新種は500種、新命名の植物は2500種にも及びます。さらに「牧野日本植物図鑑」などを著して植物知識の普及にも努めました。
 「景色の中に植物がなかったら、じつに殺風景なものに・・・植物を知っておりますと自然、植物を愛することになり、草木をだいじにすることになります」とも説いた牧野氏は4月24日の生まれ。今年が生誕150年に当たります。雑草という植物はありません。生物学者でもあった昭和天皇の言葉として伝わっています。間もなく大型連休。昭和天皇の誕生日に由来した「みどりの日」ですが、今は5月4日に。「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し豊かな心をはぐくむ」のが趣旨です。

 命の輝きが増す季節でもあります。身近な草や木への関心を高めることで新たな発見に出合う機会も増えることでしょう。遠くへ足を運ばずとも自然との対話を楽しめるはずです・・・!

〔今日の写真は「喜多方の桜開花」です。〕
喜多方の桜開花
※本日東町公園で撮影しました。背景に写っているロボットのような白い物体は放射能を測定して文科省へデータを送る装置です。
ちょっと違和感があるかもしれませんね・・・。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。