ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の喜多方は曇り時々雨の一日・・・!
今日の最高気温14.2℃、最低気温6.4℃、ここ数日このような気温が続いています・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
 強い風。街路樹の枝から離された無数の木の葉が宙に舞います。つむじ風は車道と歩道の段差の壁に吹き溜(だ)めます。行き場を失った葉っぱたちが身を寄せ合うようです。森の中などであったなら舞い降りた木の葉はやがて土に還(かえ)り、次の命をはぐくむ力ともなれるでしょう。しかしコンクリートやアスファルトの片隅に追いやられたままではそれも叶いません・・・。一陣の風、一雨ごとに落葉が進みます。古代ギリシャの吟遊詩人、ホメロスは「イリアス」で「人の世の移り変わりは、木の葉のそれと変わりがない」と歌っています。木々の葉の行く末に、つい人の世を重ねてしまいます。

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故が起きてから今日で1年8ヶ月です。忌まわしいあの日から多くの節目の「11日」が過ぎて行きましたが、本格復興への動きは一向に加速せず、新たな課題だけが次々と生まれています。今度は空間放射線量測定器の信頼性を揺るがす設置時ミスの発覚です・・・。県民の安全や安心のよりどころとなる装置だけに新たな不安や怒りもこみあげてきます。これ以上、命が軽視されるようなことがあってはなりません。

 ホメロスも続けます。「風が木の葉を地上に散らすかと思えば、春がきて、蘇(よみがえ)った森に新しい葉が芽生えてくる」。移ろいゆくからこそ命は貴いのです。「3.11」の原点に常に立ち返る必要があるのではないでしょうか・・・?!!

〔今日の写真は「ドウダンツツジの紅葉」です。〕
ドウダンツツジの紅葉
※昨日撮影しました。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。