ADMIN TITLE LIST


Recent entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日の喜多方は曇りの一日・・・!
今日の最高気温9.9℃、最低気温3.4℃、このような気温でも今朝のウォーキングは暖かく感じられましたから不思議です・・・。

 今日も私のblogを読んでくださっていますか、kenichiです・・・!
 漢字の読み方には「呉音(ごおん)」や「漢音(かんおん)」があります。「自然」を自然薯(じねんじょ)というようにジネンと読めば呉音、シゼンと発音すれば漢音となります。呉音は、奈良時代ごろまでの数百年間に朝鮮半島を経由してわが国に入ってきた発音です。対する漢音は、奈良時代から平安初めごろに唐の長安に学んだ留学生などが持ち帰った長安の発音とされています。当時の日本政府は漢音の普及に努めましたが、すでに普及していた呉音も根強かったのです。結局は同じことなのに読みが両用あるというややこしいことになってしまいました・・・。明治以降はシゼンに一本化されたと云われていますが、中世では、シゼンと読めば「もしも」や「万が一」を意味しました。ジネンの場合は「ひとりでに」や「本来的に」の意味となり、発音の違いが意味上の違いも反映したというからこれもややこしいことです。

 多様な生き物の活動も意味する自然ですが、1982年以降、二酸化炭素(CO2)の増加傾向が続きます。昨年は温室効果ガスの世界平均濃度が過去最高になったと云われています。海洋に溶け込むことで酸性化が進み、生態系に及ぼす影響も懸念されています。「文明の前に森があり、文明の後には砂漠が残る」という戒めもあります。「もしも」自然を収奪し尽くせば警句のようになります。今ほど人間と「本来の」自然との関わりが問われている時もありません。

〔今日の写真は「ドウダンツツジも紅葉に」です。〕
ドウダンツツジも紅葉に
※日当たりが悪い我が家の庭ですが、ようやくドウダンツツジも紅くなってきましたよ・・・。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 絵日記『蔵歳時記』part2, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。