ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の喜多方は晴れ時々曇りの一日・・・!
今日の最高気温26.2℃、最低気温12.2℃、二日連続で夏日となりましたが、カラッとした天気でした。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
 一年の折り返しが6月です。夏への入り口でもあります。1日は衣替え。学校ばかりでなく、街行く人たちの装いも半袖が目につきます。街路樹の緑も深まりました。欧米などでは「サマータイム」として夏時間を採用していますが、日本では衣を替える知恵を暮らしに反映させました。現在は6月と10月が一般的ですが、江戸時代には種類の多い着物を年に数回、衣替えして文化を築きました。明治に入り、政府が役人などの制服を洋服とし、夏、秋の衣替えを制度化しました。これに伴い、学校や企業にも広がりました。近年のオフィスでは省エネのための“クールビズ”が定着しました。ここ数年の衣替えをたどると、年ごとの特徴が重なります。2年前は寒暖の差が激しく、夏がやってきた実感に乏しい天候。半袖姿も季節外れに映りました。昨年は、
原発事故が影を落とします。

 マスクや長袖姿で登校する児童や生徒も少なくありませんでした。今年はどうでしょうか。校庭などの除染が進み、屋外での運動会やプール授業を再開させる学校もありますが、教育環境はまだ元通りには戻っていません。県内外に避難した18歳未満の子どもたちの数は約3万人に及び、夏服で転校先にも通うことになります。来年の衣替えはどんな年になるのでしょうか。
 原子力規制庁は発足しているのでしょうが、避難した子どもたちが一日も早く戻れるよう、与野党はクールに対応して政治を前進させるべきではないでしょうか・・・!

〔今日の写真は「シラン可憐に」です。〕
シラン可憐に
※スズランに押され気味ではありますが、何とか今年も頑張って咲いてくれています。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。