ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の喜多方は曇り時々雨の一日・・・!
今日の最高気温9.7℃、最低気温4.9℃、周囲の山々も白く雪化粧しました、里に雪が降りてくるのももう間近でしょうね・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
 頌春(しょうしゅん)あるいは賀正。年賀状のあいさつですが、昨年は大震災のために自粛したり、めでたさを表す言葉を控えるなどの動きが広がりました。今年も残すところ1ヶ月余。年賀状の季節がやってきました。お年玉付き年賀はがきの販売もすでに始まっています。寄付金付きはがきの売り上げは東日本大震災からの復興支援に充てられます。頌春は「新たな春をほめたたえる」という意味です。言葉の歴史ははっきりしないそうです。一方、賀正は日本書紀に見えます。孝徳天皇の巻に「1月1日、賀正の礼が終わって改新の詔を発せられた」と記されています。改新とは古代日本の大政治改革とされる「大化の改新」のことです。これを機に日本の国家体制が確立されることになりますが、背景には中国・唐の成立や激動期に入った朝鮮半島の政治状況が色濃く反映していると云われています。

 それから1360年余を経た今も竹島や尖閣諸島などをめぐって東アジア情勢は緊迫化しています。国内にあっては政治改革が叫ばれながら一向に進まず、震災と原発事故への対応にも大きく響いていると言わざるを得ません。また、新たな年がめぐってこようとしていますが被災地にとっては時間ばかりがいたずらに過ぎてゆくような思いです。早く、頌春、賀正と心から祝えるような年にしなければならないのに政治からは危機感が伝わりません。衆議院解散、総選挙は来月16日、国民は政権交代も含め明日の国造りをどう選ぶのでしょうか・・・?

〔今日の写真は「二度咲きグロキシニア」です。〕
二度咲きグロキシニア
※イワタバコ科ジニンギア属の多年草で、夏の鉢花の女王ともいわれ、冬のシクラメンと対比されているようです。
会津農林高校の生徒諸君が夏に実習販売したものの二度咲きです。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。