ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の喜多方は曇りの一日・・・!
今日の最高気温22.9℃、最低気温12.0℃、寒くもなく暑くもない感じの気温でしたね・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
「太陽のリングが見えなかった」と、購入した日食メガネを捨ててはいけません。21日の金環日食に続き6月6日にもう一度、太陽を見上げる機会が来ます。地球と金星、太陽が一直線上に並びます。
 次に訪れるのは105年後という「一生に一度」の現象です。郡山市のふれあい科学館は観察会をJR郡山駅前西口広場で開きます。金環日食の日は同じ会場に大勢の市民が集まりましたが、雲に阻まれて部分日食がわずかに確認できただけでした。担当者は「今度こそ晴れて」と願います。
金星は「宵の明星」「明けの明星」などと呼ばれ、昔から親しまれてきました。直径は地球とほぼ同じで、月の約4倍もあります。ただし、地球からの距離が月と比べてはるかに遠いため、月のように太陽のほとんどを覆い隠すには至りません。太陽の表面をほくろのような黒い点がゆっくりと動きます。点が小さいため、雲一つない天候が観察できる条件と云われています。
 
 普段は夜にしかお目にかかれない金星が午前7時10分に太陽と重なり始めます。6時間37分かけて横切ります。
少しずつではありますが歩みを止めずに進む姿は、どこか復興へと向かう道と重なります。金星は、月とはまた違った感動を与えてくれる筈です・・・!

〔今日の写真は「シラン」です。〕
シラン
※ちょうど良い感じの見頃です・・・。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。