ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の喜多方は雨時々曇りの一日・・・!
今日の最高気温21.8℃、最低気温16.9℃、今日は雨が降ったぶん肌寒く感じられました・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
 薄日が差す曇り空から時折、雨が落ちてきます。柔らかなブナの若葉が受け止めているのでしょう。頭の上でかすかな音を奏でます。森の中の空気は甘く感じられます。腐葉土に覆われた道は柔らかく足に優しいのです。木々の葉の間をくぐり抜けた雨はスポンジに受け止められたかのように吸い込まれます。森の中では、雨の季節ならではの音や香りが楽しめます、アジサイやハナショウブなどは梅雨空に映える代表的な花とも云えますが、梅雨を表す言葉に「ツイリ」があります。「ツユイリ」が変化したとも考えられています。「墜栗花」や「栗花落」の字を当てます。長雨でクリの花が散るからとの説もあります。クリの木は縄文時代から計画的に栽培されてきました。木材は住居の柱に、実は重要な食料となります。奈良・平安時代でも植林された多くはクリ林と云われています。生活にとって欠かせない木だったのでしょう。梅雨の代名詞となった時があったかもしれません。

 県内もすでに梅雨入りしました。今年は平年に比べて3日早かったのです。雨の日が続けば日照時間が減り、暗いうえに湿度も高くなります。気になるのは大雨ですが、今年は平年並みの降雨量だということです。農作物にとっては欠かせない雨でも降りすぎては困ります。せめて「五穀」にとって恵みをもたらす雨量にとどまってほしいのです。できるなら、この季節ならではの魅力を見つけ、風情も味わいたいところです。

〔今日の写真は「雄国山麓~水無月の候」です。〕
雄国山麓~水無月の候
※久し振りに雄国山を撮影しました。稲もすっかり根付きましたね・・・。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。