ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の喜多方は曇りの一日・・・!
今日の最高気温14.7℃、最低気温8.5℃、昨日と比べれば10℃近くも気温が下がりました・・・。これでは私も肌寒いような感じがしました・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
鋳型に入れたような悪人は世の中にあるはずがありませんよ。平生はみんな善人なんです。少なくともみんな普通の人間なんです。夏目漱石の代表的長編小説「こヽろ」の中で「私」が「先生」にこう忠告されます。さらに「先生」は「いざというまぎわに、急に悪人に変るんだから恐ろしいのです。だから油断ができないんです」と畳み掛けます。本当は「善人」なのか、それともやはり「悪人」なのか、区別ができない場合も少なくありません・・・!

 一般に裁判とは、証拠などを通じて被告となった人が有罪かどうか、そして、有罪とされた場合はどのような刑がふさわしいのかを決めることだと思います。資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐり、政治資金規正法違反の罪に問われた民主党元代表・小沢一郎被告を無罪とした東京地裁の判決に対して、強制起訴した検察官役の指定弁護士が9日、無罪判決を不服として東京高裁に控訴しました。「こヽろ」では「私」が「先生」の忠告に対し「一体どんな場合を指すのか」と問います。それに対して「先生」は「金さ君。金を見るとどんな君子でもすぐ悪人になるのさ」と答えています。

 もちろん「先生」の言っていることがいつもだれにでも当てはまるわけではありませんが、指定弁護士の控訴で小沢氏の無罪は確定しませんでした・・・。「政治とカネ」裁判の舞台は今後、東京高裁に移ります。

〔今日の写真は「久留米ツツジ」です。〕
久留米ツツジ
※ここまで花が咲くまで何年も掛かりましたよ・・・!

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。